【考察】支配者の目で見る恋愛

アメブロのマイページを開くと、いつも右下の枠でAbemaTVの注目動画が再生されている。

流れてる動画はだいたい韓流ドラマかAbemaが作った動画どちらかなんだけれども、どちらの動画であっても、コンセプトとして存在するのは「恋愛」だなと思って見てる。

そして恋愛を客観視してたら、恋愛ほど支配のために好都合なツールはないなと思うようになってきた。

この世の中って不自然だなぁって思う。

この世の中は経済至上主義である一方、男女の恋愛を軸としたゴシップ社会でもあると思う。

誰それが誰それと付き合っているとか、誰それが不倫したとか、そんな話がワイドショーの中心で、連日連夜そこに対して倫理観を問いただすことをしてみたり。

はたまた一方では、「男女は平等であるべき」と訴えて、男女の違いを無くそうとしている。

でも、結局恋愛っていうのは、最も性が全面に出やすいものであって、男性は男性らしい方がもてるし、女性だって女性らしさある方のがモテるというのは定説だ。

だから、恋愛の勝者になろうとすればするほど、男女どちらも自らの性に重んじた身なりであり、生き方をしたいと思うようになるはずだ。

でも、そういう思想はざっくり男尊女卑で括られて、平等社会の敵と見なされてしまうことすらある。

 

さらに、教会式が大衆化するようになってからは、結婚式で「永遠の愛を誓う」事が当たり前になったし、「永遠の愛」を求める人が増えたように思う。

しかし、「永遠の愛」を求める人が増えるようになったであろう時期に入ってからの方が離婚率は増大しているという悲しい現実。

↑ 離婚件数・離婚率の推移(戦後限定)(~2016年)
↑ 離婚件数・離婚率の推移(戦後限定)(~2016年)

↓詳細はこの記事で↓

婚姻率や離婚率の移り変わりの実情をさぐる

 

この結果は、「永遠の愛」というものはある種幻想であるという事を物語っているように思う。

とはいえ、互いの努力で愛を育み続けているカップルが存在していることは事実であり、こういう事実があるからこそ、果てしない「永遠の愛」を探すための旅に出掛けてしまっている人も多いのではないかなって思う。

 

さらに、もう一個付け加えれば、「恋愛は良い人生を送るための重要なパーツ」として認識されるほどの情報に溢れているのに、エロに対する規制は激しくなっている。

男女関係にはエロいことはあって当然なのに、エロを危険視する社会環境の影響から、エロに対してねじれた感覚を持ち合わせやすくなりがちなような気がする。

これこそが大問題だと、私は思ってる。

 

 

恋愛に夢中になっている時の視野って。

世の中は恋愛に夢中になりなさいと言わんばかりの情報が横行しているのに、そこには沢山の矛盾がはらんだ上で情報が投下されていることは先ほどお伝えしたとおり。

では、なんでこのような恋愛情報がこの国を覆っているのかということを支配者目線で考えて見ようと思う。

 

私は視野の広さと支配は比例関係にあると考えていて、視野の狭い人の方が支配者とっては都合が良いのではないかと考えている。

そして、恋愛に夢中になっている時、途端に人の視野は狭くなっていくように作られている。

その人しか見えない状態が作られやすくなる。

 

そもそも達成することが難しいとされる「永遠の愛」という命題に対し、特定の人物だけの関係値で築こうと努力すれば、否が応でも人の視野は狭まっていく。

社会全体はもちろん見えなくなっていく。

その間に支配の枠組みを作ることは容易になる。

 

さらに、恋愛を軸に人生を歩むと、否が応でもエゴは刺激されやすくなる。

支配を目的にした時、意識はエゴが司っている方が支配しやすい。

なぜならエゴは利己的であるからだ。利己を刺激するやり方の方が支配は構築しやすい。

第五章 エゴの特性を理解する ~エゴ思考~

 

なぜなら恋愛に夢中になると、「相手においての自分」という存在しか見えなくなりがちで、そして相手に好きでいてもらいたいという感覚から、相手をコントロールしようとしたり、コントロールされたりすることも横行しがち。

