【あいちトリエンナーレ】前回からどうもパヨ祭りだった模様

あいちトリエンナーレの問題が有耶無耶になると、日本のテロが増えるという持論があるため、

今日も書きます。

 

表現の不自由委員会は、極左です。

昨日の虎の門ニュースで有本さんがお話ししてくださって驚いたのですが、今回問題となったあいちトリエンナーレの「表現の不自由展」には、なぜかこの展覧会だけの実行委員会があったようで、津田&実行委員会の独壇場となっていたそうなのです。

委員会のお名前も番組中に掲出されました。

で、この方々がどんな事を常日頃しているかもお話ししてくれたのですが、誰1人芸術家がいない。

しかも、極左と言って過言でないカルトな思想の持ち主と言えます。

どんな方なのか番組内容を元に、簡単にご紹介します。

アライ=ヒロユキ:赤旗のお抱えライター、週刊金曜日でも執筆。
岩崎貞明:「共謀罪の適用を許さない!」集会に参加
岡本友佳:大阪朝鮮高級学校のドキュメンタリー映画『60万回のトライ』プロデューサー
小倉利丸:皇室に反対、反転連とズブズブ
永田浩三:元NHK、NHKで“日本軍性奴隷制を裁く性国際戦犯法廷”という番組を作成

どうみても反日媚韓集団じゃないですか。

芸術ではなく、単なる政治プロパガンダのお祭りでしかないでしょう。

ちなみに巷のニュースでは、慰安婦像の話と天皇にひどいことしたアートとそれから星条旗や特攻隊を馬鹿にしたオブジェクトくらいしか出ていませんが、wikiにはどんな作品が飾られていたのか、全部出てましたので転載しますね。

作家名 作品名 形態 内容
安世鴻 重重―中国に残された朝鮮人日本軍「慰安婦」の女性たち 写真 慰安婦
大浦信行 遠近を超えて 版画・映像 昭和天皇御真影の焼却・足で踏みつける
大橋藍 アルバイト先の香港式中華料理店の社長から「オレ、中国のもの食わないから。」と言われて頂いた、厨房で働く香港出身のKさんからのお土産のお菓子 テキスト・菓子
岡本光博 落米のおそれあり 絵画 沖縄米軍機の墜落を連想させる
キム・ソギョンキム・ウンソン 平和の少女像 造形 慰安婦像
(非公開) 9条俳句 色紙 憲法9条
小泉明郎 空気 #1 絵画 天皇制
嶋田美子 焼かれるべき絵 / 焼いたもの 版画・写真 昭和天皇の御真影の加工
白川昌生 群馬県朝鮮人強制連行追悼碑 造形 強制連行
趙延修 償わなければならないこと 絵画 慰安婦
Chim↑Pom 気合100連発 映像 原発
中垣克久
時代ときの肖像―絶滅危惧種 idiot JAPONICA 円墳―
造形 安倍政権批判。星条旗特別攻撃隊の要素が含まれる
永幡幸司 福島サウンドスケープ 映像 原発
藤江民 Tami Fujie 1986 work 版画
マネキンフラッシュモブ パフォーマンス 映像
横尾忠則 ラッピング電車の第五条案「ターザン」 写真 ターザン
横尾忠則 暗黒舞踏派ガルメラ商会 版画 旭日旗

政治プロパガンダの巣窟でしかないですね。

ちなみに中垣克久さんが作られたこれ↓

「時代ときの肖像―絶滅危惧種 idiot JAPONICA 円墳―」

というタイトルがつけられているのですが

idiotって、間抜けとか馬鹿っていう意味です。

日本人や日本の英霊を間抜けだ馬鹿だと罵って、神道を冒涜していますが……一体あなたがここに生まれたのは誰のおかげなのでしょう。

誰かがこの国を守り、そして誰かがこの国を紡いでくれなければ、私たちはここに存在することなど到底できないはかない存在です。

もちろん、英霊のみなさんがいてくれたからこそ、この人がこんなゴミみたいな作品を作って悠長に自適に生きていられる平和な国家なのです。

ほんと、これを芸術と言える神経がどうかしてる。内容はおいといたとしても、この作品のクオリティじゃ、高校の学園祭でもドン引きされるレベルですよ。

でもこういう事が表現の自由だとのたまうメディア。

朝日や毎日中日がゴリゴリに津田擁護に回っているのも、政治プロパガンダの一つです。

大きな声で主張できる権利や論調を持っている人たちこそ、芸術を壊し、食い物にし、利権化させた上で、自分にとって都合の良い主張をするための道具にしているのです。

 

