【文在寅】韓国大統領の本当の目的は??

竹田恒泰さん曰くカマキリの交尾とも言われている韓国の北朝鮮の擦り寄り。

その首謀者は間違いなく文在寅大統領なのですが、彼は食べられるのではなく食べようと本人はしているように見えて仕方ないので、そう思う理由を書き残しておきます。

 

 

カマキリの交尾ってなにそれ?美味しいの?

竹田恒泰さんは、現在の韓国の北朝鮮への擦り寄りをカマキリの交尾にそっくりだと解説されていることがよくあります。

それは、交尾がしたくて雌に近寄っていた雄のカマキリが交尾の最中から雌に食べられちゃうというカマキリ特有の習性になぞらえてお伝えされているものです。

つまり、文大統領は、今は北朝鮮と一緒になりたくて尻尾を振って近寄っているけれど、近寄っていった結果、食べられるのは韓国ですよ。ということをカマキリをたとえにしてお伝えされています。

 

竹田さんはこのような言葉で伝えられていますが、国際政治を専門とされている方々は皆同様のことを伝えていて、アメリカの国際事情に詳しい藤井厳喜さんも同様のことを随分前から伝えられています。

ということで、北主導による南北統一は既に既定路線だとはいえ、個人的には一つ気になることがあるんですよね~。

 

文ちゃんは、北のクーデターを画策していませんか?

今の文ちゃんの雰囲気だと、どう見ても韓国が北朝鮮に吸収される形で統一のようにしか見えないのですが、ここ最近ネットで1919派と1948派というものを見かけるようになってから、彼の中にある別の思惑を感じるようになりました。

ちなみに、1919派と1948派というのは、韓国の建国年についてどちらだと思うかという派閥です。

っていうか、どう考えても韓国の建国は日本が敗戦して、併合が解かれた後でしかないのですから1948年という考え方が事実に沿った考え方なんですが、文ちゃんは1919年だと言い張ってるんですね。そして国の教科書もそういう風に変えちゃったんです。

韓国建国は「1919年」 論争に終止符=文大統領

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日、ソウルで開かれた光復節(日本による植民地支配からの解放記念日)式典の演説で、「2年後の2019年は大韓民国建国と(大韓民国)臨時政府樹立100年を迎える年」と言及した。日本による植民地支配下にあった1919年の大韓民国臨時政府の樹立日を、韓国の建国日と見なした。

これまで9年間の保守政権は建国日を1948年8月15日とし、独立運動関連団体などは臨時政府の正当性を否定するものだと反発してきた。文大統領の言及は、建国日が1919年の臨時政府樹立日であるとの立場を明確にしたもので、論争の再燃も予想される。

日本が朝鮮半島を併合したのは1910年(明治43年)です。そこから、独立派が生まれていたようなのですが、その活動者たちによって臨時政府ができた年を建国だったとしたいそうなのですね。

ぶっちゃけ、かなり無理筋だと思います。しかも、この臨時政府があったのは、朝鮮半島ではなく上海っぽいんですよね。でも、この日に彼が拘るということは、このような思想こそが彼にとって正しいという考えに基づいているとも言えるんです。

そして、こういう主観に基づいて歴史を観ている人たちがいたり、さらにはこれに基づいて教育や報道が行われているため、韓国国民の歴史観っていうのはすごくおかしくなっているんです。

ただ、文ちゃんは1919年が建国と言っているのですが、北朝鮮は全然そんなこと言ってないんですよね。

【激動・朝鮮半島】「建国70年」を祝えない韓国 来年を100周年とすえ、北との歴史共闘目指す文在寅氏

2018.8.15 22:51

韓国にとって15日は新国家成立70年に当たるが、政府が「建国70年」を祝賀することはなかった。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が1919年の亡命政府発足を「建国」とみなし、前政権までの「48年建国」説を否定したからだ。文氏はさらに独立運動からも100年となる来年に向け、北朝鮮との“歴史共闘”を進めようとしている。

文氏は15日、日本統治からの解放に当たる「光復節」の演説で、「南北間に平和を定着させ、自由に往来して一つの経済共同体をつくることが、われわれにとって真の光復だ」と強調した。緊張緩和や平和定着を条件に、北朝鮮との境界地域に「統一経済特区」を新設することも表明した。