自分の感情を凪のように穏やかに保つことは難しく、相手の一挙手一投足によって、感情が乱れてしまうことはよくあること。

 

 

世の中が恋愛至上主義に傾けば傾くほど、男女のもつれのトラブルは増えることになり、それが結果支配を容易にしていくきっかけになっているようにも見えて仕方が無い。

 

男女が揃えば恋に落ちることは当たり前にあるし、男女関係だからこそ体験できることは沢山ある。

でも、そもそもは素敵なはずの恋愛すらも、社会支配の道具のために上手く利用されているような気もするんだよね。

 

気をつけていきたいね。

 

お知らせ☆電子書籍発売開始しました。

【縦書き】

【横書き】

本の内容一部を公開してます。

【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

 

本の紹介ページはこちら↓

【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

 

6 件のコメント

  • 竹久さん、いつもブログを楽しく読ませて頂いています。Nと申します。
    普段あまりコメントはしない方なのですが・・
    私がずーっと現実に対して思っていたこと、
    抱えていた感情を、とても分かりやすく書いてくれていた記事だったのでコメントさせて頂きました。

    ちょっと長文ですが、竹久さんの記事を読んで縺れてた頭の中の濁流が全部流れ出てきた気分になったので、
    受け止めて下さいね(笑)

    本当にね、恋愛って大問題ですよね。
    でも、結局、人って愛から離れられないもので、
    どんなに強がって努力しても、最後は側にいてくれる特別な異性を求めざるおえなくなる。
    植物だって水がないと生きられないのと同じで、人も愛が無いと生きられない。

    ただ、恋愛の場合はその愛って言うのが自分にとって相手に求める特定の形の場合が多いから、
    要求した条件の愛が返ってこないと悲しくなる。
    好きって愛を伝えたのに、好かれなかった。
    愛してもらえてないとかね(笑)
    完全にエゴですね(笑)

    日常ではちゃんと声かけてもらえてるはずなのに。

    でも恋愛は、その特別な要求の愛を貰えてこそのものってのもあるから、
    話がややこしくなりますね(笑)

    私も好きな相手に対してどうすれば好かれるのか、恋愛関係になれるかたくさん努力してきたけど、
    結局、こちらの尽くすことは受け取るだけ受け取られて最後はいつも逃げられてきました(笑)
    あなたの優しさは感謝する。けど恋愛は別だからってね(笑)
    じゃ、どこまで努力すればいいの?(笑)

    当前のことだけど、こんな当たり前の理屈で悲しくなるのが人間、男という生物。
    だからすごく機械ってものに憧れます。

    だって感情ないんだもん。機械は。
    恋愛なんて感情そもそも発生しないから、
    好きって感情が無くても別に困らないし。

    だからですかねー。
    最近、「AI」に恋愛機能を持たせるの流行ってますね。
    昔から恋愛ゲームとかはあったけど、遂には現実に触れるものにまで出てきたかって感じです。
    https://enjoy.sso.biglobe.ne.jp/archives/rinna/

    https://dxleaders.com/solution/138

    http://www.afpbb.com/articles/-/3135749?act=all&pid=19156758&page=1

    そして何より、受け入れられてますね、世間に。当然批判もあるけど。

    竹久さんの言うとおり、きっとこの恋愛っていうものの根本的な欠陥と、
    男女の違いと世の中の流れの噛み合わなさに多くの人が気付いてるんだと思う。

    幸せなカップルが生まれるのはいいことだけど、
    不幸な人は結局それを見て羨ましがってエゴが強化されるでしょ(笑)

    そしたらまたスピリチュアル詐欺被害者が増える気がします。

    世の中には、モテる男、女ってのは確実に存在していて、
    そういう人は確かに恋愛の青春を謳歌できるんだろうけど、

    そうでない人、単なる好かれないとかじゃなくて恋愛に人生を振り回され続けている人の方が多いんじゃないかな?

    もし、恋愛が人の青春と幸せを奪うものであるなら、
    もうこの世から消えるべきだと思う。

    竹久さん、なんかすっきりした。
    恋愛なんてこの世から永遠に消えて無くなれって思ってたんだ自分
    ありがとうございました(^^)

    さ、今日も慎ましやかな幸せを・・

    • いつもお読みくださりありがとうございます。
      恋愛に振り回されている人多いと思いますよ。
      それはやっぱり「恋愛あってこその人生」並みに、世の中の情報が恋愛のプライオリティを上げ過ぎていると影響を強く民が受けてしまった結果だろうなと思ってます。
      しかも恋愛情報で投下されるのは小説や映画やドラマや漫画を主体としたフィクション&ファンタジーの世界ですから、否が応でも現実とのギャップも生まれるようになってしまい、結果多くの人が恋愛に苦しむ構造が生まれていると思います。
      恋に落ちた瞬間は誰しも恋に振り回されることから逃れられない感覚の中で彷徨うことを余儀なくされると思いますが、恋をしていない時間の間に「エゴの取り扱い」をある程度自分で覚える訓練をしておくと、恋をすると全く自分の心がコントロールできないというような状況は回避できると思います。
      またエゴが正常化してくると、相手に依存する自分の気持ちを食い止めることができるようになったり、自分の人生を自分の責任として受け止められ易くなるので、「恋は魔物」化しにくくなるかなと思います。

      最近恋愛してないですが(笑)恋愛はいいものですよ(笑)
      否定せずに上手く付き合っていきたいですね♪

  • 今回の記事は、50代の私には難解でした(笑)恋愛至上主義のような風潮や、恋愛が社会を支配するというのはわからないのですが、本来愛情というものは、相手を想いエゴが収束するべきものであればと思うのですが、逆になってしまうのはわかります。
    友人に、韓流の追っかけをしてる方がいますが、「家計が」と言いながらも、もう一種の恋愛感情なので、高いお金払って色々参加されてます。不倫も恋愛感情なんでしょうが、何なんでしょうかね…もう皆さんエゴだらけのように思います。勿論、私にも、別の形のエゴがあり日々精進なんですが。
    すみません、ちょつと的外れなコメントで。

    • 恋愛には色々な形があり、純愛だけではありませんよね……っていうか、純愛に恵まれたらそれだけで奇跡と言える確率なんではないのでしょうか。
      さらに純愛で相思相愛となれば、奇跡で片付けられないほどの幸運と言っても良いのではないのでしょうか。
      でもフィクションの蔓延によって、誰もが手にできるはずの奇跡と思うからこそ、そこに辿り着こうとしてエゴを増大させているように見えますよね。

      • 竹久さん、返信ありがとうございます☆

        【でもフィクションの蔓延によって、誰もが手にできるはずの奇跡と思うからこそ、そこに辿り着こうとしてエゴを増大させているように見えますよね。】
        まさにこれですね。

        いろんな映画、ドラマが毎年次々出てくるけど、
        どれも過度な展開を含めた恋愛が必ず出てくる。
        面白けど、あまりやり過ぎて静かな恋愛が楽しめなくなってるのかもしれませんね。

        薄味の恋愛と幸せ、なれるといいけど、、
        一度は思いっきり恋愛してみたいですね(笑)

        • そうですね~。特にフィクションの世界では新しい恋愛のバージョンを出さなきゃって躍起になってしまっていることが返って裏目に出ているように思うことが度々あるんですよね(笑)その結果、恋愛疲れしている人も多く、「あいのり」リバイバルみたいな観察系にドキュメンタリー型フィクションの需要が高まってるのかなぁなんて考察したりしてますが、やり過ぎた結果はいつも「普通が良い」という感覚に戻るのが日本人ですから、ドラマとかも本当の需要はそこにあるんじゃないですかね。
          業界の体質からなかなかそこに手を出す勇気はなさそうに感じますが(笑)
          恋愛はやっぱり薄味が丁度いいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください