【ブームは必ず終わる】リア充な一生懸命ってなんだか辛い……

リア充という言葉が世に誕生したのは2005年頃。一般的に言葉が流用されるようになったのは2011年頃からではないかなと思う。

あれから8年、時は平成から令和となった。

何事も時代遅れに感じるものだなと思う。

 

物事は行き着く所まで行くと、必ず逆回転します。

私が女子高生マーケティングの職についた20年前、世の女子高生のスカートは年々短くなっていく現象を目の当たりにしてました。

それから、ガングロって言葉に象徴されるように、「肌が黒いこと」=「イケテル女子高生」というのは永遠に続くのではないのかなと思う程の揺るぎないトレンドであり続けました。

ガングロ流行を作ったのは、eggのあきちゃん、宮下美恵ちゃん、それから現在もタレントとして活動中の押切もえちゃんなどです。

この時代は健康的な小麦色の肌がシャレオツと言われていたのですが、「ちょっと人よりも上にいきたい!」という欲は、徐々に過剰になっていくものなのでしょう。

もえちゃんたちが高校を卒業してから数年もしないうちに、世は「ゴングロ時代」を迎えます。

懐かしいぜ!ブリテリ!(写真右から2人目)。

ちなみにブリテリという名は、ぶりの照り焼きみたいに焦げてることが名前の由来だったはずです。

eggで衝撃デビューを飾ったブリテリの登場と供に、世は「マンバ時代(マンバとは、ヤマンバの略)」に入っていきます。

これがいわゆるマンバ世代のイケテル感じですwwwww

今見ると、衝撃度高いですけれど……当時の私にはこういう女子高生が普通に身近にいましたから、なんとも普通に、なんとも懐かしい気持ちになります(^^;)。

 

↓こちらで当時現役のギャルとギャル男に囲まれている私の写真のぞけます↓

 

で、お伝えしたいのは、このガングロ→ゴングロ→マンバ衰退までの期間なのですが、私の記憶が確かならざっくり7年くらいなんですね。

シブヤ経済新聞の検証では1998年から黒系女子高生が始まって、2001年でマンバは消滅ってことになってますが、現場の感覚では、始まりはそれより1~2年前で、新聞が絶滅とした2001年から後3年は、ブームと呼んでも良い現象は続いてたはずです。ただし、ガングロからマンバのブーム期間がざっくり3年というのはさして間違っていない考察だとも思います。

ちなみに2006年に日テレでギャルサーってドラマがあったのですが、その時には既に渋谷のギャルサーブームは終わっており、シブトレ扱っている人たちは、冷めた目でこのドラマの存在を眺めていたことをよく覚えています。

ちなみにこの頃になると、渋谷から黒い女子は随分消えていたのですが、「ギャルサー」していた子たちはだいたいマンバで、そして絶滅危惧種となったマンバの復活に命をかけていた部分があって、つまり「ギャルサー」=「絶滅危惧種マンバ」であるのが当時の渋谷の常識であって、ドラマのような子たちが集まるような場所では全然なかったです。

ただし、2006年の時には、既に世の中からマンバはトレンドから外れていたことは事実で、ドラマに出てくる女子くらい、高校生の肌は白く戻ってました。日サロにいく子もほとんどみかけなくなってたように思います。

ちなみに、女子高生の美白意識が始まったのは、私の記憶では2001年からですね。

私の記憶が確かなら、モンゴル800のブレイクとサマンサタバサのバンブーバックが流行ったのが同じ頃で、その時を境に女子高生が美白に目覚めていくのです。

昨日まであんなに黒くなろうとして日サロに通っていた女子高生たちが、突如美白に目覚め始めたのです。その当時、一方で過剰な黒の欲求も起きていくのですが、「黒くならなきゃ!」って、みんなで言ってたのが、突如二手に分かれる事態が起きたんですよね。

それが確か2001年。そしてその5年後には、色黒は絶滅危惧種となっていくのです。

 

さっき紹介したシブヤ経済新聞では、2001年にマンバは絶滅したと書かれていましたが、絶滅はしていないものの、その指摘はあながち間違ってはいないのです。

絶滅はしていないものの、絶滅のきっかけとなるターニングポイントはたしかに2001年にありました。

 

つーか……こんなにギャルの話をするために、この記事書き始めた訳じゃないのに(^^;)、ギャルの話となると時代考証を的確にしておきたい職業病が凄すぎて、話長くなってほんとすみません。

 

とりあえずここで言いたかったことは、

永続的なブームになりえるんじゃないかと周りが錯覚するようなことでも、それが積み重なって、それがいずれ過剰になっていけば、ついて行けない人や疲れる人が多発して、ブームの逆回転が起きる

ということなんです。

これが言いたくてこの記事書いてます。

 

ちなみに、女子高生のスカートやソックスも同じ流れを汲んでいますよね。

20年前はあんなにスカート丈が短かったけれど、あそこまで短い丈の女子高生に遭遇することはもはや今は起こりえないし、ルーズソックスなんて本気で見かけなくなりましたよね。

短くなっていたものは長くなるし、そして緩んでいたものもピタっとしていくものです。

ちなみに80年代の女子高生は、丈が長いのが超トレンドだったんですよ!

今見るとこれも長いけれど、これはぶっちゃけ優等生の長さです。

靴下見えないくらいまでに、床を引きずるくらいまでに長いのが不良の象徴であり、トレンドでした。

ちょっと分かりずらいけれど、これくらいが超お洒落だったはずです。

 

こんなにまで長いのがトレンドだったはずなのに、10年後にはこれですよ↓

 

つまりは一気に変わるんです。

 

 

リア充&インスタ映えがシャレオツな時代はもう終わるでしょ?

前段長すぎて、しかも女子高生ネタだから職業病エネルギー使っちゃって(笑)もう本題を書くエネルギーが残ってないんだけれども(笑)

言いたい事はね、行き過ぎたら終わるっていうこと。

 

最近このCM↓を目にすることがやたら多いのだけれども、このCMを見る度に、この気持ちを持ってる人も、そしてこのCMをイケテル!って思って作った人もとにかく可哀想に思えてしかたないんだ。

 

「いいねは、自分に、つけるもの。」とか、もう意味がわかんないどころか、はっきり言ってビョーキじゃん。

そして、ここで言う「いいね」とかなんて、単にリア充アピールの末の成果でしかないものなのに、いいねを自分でつけて承認欲求するリア充なんて、もうほんと可哀想とかしか言いようがない(^^;)

で、ここまでブームが過剰化した時に、必ずブームは一気に衰退するものなの。

私って凄いでしょ!、私ってイケテルでしょ?ってな感じで、シャレオツな写真を上げて承認欲求を満たすのがここ数年のブームだったけれど、私は最近あーいう写真を見るだけで気分が辛いわ。

それは、その瞬間にかけるその人の思い的なものがどんどん溢れて垣間見えてしまうから。

世の中、リア充とかインスタ映えとかにやたら張り切りすぎて、もう普通のリア充もインスタ映えも超えてしまったんだよね。

女子高生の色黒で言えば、既にマンバ超えしているっていう感じなんだよね。

すると、普通じゃない無理が目に余るようになるから、世の中がドン引きし始めるんだよね。

そういうの要らんわーーーーってなってくの。

それは女子高生があんなに黒かったのを突如止める感覚に似てると思う。

とりあえず、ビジネスでリア充系目指している人たちは、そのトレンドはもう終わったことに気がついた方が良いんじゃないかなって思う。

次のトレンドは、実直に普通に人としての品格のあるたたずまいを見せることになるはずだよ。

さぁ次のトレンドに乗っかって生きましょう♪

 

■■■■■↓おしらせ↓■■■■■

ネット配信の申込を受付中です。

遠方の方もどうぞお気軽に参加してください。

■■■■■■■■■■■■■■■■

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本