北朝鮮との協力強化は経済にとどまらない。文氏は日本からの独立運動である3・1運動から100年となる来年に南北共同で記念事業を行う計画を打ち出している。14日には、中国で初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した安重根(アン・ジュングン)の遺骨発掘を北朝鮮と協力して進める方針を明らかにした。

国内では、中国での亡命政府である上海臨時政府が発足した19年4月を「建国」とみなす近代史の“書き換え”を進めている。小学生の社会科教科書にあった「48年8月15日に大韓民国樹立」との表現が今年から「政府樹立」に変わった。中高生の歴史教科書でも同様に記述を変更する試案が示されている。

中略

一方、北朝鮮は9月9日の建国70年を祝う大規模行事に向けた準備を進めている。北朝鮮にとって金日成(キム・イルソン)の抗日革命史だけが正統な歴史であり、3・1運動は「失敗したブルジョア蜂起」程度の評価でしかない。こうした歴史観の乖離(かいり)の中、韓国内では、あえて北朝鮮に歴史共闘を呼びかける文氏の姿勢を疑問視する声も少なくない。

去年は韓国&北朝鮮供に建国70年の記念年だったのですが、韓国は文ちゃんの歴史観に基づいて取りやめてしまったんですよね。

北朝鮮はもちろんやってます。

北朝鮮 建国70周年パレード 国際社会に一定の配慮も

北朝鮮は9日、建国70周年を迎え平壌の金日成広場で大規模な軍事パレードを実施した。北朝鮮が米朝首脳会談で非核化の意思を示す中、注目された大陸間弾道ミサイル(ICBM)などは登場せず、米国など国際社会への一定の配慮をうかがわせた。

 

私がかれこれ7年ほど読み続けている「NEWS U.S.」で、韓国国内に1919派と1948派の思想対立があって、好戦的なのは1919派なんだなぁっていうことが徐々に理解できるようになってきたのですが……。

私が気になるのは、今文ちゃんが擦り寄っている金正恩には、全然1919的な考え方を持ち合わせているように思えないんですよね。

実際北朝鮮は去年建国70年をお祝いしているし……。

とするとですよ、ここは揉め所になるんじゃないかなと思うのです。

文ちゃんとしては統一した上に1919的思想で全体を染めたいと考えている訳で、そのメンツのために北朝鮮の中にもいるであろうそのシンパと工作員と何かしら色々考えているのではなかろうかと……。

だから、意外にも、北朝鮮に擦り寄っているように見せかけて、半島全てを1919派で制圧することが彼の本当の目的なんじゃないかなぁとか思ったりして。

まぁ、こういう予想は馬鹿げていると思われるかもしれないけれど、朝鮮半島の歴史を紐解いていくと、日本人から見るとかなりどーでもいいって思うことで揉めて殺し合ってるのがあの地域だから、ありえそうだなと思ってます。

っていうか、1919派と1948派の対立なくとも、統一した瞬間内乱&内戦が始まるだろうと勝手に思っているのもあるので、

やっぱりなとしか思えない感じなんですよね。

 

まぁ1919派による北朝鮮クーデター計画があるかないかは別として、半島が統一された後、内乱が起こるのは確実だと思ってます。

ですから、日本は半島警備を本格的にした方が良いと思ってます。

半島が統一された瞬間から、難民はあふれ出すことが予想され、その人たちが海を渡りこちらにくる事は既定路線です。

そこを入れさせないように、まずは民意を高めていくことが大事だよなぁって個人的には思ってます。

その布石になるレーダー照射は、今思えばありがたかったかも。

あんなに半島に優しかったはずの日本人なのに、今や八割型「強気でいけよ!」の民意に様変わりですものね。

今後どういう行動パターンが半島において予測されるかということが、周知できていけば、よりそこの部分の対応も含めて冷静に行えるようになるのではなかと思っています。

断交後、絶対に問題になるのは半島の難民たちです。

人道主義的な風潮に煽られてそれが入ってきたら、断交の意味がそもそも無くなってしまい日本はより深い混乱に導かれます。

庶民もその点ふまえた形で今後の半島情勢を見守った方が良いよなと個人的に思ってます。

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】