【教育勅語】人として在るべき姿を忘れた人間は、動物以下の動物になる。

今日の虎ノ門ニュースで教育勅語が話題として取り上げられました。

教育勅語は軍国主義の象徴として、非常に煙たがれる扱いを受け続けていますが、さて皆さんは教育勅語にちゃんと目を通していますか?

 

教育勅語は、人として当たり前の事しか書いてない。

教育勅語は、明治天皇から国民へのお言葉です。

そのお言葉が、天皇を中心とした国家を作り上げて軍国主義に走ったという定説によって、戦後一貫して、煙たがれる存在になっています。

まず、私たちが認識するべきは、このお言葉は誰によって葬り去られることになったのか、ということだと思います。

それは、戦勝国であるGHQです。

ざっくり言えば、教育勅語を葬り去ることも、WGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム=「戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画」)の一つであったと見るべきでしょう。

 

さて、「教育勅語」という単語を口にするだけで、戦後の日本は「右翼だ!」「軍国主義だ!」と叫ばれ続けていますが、一体どんな事が書かれているかご存じですか?

Wiki先生で現代語訳をお借りしますね。

朕が思うに、我が御祖先の方々が国をお肇めになったことは極めて広遠であり、徳をお立てになったことは極めて深く厚くあらせられ、又、我が臣民はよく忠にはげみよく孝をつくし、国中のすべての者が皆心を一にして代々美風をつくりあげて来た。これは我が国柄の精髄であって、教育の基づくところもまた実にここにある。

汝臣民は、父母に孝行をつくし、兄弟姉妹仲よくし、夫婦互に睦び合い、朋友互に信義を以って交わり、へりくだって気随気儘の振舞いをせず、人々に対して慈愛を及すようにし、学問を修め業務を習って知識才能を養い、善良有為の人物となり、進んで公共の利益を広め世のためになる仕事をおこし、常に皇室典範並びに憲法を始め諸々の法令を尊重遵守し、万一危急の大事が起ったならば、大義に基づいて勇気をふるい一身を捧げて皇室国家の為につくせ。かくして神勅のまにまに天地と共に窮りなき宝祚(あまつひつぎ)の御栄をたすけ奉れ。かようにすることは、ただ朕に対して忠良な臣民であるばかりでなく、それがとりもなおさず、汝らの祖先ののこした美風をはっきりあらわすことになる。

ここに示した道は、実に我が御祖先のおのこしになった御訓であって、皇祖皇宗の子孫たる者及び臣民たる者が共々にしたがい守るべきところである。この道は古今を貫ぬいて永久に間違いがなく、又我が国はもとより外国でとり用いても正しい道である。朕は汝臣民と一緒にこの道を大切に守って、皆この道を体得実践することを切に望む。

教育勅語 より

※朕(ちん)とは、天皇がご自身の事を指すお言葉で、民において「私」という解釈が同義となります。

世の中で論争が起きるほどのことが書いていないことに、驚きを覚えた人も多いのではないのでしょうか。

私は、初めて教育勅語に触れた時に、まずはその文章の短さに本当にびっくりして、「これが教育勅語の全文なのか?」と疑ったくらいです。

現代語訳が原文を端折ったわけではなく、本当にこれだけの長さの文章です。

 

教育勅語を否定するということは、その逆をしろということか?

私が教育勅語をきちんと学び直してみようと思って、手に取った本は憲政史家の倉山満さんが書かれた「逆にしたらよくわかる教育勅語」、略して「逆教育勅語」です。

この本では、軍国主義だと否定され続けている教育勅語を逆手にとって、明治天皇のお言葉を反対の意味として流布したらどうなるかという事をひたすら書いています。

アマゾンの書籍紹介で、お言葉を逆にするとこうなる事が載ってますので、そこだけ引用します。

「逆教育勅語」

1、親に孝養をつくしてはいけません

2、兄弟・姉妹は仲良くしてはいけません

3、夫婦は仲良くしてはいけません

4、友だちを信じて付き合ってはいけません

5、自分の言動を慎んではいけません

6、広く全ての人に愛の手をさしのべてはいけません

7、職業を身につけてはいけません

8、知識を養い才能を伸ばしてはいけません

9、人格の向上に努めてはいけません

10、社会のためになる仕事に励んではいけません

11、法律や規則を守り社会の秩序に従ってはいけません

12、勇気をもって国のため真心を尽くしてはいけません

逆にしたらよくわかる教育勅語 -ほんとうは危険思想なんかじゃなかった

 

ぱっと見るだけで、恐ろしい世の中になることが想像できるかと思うのですが、よくよく考え直してみると、

教育勅語を否定し、戦後体制に拘る人たちほど、この教育勅語の世界に突き進んでいるように思います。

私たちが苦しんでいるのは、戦前まで育んできた貴い祖先の背中を全否定して、逆方向に舵を切ってしまった結果のように思います。

倉山先生の本で、是非、教育勅語を否定した生き方の恐ろしさを学んでみてください。

ちなみに教育勅語を軸として世の中を見渡すと、人気のスピリチュアルメソッドが教育勅語と符合している点が多くあることに気がつかれると思います。

心屋さんを中心としたスピリチュアルと言う名の自分勝手な行動も、まさに教育勅語の賜と言えるべきものだと思います。

彼らにはまった人たちが、人として大切な物を失っているように見えるのはまさに教育勅語を実践した結果に思えて仕方ありません。

 

また、教育勅語に書かれてあるような、人として当たり前な基礎を失っていく人ほど、

言葉も行動も乱暴になり、人のことを思えず、自分だけの為に世界があると考えるような身勝手な行動が目につくようになります。

そして、欲を満たそうとする欲求が治まりきらず、食欲、性欲、金欲に溺れていきます。

それは、もう人ではなく、動物なのだと私は思います。

人は人としてあるべき規範を外れると、動物になってしまうのだと思います。

いや、動物以下の動物になるのだと思います。

 

だから、私たちには、人としてあるべき規範が必要なのだと思います。

 

戦前を単に否定するだけでは、どんどん息苦しさを増す日常が増えるだけなので、しっかり戦前とも向き合って、祖先の良い行いや考え方は受け取り、育んでいきたいですね。

 

新刊発売しました!

【紙書籍】

【電子書籍:縦書き】

【電子書籍:横書き】

書籍紹介ページへ↓

【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本