【素朴な疑問】きつねに騙されなくなった日本に現われた龍神ブーム

昔の日本人はこぞってみんなきつねに騙されてたのに、どうして騙されなくなったのでしょうか。

そして、最近は龍神ブームでありますが、どうして龍神は人間の言うことを聞いてくれるのでしょうか?

素朴な疑問です。

 

きつねに騙されすぎな日本人。

一時期やたらと日本昔ばなしに嵌まってた時がありました。

幼い頃は特段何も思わず、「日本の昔話って似たような話ばっかりだよなぁ」とか思っていただけなのですが、大人になって見返すと当時とは全く違う思いも沸き上がるもので、以前その思いを記事に書いたこともあります。

【日本の凄さ】民話と西洋童話の違い

↑こちらに書いた話とは別に、もう一つ気になっていたのが「どうしてこんなにも日本人はきつねに騙されるんだ?」ということでした。

驚く程めちゃめちゃ多いんですよ、そういう民話が。

ちょっとお気に入りのきつね話並べてみます。

①キツネエピソードにありがちな「にせ本尊」

②だまされないように頑張っていてもそれでもキツネに騙されるのが基本「かみそりキツネ」

③ちょっと心に染みるお話「キツネ女房」

この3つは特に私のお気に入り昔話なのですが、もちろんこれだけじゃなくてめちゃくちゃ沢山あります。

 

だから、詐欺師とかいたずら子のことをキツネに見立てて民話が作られているのかなぁって思ったりしていたのですが……それにしても多い!多すぎると思って、一人で悶々と悩む日々を送っていたら、こんな良書を見つけました。

日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか

哲学者である内山節さんによると、昔の日本人は本当にキツネに騙されていたらしいのです。

私は、キツネというのは何かの象徴的なものとして描かれているのかなぁと思っていたのですがそうではなく、昔の人たちが「事実として」体験した内容をベースに語り継がれてきていたようなのです。

そして昭和の途中までは、キツネに騙されることがある種日常的なことで、それを誰もが事実として捉えていたそうなのです。

 

にもかかわらず、ある時を境に、日本人はキツネに騙されなくなるそうなのですよね。

そのある時とはいつか……それは1965年( 昭和40年)だそうです。

1965年と言えば、東京オリンピックの翌年でもありますね。

この時に合わせて、日本社会環境は大きく変わっていきました。

敗戦して何もなくなってしまった日本から蘇るために、最新のもの近代的なもの、世界を驚かせるものを一気に建設していきました。

そして世の中はお金を中心に巡るようになっていきました。

 

その価値観が中心となった途端、どうしてなのか日本人はキツネに騙されなくなってしまったそうなのです。

またそれ以前(1965年以前)の時代でも、外国人はキツネに騙されることがなかったそうです。

当時の日本人は「どうして外国人はキツネに騙されないのか」と不思議に思っていたそうなのですから、よっぽど日本人にとってキツネに騙されることは当り前だったのでしょう。

それが、なぜなのか経済成長と遂げていくと供に、日本人の価値観が西洋と同化するにつれて、消えて無くなっていくのです。

 

これは、とても不思議なことだなと思います。

そして、一方で昨今の日本は龍神ブームに沸いています。龍神にあやかると願いが叶うとか、人生が上手くいくような話がわんさか沸いています。

なぜ、日本人はキツネに騙されなくなり、龍神が現われるようになり、今度は龍神が人間の手助けをしてくれるようになっているのでしょうか。

 

なぜ、龍神は騙さないのか。

私個人は、キツネに騙された思い出もなく、また龍神に出会ったことも、龍神を感じた事もありません。

そのため世の中の人が話す内容を元に考察しているだけなのですが、あんなにキツネに騙されていた日本人なのに、龍神に騙されたという日本人の話を聞くことはありません。

私はそれが不思議だなぁと思うのです。

日本の社会全体の波動状況を比べれば、波動が高いのは断然過去の日本です。

そして波動が高かったはずの日本人はキツネに騙されていたと言うのに、波動が低くなった日本人は龍神を操れるという。。。

なんとも不思議で仕方が無いのですよね。

しかも、龍神にあやかるとお金持ちになったり、成功体験ができると言う。

うーん何とも芳ばしいと言うかなんとやら……。

 