トリエンナーレがおかしくなったのはどうも前回からのようです。

私は現代アートという分野に興味がないので、今回地元で開催されるまでこのイベントが定期的に開催されていたことも知らなかったのですが、2010年から3年に一度のペースで行われており、当初の評判は悪くなかったそうです。

twitterでサーチしてたら2年前にトリエンナーレのスタッフの言葉を発掘していたスクショがありました。この発言によるとどうやら前回(第三回、2016年)からなにやらおかしい感じがしていたそうです。

さらにスクショさせて頂いたので、ここにおいておきます。

とのこと。

投稿時期は2017年。今から2年前の話で、世の中的に全く話題になっていない時に投稿されたものです。非常に信憑性があると言えます。

芸術に限らず全てそうですが、左翼的思想と言われる「いわゆるリベラルという名の個人主義や共産主義的思想の持ち主」って、いろんな社会活動とかに積極的なのですが、公共の物を結局自分たちのものにするんですよね。

つまりは乗っ取るんです。

そして、最初にあった崇高な思いを全く別物に変えていくんです。

スピ系も然りですよね。まるで寄生虫のようです。

 

しかも、彼らのこんなくだらない主張のために使われた税金は10億以上。

2015年12月の日韓合意で支払われたお金より多いじゃないですか!

ほんと、腹立たしいたらありゃしない。

 

神奈川県、兵庫県の皆さん!他人事じゃ無いですよ!!

ちなみに、来月横浜で「ヨコハマトリエンナーレ」が開催されます。

組織委員はこのような形です。

横浜トリエンナーレ組織委員会
名誉会長 上田良一 (NHK会長)
林文子 (横浜市長) 【代表】
渡辺雅隆(朝日新聞社社長)
委員 池戸淳子(横浜市文化観光局長)
市村友一(朝日新聞社企画事業担当 兼 企画事業本部長)
逢坂恵理子 (横浜美術館館長) 【副委員長】
岡村文和(NHK事業センター専任部長)
近藤誠一 ([公財]横浜市芸術文化振興財団理事長) 【委員長】
澤和樹 (東京藝術大学学長)
高階秀爾(大原美術館館長)
建畠晢(多摩美術大学学長)
柄博子([独法]国際交流基金理事)
事務局
開催本部長 神部浩 (横浜市)
事務局長 五十嵐誠一 ([公財]横浜市芸術文化振興財団)
事務局次長 梶原敦(横浜市)
田中良憲 (NHK)
帆足亜紀([公財]横浜市芸術文化振興財団)
八巻直史(朝日新聞社)

朝日新聞とNHK、幅聞かせすぎじゃないですか?

そして、ここにも津田のお仲間は沢山いることでしょう。

それから神戸でも似たようなアートイベント「TRANS-KOBE」が今年の秋開催されます。

これが実行委員会のメンバー

TRANS-KOBE実行委員会

顧問
加藤隆久(神戸芸術文化会議 議長)
久元喜造(神戸市長)

委員長
服部孝司(公益財団法人 神戸市民文化振興財団 理事長)

総合アドバイザー
芹沢高志(デザイン・クリエイティブセンター神戸 センター長)

ディレクター
林 寿美(インデペンデント・キュレーター)

広報ディレクター
山阪佳彦(株式会社マック 専務取締役)

委員
大谷 燠(神戸アートビレッジセンター 館長)
大谷幸正(神戸市立博物館 館長)
岡田健二(神戸市市民参画推進局長)
小畑由起夫(兵庫県立美術館 副館長)
岸本吉弘(神戸大学大学院人間発達環境学研究科 教授)
小林隆一郎(神戸市兵庫区長)
田淵伸一(株式会社毎日放送 事業局事業部マネージャー)
藤野一夫(神戸大学大学院国際文化学研究科 教授)
増田 匡(神戸市長田区長)
松岡 健(株式会社神戸新聞社 編集局文化部長)
宮本雄次(イオンモール神戸南 ゼネラルマネージャー)
山本亮三(公益財団法人 兵庫県芸術文化協会 理事長)

監事
清水好央(税理士)
中嶋展也(弁護士)

この中にもやっぱり津田のお仲間はいることでしょう。

なんつったって、津田さん登壇しますから。

シンポジウム「2019年‐2020年、アートは異物を受け入れるのか」開催のご案内

今秋、神戸市の新開地エリア、兵庫港エリア、新長田エリアを中心に開催されるアート・プロジェクトKOBE 2019:TRANS‐(以下、TRANS‐ )のプレイベントとして、「2019年‐2020年、アートは異物を受け入れるのか」と題したシンポジウムを開催いたしますのでお知らせします。

シンポジウム概要について
日時:2019年8月18日(日曜)14時~16時(開場13時30分)
会場:兵庫県立美術館 ミュージアムホール
兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1

内容:
2019年、日本の年号が変わった年に、愛知ではジャーナリスト/メディア・アクティビストである津田大介を芸術監督に迎えた国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」が開催され、神戸では参加作家が2人のみという「アート・プロジェクト:TRANS- KOBE」が林寿美のディレクションのもと開催されます。
そして2020年、東京オリンピックが開催され日本にとってひとつの節目とも言える年に、「京都市美術館」が、そのリニューアルデザインを担当した建築家の青木淳を館長に迎え、名前も「京都市京セラ美術館」となって再生します。
アートシーンから見た「異端」ひいては「異物」とも言える立ち位置に直面した津田、青木、林の3人がいま思うことは何なのか、目の前にある壁はどんなものなのか。そして3人の眼差しは、どこへ向かっているのか。
今この場でしか生まれないであろう対話から紡がれるコンテクストは、私たちのこれからの在りようへの解、もしくは問いを浮かび上がらせるものとなるでしょう。

主催:TRANS-KOBE実行委員会/神戸市
後援:ドイツ連邦共和国総領館/神戸文化マザーポートクラブ
協力:あいちトリエンナーレ実行委員会
料金:無料
定員:先着200名(事前申し込み不要)
登壇者:津田大介、青木 淳、林 寿美
モデレーター:芹沢高志

ちなみにこちらのイベントは今回の津田騒動を受けて開催を中止したそうです。

懸命かなと思います。

かつての師匠もこう言ってますしね↓

 

あっちにもこっちにも左翼が入ってきて、全部を台無しにしていきます。

本当に、芸術や文化伝統を冒涜するような行為は、今回のあいちトリエンナーレが最後であってほしいです。

っていうか、今回のあいちトリエンナーレは、どうもこれが芸術ってことで、この写真ゴリ推しなんですが……

ここに芸術ってどう感じたらいいのだろう……。ってずっと悩んでいたけれど、私の感覚が正解だったと今回の騒動で実感したよ。

っていうか、オリンピックロゴの件の佐野を思い出したよ。

ダサイ物はやっぱりダサイんだよ。

 

あとさ、芸術ってさ、東大寺のあうん像(金剛力士像)みたいにさ、見た瞬間に魅了されるものなんだと思うんだよね。

それがないちゃらちゃらした感じのなんちゃってアートは、もうやめてほしいよね。

っていうか、こういう予算は伝統工芸頑張ってる人に回してほしいです。

こっちの方のが比べものにならないくらいの芸術だと思います。

日本のお金の巡りの見直しを!!!!!!!!!

 

 

感謝☆新刊ランキング2位になりました。

先週発売させて頂いた紙書籍がPOD出版社の新刊ランキングで2位になりました。

皆さんのおかげです。

いつもありがとうございます。

ご興味ある方はこちらからご購入ください。

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】