【スピ系落とし穴】お金を沢山使ったら、お金が戻ってくる説について

「お金を沢山使ったら、お金が戻ってくるよ!」

という言葉には、時と場合に応じて確かに一理あると思っている人が多いと思いますが……、

所謂スピ系の皆様が張り切ってやってらっしゃる行動には、普通に生きている人ならみんな、「そりゃねぇわ!返ってくるはずもねぇわ!」と思っていると思います。

POD出版と向き合ってたら、所謂スピ系の人が何を捉え違いしているのか急に分かってきたので、そこについて書きます。

 

 

経費を沢山使ったって、見返りそんなにないよ!

今回POD出版をやってみたことによって、もの凄く久しぶりに「予算」や「損益分岐点」というものを真剣に私は考えていました(笑)

私は「損益分岐点」の感覚がはっきりしない事業は、長続きしないものだと思っています。

そして、事業を長続きさせたいと自分自身が思うのなら、事業が軌道に乗ると判断できるまでは経費を極力使わずに、「損益分岐点」のハードルをなるべく低く設定できるような事業運営ができるように試行錯誤してく必要があると考えます。

今回、私がPOD出版をしてみようと思ったのは、読者様の要望と私ができることの狭間で唯一合点できる着地点だったに過ぎないのですが、読者様のおかげですっかりPOD出版業界に興味をもってしまった私は、今や単純な書籍制作とは違う部分への興味が存分に増えております。

 

POD出版というものは、今まで先行投資が必要だった出版産業において、投資の必要がなく無料で発売までこじつけれるというのが著者側にとっての最大のメリットなのですが、それは全て自分でやって無料なのですね。

表紙、原稿、構成、編集など、本を作るためにはいくつかの工程が必要で、その全て自分で作る事ができない人の方が、世の中には多いと思います。だから、専門性が必要とされる部分に関して、お手伝いしてくださる有料サービスはもちろんあります。

ただし、私が自分の労力も含めた「損益分岐点」を考えた時に、そこに到達するためには、どう考えたって1円の経費も算出できない事業だけが目の前にありました。

だから、私は全部を自分でやっただけのことなのですが……

全てのことにつけおいて

「お金を沢山使ったら、お金が戻ってくるよ!」

と思い込んでいる所謂スピ系の人は、ここでめっちゃ経費使うんだろうなってつくづく思いながら、実は書籍制作していたのですね。

そして、作りながらずっと、いちいちそんな事が頭かすめながら仕事してたんで、何をあの人たちが捉え違いしているのかすっごく分かってきたんです。

 

ビジネスシーンの多くお金を出した時点で、引き寄せの法則は成立してる。

引き寄せの法則に嵌まっている人たちが大いなる勘違いしていることは、

多分

「沢山お金を使ったら、お金が返ってくる」

という部分なのだと私は推察します。

これには一理あり、全て間違っていないと私も思うのは、

これはビジネスというシーンであったにせよ、労働対価という枠組みが外れた部分でこれを施せば、結構功を奏すと思うからです。

たとえば、仕事の打ち上げでおごるなど、自分と一緒に働いてくれた人の労いに対して、それ以上の対価を与えることによって、後にそれが返ってきたと思う気持ちを持ち合わせる人も沢山いるでしょう。

だからこそ「沢山お金を使ったら、お金が返ってくる」という定義が成り立っているのだろうと思いますが、

もちろん、そこに下心があれば返ってくるはずもなく、出しただけの結果に陥っていきますが…スピ系に嵌まっている人たちは、多分そういう形(打ち上げを全部おごるなど)でお金は使ってないだろうなって思います。

どこにお金を使っているかと言えば、対価として発生する場面において、沢山お金を使えばお金が返ってくるっていう勘違いしてるんじゃないかなって思ったんですよね。

 

たとえば、「沢山お金を使ったら、沢山のお金が返ってくるよ」っていう感じで、引き寄せの法則を考えている人たちは、

無料で出版までできるはずのPOD出版でも、めちゃくちゃ経費使いまくるんだろうなって、思ったんですよね。

経費となるようなものは、使った時点で引き寄せの法則は既に成立して過去のものになっています。

なぜなら、私たちというのは、労働に対する対価をお金としてやり取りしているからです。

 

たとえば、表紙とかもプロに作ってもらえば5万以上のお金が普通にかかります。

少しでも良い本にするためにプロに頼むことは悪いことではなく普通のことなのですが、5万の経費を使ったら、5万円分の売上があがるわけではありません。

表紙を作るための労働対価を渡して、物事は成立しているので、表紙を作ってくれたお金を渡さなければバランスが崩れます。だから、お金を渡すことで、ようやく均衡が取れる状態になっているだけなのですが、ここをすごく勘違いしているんだろうなぁと、ひしひしと思うようになってしまいましてね、今こんな記事を書いてます。

経費というのは、期待や見込み値を算出することなく、客観視で見積る売上に対してのバランスでみるべきだと私は考えます。

売上の見込の立たない事業であれば、まずは経費を使わないことが普通だと思うのですが、結局彼らは「経費を沢山使ったら、沢山お金が戻ってくるっていう」という考え方を信じて、湯水のように無駄な経費を使って制作をしているんだろうなぁと思えてきてしまったのです。

だからこそ、パッケージだけがどんどんお洒落になって、中身のない商品を売りつけることにも繋がっているんだろうなぁって思いました。

↓そのことについて書いた記事↓

 

 

「沢山お金を使ったら、お金が返ってくる」のは、ビジネスの中で労働対価として成立する場所では功を奏すはずもないと思います。

このメソッドを勘違いして、事業としては経費として算出するしかないお金を湯水のように使えば、もちろん事業としては救いようがないほどの赤字からスタートするだけで、損益分岐点のハードルも限りなく高いものとなるだけでしょう。

 

「経費を沢山使ったら、沢山お金が戻ってくるっていう」、言い方に変えれば、

ほぼほぼ全員が「そんなわけないだろ」で話が終わるようなことが

「沢山お金を使ったら、お金が返ってくる」という、大ざっぱに捉えれば一理あるというような教えに変わると、

知らず知らずのうちに「経費を沢山使ったら、沢山お金が戻ってくるっていう」考え方に染まっていくんだなぁと、思って見ています。

気をつけていきたいですね。

 

 

新刊発売しました!

【紙書籍】

【電子書籍:縦書き】

【電子書籍:横書き】

書籍紹介ページへ↓

【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本