龍神が張り切ってる理由を考察してみる。

いろいろと私なりに考察してみた結果、世の中が絶賛注目中の龍神さんたちは、今の社会環境を維持したくて頑張っているのかなぁと思ってます。

でなければ、今の社会で成功体験を与えるための手助けする必要などないと思うのです。

 

また、今の社会体制を維持しているのは、人の我欲です。その我欲によって上下関係が作られピラミッド型社会が築かれていきます。

成功体験をすれば、自ずから我欲は増殖するはずでしょう。

【大器だから!】多くの日本人の心が苦しんでいる理由

また、この社会体制を築くのに必要不可欠なものは何より「お金」です。

お金に注視する心、お金さえあれば何でも叶えられると思う心を維持させることがこの社会体制を持続可能なものとさせていきます。

そのための成功体験なのではないのかなぁと。

 

結局の所、今巷で話題の龍神さんたちは、この社会体制だから自分の活動幅が維持できる存在で、そのために人間の手助けをしているとも言えるんじゃないのかなぁって私は思ってます。

だから、騙すのではなく手伝っているのかなぁって思ってます。

そして、手伝っているように見せながら、仮想現実といういわゆる「騙しの世界」を維持させるように奮闘されているのかなぁと思っています。

 

ちなみに昨日コメントで今日の話にも繋がる内容を教えてもらいましたので、掲載しますね。

・坂本政道 「ダークサイドとの遭遇」の本です。
その本の、はじめに にこのようなことが書かれていました。

【ダークサイドの宇宙人は非常に巧妙な手口を使う。彼らは最初は善良な宇宙人と何ら変わらぬ感じで接触してくる。そして、予言めいたことを言い、それが当たることでこちらの信頼を勝ち得ていく。さらに、こちらのエリート意識をくすぐったり、場合によっては、超能力を与えてくれたり、金や名声、権力が一時的に思い通りになるようにしてくれたりする。執筆や講演活動をして社会に影響がある人は、彼らのターゲットになりやすい。また、いわゆる精神世界に興味を持つ人も狙われやすい。なぜなら心をオープンにして来るものをそのまま受け入れる傾向があるからだ。世の中には彼らの思惑通りに操られている著名人や政治家がいる。彼らの餌食になるかどうかは、その人が超能力や金、名声、権力などの誘惑にだれだけ動かされるかにかかっている。彼らとて、その人を無理やり彼らの思う方向に向かせることはできない。あくまでもその人の意思が決めるのである。】

【さらに身体で視る】ウィルスって銀河外生命体との戦いとも言えるんじゃないの? コメントより

龍神ブームって、なんかこれと同じ臭いを感じるのは私だけでしょうか。

 

とりあえず私は、龍神が手伝ってくれる世界から抜けて、まずはキツネに騙される世界に戻れることが、日本人にとっての穏やかさと朗らかさを取り戻すことに繋がるんじゃないかなぁって思ってます。

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

今日のリンク集

【日本の凄さ】民話と西洋童話の違い

【大器だから!】多くの日本人の心が苦しんでいる理由

24 件のコメント

    • こんにちは。
      キツネが騙された話は、自然と日本人が一体化した世界でなければ現われないと内山さんは考察されておられます。
      そのため全く別の存在ではないかなと、私個人は思っています。

  • いつもありがとうございます。
    なんとなく、キツネって地域に密着した土着信仰の様な気がします。逆に龍神は風水に関係が深いのと、以前の記事で仰ってましたが、現代は頭でっかちな世界観ですから自然とデカイもの、権力があるものがイイとされていますし、、、
    ただ、私にとっての龍神は厨二病の象徴です
    ( ´△`)

    • こんにちは!
      「龍神は厨二病の象徴」
      いいたとえですね。
      ちょっと話はそれますが、読者のちよさんがブログで、只今絶賛龍神ブームで沸いている箱根の箱根神社や九頭龍神社ですが、地元の人で龍神の話をする人はいないと仰られてました。
      https://ameblo.jp/5chiyochiyo/entry-12442910094.html
      やっぱり!って感じでした。
      普通に生きるって大切だよなと思わされました。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

    • こんにちは。
      今日初めてアマノコトネさんの事を知りましたが、信用できそうな人ですね。
      本を読んでない段階で判断するのもどうかとは思いますが、多分私が思っていることと同じ事を思われているように感じました。
      読んでみようと思います。
      教えてくださりありがとうございました。

