【ガチで!】今までの常識と秩序がどんどん壊れていくね。

■■■■■↓おしらせ↓■■■■■

ネット配信も行いますのでどうぞお気軽に参加してください。近隣の方は是非会場で供に学びましょう☆

■■■■■■■■■■■■■■■■

 

いや~それにしても、最近の国際状況の変動って凄まじいと思いませんか?

自分の備忘録的に、忘れちゃいけない転換点をざっとまとめておきます。

 

どこの国の国会も学級会以下????

日本の国会や政治のひどさは相変わらずで、さらに劣化していると言っても過言ではないレベル。

今年も野党ははりきって「モリカケ追求する」と言っているという話もチラホラ聞きますし、

さらに大阪地方選挙で、大阪自民党は共産党と共闘。

しかも、センスの悪いだけでは済まされない問題満載のポスターまで作成

↓詳細はリンクさせて頂いた記事で確認を↓

こういう露骨な様相を見ていると、今の国会&地方議会にいる多くは政治家なのではなく、政治屋なんだなぁとつくづく思います。

とはいえ露骨な行動が目につくというのは、彼らが追い詰められる状況になったとも言えるのですが……自己保身のために手段を選ばず勝つという目先の事だけを追い求める人たちが、こんなにも日本の中枢となる場所にいるのかと思うと、やっぱり辟易する思いは抱えるものです。

もちろん、国会ではまともな議論すらしておらず、憲法審査会を野党がスト進行中。

昨年GW辺りの18連休さながらの行動が続いております。

 

まぁ、こういうのって日本だけの悲しい出来事なのかなぁと思っていたのですが、どうやら米英も似た感じのようなんですよね。

アメリカはいわゆるロシアンゲート問題がモリカケと同じ様相のようだし

 

さらにEU離脱で揉めに揉め続けているイギリス議会も、もう滅茶苦茶。

国民投票で離脱することが決まったはずなのに、議会承認が上手く行かず同じ場所をいったりきたり。

日本だけじゃなかったんですね。

 

韓国は相手にされない国になった。

去年の年末から先月くらいまで、常軌を逸した行動を繰り返す韓国の事が日本のニュースの中心になり続けました。

ここ半年、今まで韓国に対して好意的な見方をしていた人の言動まで変えたのは、この常軌を逸した行動の連続であったとしか言い様がなく、そういう意味で文大統領の功績は大きかったなと思います。

そしてこの見方の変化は日本国内だけでなく、世界中に飛び火していきました。

さらにこのような意識の転換点を受けて、韓国は西側諸国から完全に敵国の扱いに変わったなと思います。

世界中が北朝鮮と韓国の行動を監視しています。

そう言えば昨日米韓首脳会談だったそうですが、壮絶な塩対応だったそうで……。

しかも、この日にしたのは米国の嫌がらせと言っても過言ではない配慮上のことだったそうで……。

外交レベルで言えば、正直北朝鮮以下の国になってしまったと言っても過言ではありません。

文大統領を見ていると、鳩山元首相を思い出すことがぶっちゃけ多く……

日本の国会も大概ですが、韓国レベル鳩山レベルではなくて良かったと思う次第です。

 

イタリアは一帯一路参加?

中国が崩壊に向けて一歩ずつ歩んでいるように感じる今日この頃なのですが、

そんな中G7国家のイタリアが一帯一路に参加することを表明しました。

経済が不安定なのは、日本だけのことではなく世界中どこもかしこもなのだなと改めて思いました。

何週間前の正義のミカタでは、「イタリアの参加こそが中国を追い詰める要因になるかも?」みたいな事をどなたかが言っていた記憶があるのですが、どうなるのでしょう。

少なくともここからもEUが崩壊に向かっていることは見えてくるなと思ってます。

 

フランスはやっぱり革命好き

ここ数年、ワンワールドと呼ばれる虚像の世界が壊れ始めてから、どこの国も「先祖返り」とも言える状態になっています。

東アジアの国家は、去年の段階でそういう兆しをしっかり感じていたので、こんな記事を書いたのですが、↓

去年の秋頃から、これは東アジアだけでなく地球全体で起こっていることなんだなと思うようになりました。

こういう確信を持ち合せたのは、フランスの黄色いベスト運動ですね。

フランスという国は、とにかく革命が好きというか、上を倒せば良くなると言う思い込みは、中国などの特亜とそっくりとしか言い様がないなと思ってます。

そして、革命を起こして国がよくなっているかと言えば、もちろん良くなっている訳でもなく、定期的にこういう暴動が繰り広げられるのがフランスというお国柄だそうです。

ちなみに、黄色いベスト運動の主張を聞いていると、日本の立民みたいだなと思うことも多いですが、マクロンの無能もヤバいなと思います。

 

ちなみに日本も戦後教育ですっかり革命思想が身についていますが、革命を起こした国がどうなったのかをきちんと学んで、反面教師にして、崩壊していく秩序の中で新たな良き国の体制が作れるようにそれぞれ努力していけたらいいなと思いました。

 

すいません、ブログ更新していない間に、世界情勢が動きすぎてて、とりとめのない記事なってしまいましたが……お許しを!

 

お知らせ☆ジャパニズムに掲載されました。

4/10発売のジャパニズム48に私の記事が掲載されています。

私が書かせて頂いたのは「波動で視る韓国との付き合い方」です。

是非買って読んでください♪

 

今日のリンク集