  • こんにちは!!
    宇宙観シリーズ読ませて頂きました。とても面白く、新しく発見もありました。ありがとうございました(^^)

    知り合いに龍神ブームが来る前から龍神信仰(ただ龍神が大好きなだけ)をしていた方がいて、あるときから龍を憑けだした?人がいます(私なりに察知することがありまして…(;^_^A)

    こういう方って、確かにおられるなぁと感じています。
    私の小さな世界に限っての話ですが、この人だけでなく、数人ほど蛇?とか龍?とか憑けている?方がおられて、確かにそこそこ成功されているようです。

    出世欲や承認欲求が人よりも強いこともそうですけど、中途半端にスピリチュアルを使っていることも原因じゃないかなぁと思います。
    下手にチャネリングするとか、元から見える聞こえるなどの体質の人とか…(私も人のこととやかく言えませんが汗)

    近づかないに限りますね。
    日常が普通に送れていることが何よりも嬉しいことだなぁと思います(^^)

    独り言でした。
    失礼致しますm(_ _)m

    • こんにちは。
      8年前の覚醒したての頃は、なんというかそういう一歩間違えば危険な不思議な世界のお誘いが、あくまで普通の日常的な生活というか、自分しかいない状態の中で少しばかり起きていました。
      ただ、当時の自分は既に成功を沢山味わっていたのでいわゆる一般社会的な成功に興味がなかったことと岡本せつ子さんのチャネリングメッセージが手元にあったからひっかからずに済みましたが、起こりうるだろうなと思います。
      また、精神世界の視野が広がってくると同時に増える「分かる」という感覚が「伝えたい」となった時も、再度彼らが入り込むチャンスの時となっていたよなぁと、自分を振り返ると思います。
      多くのスピ系の人がおかしくなっているのは、多分「分かる」と同時に起こる「伝えたい」思いが我欲と変化していくからなんだろうなぁと思います。

      日常が普通に送れることが何よりですよね。
      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • いつも興味深い記事をありがとうございます。
    確かに狐憑きって聞かなくなったけれど、龍を崇拝(というか操れると思い込んでいる人)が増えましたね。
    以前通っていたヨガ教室の方が、自称:神に操られていましたが、超能力を手に入れたい!すごいと思われたい!覚醒したい!といった欲に付け込まれたと仰っていました。心の奥底にある自分でも気付いていないような深い深い欲望や闇に忍び込むのだとも仰っていました。
    自称:神に操られると、一時的に確かに覚醒っぽい体験をしたり、急に豊かになったり、奇跡っぽいことが起きることもあるから「私は本物だ!」と勘違いしてしまうのかもしれませんね。そして、それをブログで伝えて、二次災害が増えるという(笑)
    こういったものに惹かれる時ほど、自分の我欲を見つめながら日々の営みを大切にすることが大切なのだと実感します。

    • こちらこそいつもお読みくださりありがとうございます。
      多分龍神感じてる方は、本当にそういう感覚に陥るんだと思いますよ。
      最初は眉唾だったんですが、このブームは確かに事実としか言いようがないですもの。
      かといって、自分が龍遣いになどなろうとは思いません。なりたくないです。
      自分の我欲に振り回されず、今日一日を穏やかに大切に生きていきたいですよね。

  • 普通に考えれば 特段修行したわけでも 徳のある生き方(例えば人柱になって村を救うとか)をしたわけでもない人間が 龍…龍神を操れるわけないんですけどね… スピリチュアルジプシー(経験者)していると 普通に考えてみるという事ができなくなるんでしょうね 自分は特別と思いたい意識につけこまれるのかも

    • こんにちは。
      その通りですよね。
      そういう当り前のことが分からない人たちが嵌まった上に特別感を披露していき、さらにその特別感に踊らされる人がいるから質が悪いのですよね。
      早く終わってほしいものですね。

  • ゆりさん、こんばんは。

    私も一度だけ龍(の姿)がみえたことがあります。
    どっぷり、偽スピリチュアルに嵌まってた頃です(笑)たぶん、低級霊かな。

    龍神ブームですが。。
    本当に龍(の姿)が見えているのかもしれませんが、高次元の龍が見える人がそんなにいるとは思えないですね。

    • おはようございます。
      やっぱり低級霊であるとしても、「見たことがある」という言葉にはぶっちゃけうらやましさを感じます。
      千と千尋の物語で龍となって空を飛んでいるハクを地上から千尋がぼんやり見上げているシーンとか、どうも懐かしさを感じる部分もあるせいかというか、ぶっちゃけ多くの日本人はあーいう世界観に懐かしさを覚えるんじゃないのかなと私は思うので、やっぱりうらやましさは感じるものなのだなぁと、頂いたコメントで感じました。
      そしてそのうらやましさこそがブームを牽引する動機なっていると思うのですが、うらやましさで始まる行為は多くの遺恨を残す物なのだろうなぁと思いました。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

      • ゆりさん、お返事ありがとうございます。
        そして、信じていただいてありがとうございます。

        実は昨日、超長文コメントに詳しく書いたのですが
        エラーで消えてしまい、簡単にコメントさせてもらいました。
        龍は金色の縁どりのみの中途半端な姿で(笑)私が小学校3年生の時からずっと一緒にいたとメッセージを送ってきました。もしかしたら、精一杯姿を現してくれたのかもしれません。
        本物と偽物の違いが私にはわかりませんが、本物の龍は光の存在でへんげして現れるのだと思っています。

        千と千尋を初めて観た時、私もなんとも表現しがたい気持ちを感じました。懐かしさというのか?忘れていたことを思いださせてもらったような、心が救われる思いでした。誰といても、時折、強い孤独を感じていましたが、あの時、生きていく力をもらった気がします。

        拙い文章で、言葉が足りなかったり
        ゆりさんに私の文章で伝わってるかな?って思ったりもしますが
        日本人に生まれて本当に幸せですし
        日本人らしさを取り戻して生きていたいです。

        • おはようございます。
          みんなそれぞれ色んなことを感じていて、感じた事が事実だと思います。
          色々調べてみると、明治になるまでの日本は見えない世界と密接に繋がった余所から見ればとても不思議な世界にいきていたようです。
          新聞の内容がまるで「ムー」な感じは普通だったみたいですから、私たちが何か不思議なものを感じたり見たりするのは否定するのではなく受け容れていった方がいいなって思ってます。

          それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 狐は稲作の守り神のご神獣です。
    お米を大切にしなくなった。食べる量が減ったなどの
    影響が、あると思います。

    江戸時代の人相見の水野南北先生は、
    その人の人生は、食べるものと食べ方によって変わると
    言っていたそうです。

    米一粒、水一滴にいたるまできっちり食べきる。
    それが良い人生を生き切る秘訣ではないでしょうか。

    残飯、食糧残渣多いですよね。

    • こんばんは!!!

      ファルさん!!これまたすっごい開眼なコメントありがとうございます。
      そうですよね!狐は稲作の守り神です。
      あぁぁぁぁ、この言葉で不可解だったいろんな事が急に腑に落ちました。
      そして、多くの日本人が狐に騙されているのに、それでも狐を崇めたり、一方でそれが起きるのは自然と人との一体化であるという理由も分かってきました。

      与えられたものに感謝し、与えられた全てのものを敬うことが必要ですよね。
      教えてくださり、どうもありがとうございます。

      • 返信ありがとうございます。

        唯一の救いは、天皇陛下の宮中祭祀から、ほとんどの神社の
        祭祀は、稲作の豊作祈願、神恩感謝の事を取り行っています。

        神道は、器の教えです。あらゆる道のつく稽古事と同じく
        型の中から、何を学べるかを、今を生きるもの達に諭して
        います。

        我々日本人には神社があります。上古より受け継いできた「心」がそこにありますから。

        • こちらこそ、いつも教えを頂きありがとうございます。

          そうですよね。器を知ればいいんですよね。個人的にそう思っていたことが、後から神道だったのかと気がつくことばかりなのですが、器の教えも神道だったのですね。
          教えてくれてありがとうございます。
          現代人は遠回りしているけれど、行き着く先は結局神道だったという「青い鳥」のようなドラマをそれぞれしていることに気がつけば、
          そして違う道に行った時の苦労を書き残せば、後世のためになるんじゃないかなと思う
          今日この頃です。

          これからも宜しくお願い致します。

  • はじめまして。

    私は、霊媒師の友達やサイキッカーの知人がいたり、ある程度スピリチュアルの界隈のことも知っている程度の人間です。

    で、龍神のイメージが結構好きな人です。でも、龍が実際に見えたりはしません。このエントリを読んで、やっぱりいまの世界は、かなり根深い罠にかかってるなと思いました。

    龍神がどんな存在なのかということには「なんとなく」の理解しか持っていないのですが、実は日本には龍神的なイメージがとっても必要とされていると考えています。考えているというか、切実に感じています。よろしくない人種がそういうエネルギーにあやかって成功している、それも事実なんでしょうけれど。

    それで、「日本人中心の、ピラミッドでなく循環型の・・・二元論でなくて・・・」と主張する方々が、結局「二元論がダメという二元論」「ピラミッドがダメというピラミッド」になっていくのを見ています。

    こちらでも、偽スピが話題になっていた頃にこのテーマが扱われていたように記憶してます。「支配するなという支配」みたいなことが。女性の特質が、どうしても「○」をよく考える方へ思考を連れて行くんです。

    エントリの最後のほうの枠内で書かれている罠、これは反対方向にもありえるんです。「狐に騙されるような社会に戻ろう」「昔の日本は偉かった」という方向で、騙すという。それへの歯止めになるものが、まあ、社会的によくないこととして抑圧されてますから、なかなか気づきません。

    長文失礼しました。こちらのブログは、偽スピに怒っているときに検索して見つけました(笑い)それ以来、拝見してます。

    • いつもお読みくださりありがとうございます。

      人権を重視する世の中というのは、主観が優先されやすくなります。
      主観が優先されればされるほど、個人の意見が力を持つようになるため、全体を俯瞰する作業が欠落しやすくなり、狭い視野の中にある正義が威力をもつようになります。
      現代起きている大方の問題は、全てこのロジックで起きているように思います。
      女性がこの罠にひっかかりやすいのは、そもそも男性よりも感情主体で生きることに意味のある体質だからだと思います。狭い視野の中で主観優勢で、さらには問題の発端が自分ではなく外部にあると思う心が存在していれば、真逆のロジックに見せかけた内容で同じロジックを繰り返すことにつながっていくのだと思います。
      「自分の心持ちそのものが二元論によってできていた」という事実を体感用いて受け止める事ができない限り、馬鹿馬鹿しい連鎖は続くのだろうなと思ってます。

      ちなみに、私も龍のイメージ好きです。というか、そもそも龍年生まれなので、馴染みが深い動物です。そして、なぜ十二支の中で龍だけが現存されていないのかはめちゃくちゃ気になってます。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

      • こんばんは。お返事ありがとうございます。

        人が主観に執着し二元論の罠に嵌っていくのを止めるためには、現代人から見ると「エゴっぽい」力が作用する必要があるのですが、それがあまりにも働きにくい環境になっていますね。

        女性が理性的存在であるかのように扱うのが現代なので、いろんな現象が裏返っているように思います。
        さらに、理性的であるべき男性が「イクメン」なんかで女性的に振舞わせられている・・・。

        狐と龍の話でいうと、現代では昔と違い外国と多くの接触をしないわけには行かないですんで、「狐に騙されず」「龍的成功を求めるパワーのある」日本人みたいな、アップデートが必要な気がします。そうなる途中経過を見ているのじゃないでしょうか。そうでないと、お人よしになり攻め滅ぼされるような気がしています。

        龍年さんでしたか。実在しない動物なので、干支が龍の方は少し不思議な存在に見えますね。

        • おはようございます。
          男女平等などで全て画一化を求めるがあまり、あまりに当り前のことが分からなくなっていることがそもそもの問題ではないのかなと思ってます。
          そういう人たちが頼る見えない世界でさらなる混乱が生まれるだけじゃないのかなと思ってます。
          日本の古来の教えには、日本人が地球という枠組みでどのように振る舞いどのように生きるべきかきちんと残っているように私は思います。
          ですから、まずは古来から息づく日本人の価値観に立ち返ることが私は大事だと思ってます。
          多くの人が考える「成功」というものは、特に龍神にあやかって成功を求める人たちは、「ピラミッド型の社会の中での成功を求めているのではないのかな」とどうしても思ってしまいます。
          その価値観は日本人のそもそも持ち合せる価値観とは大きく外れているため、私個人はそれに執着すればピラミッド型の考え方がより強くなるだけで問題の解決には至らないような気がしてしまっています。

          それではどうぞこれからも宜しくお願い致します。

  • ハヤカワ にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください