【改めて】人は自然の一部です。

一昨日、台風の中心地からかなり離れた場所に住んでいる私ですら、今回の台風はまるで石垣島にやってくる台風みたいだなと思っていました。

関西地域にもたらした爪痕は、想像を遥かに超える甚大なものでした。

そして、今朝北海道で大きな地震があったことを知りました。時間が経つにつれて、その災害がまたもや想像を遥かに超える甚大なものであることを知り、いたたまれない気持ちを抱えました。

このような時に、災害について言及するような事を言うのは如何なものなのだろうか、という思いは抱えています。

しかし、テレビで情報を入手していると、「なぜまだ気が付いてくれないのだろう」という思いが増えてしまいます。

だから、書きます。

 

私たちは、自然の一部です。

私は、自分を「自然の一部に属する存在である」と確信し生きています。

ノイズの波動で生きている現代人がひしめき合う中で「自然の一部に属する存在である」と思うことは、笑われてしまうことだということも、もちろん自覚して生きています。

そんな私も、現代社会のノイズに埋もれ、同期し、この社会が全てだと思っている頃は、もちろん「自然の一部に属する存在である」ことは思えませんでした。

だから、多くの人が人間が自然の一部であるということに違和感を覚えることは否定しません。

しかし、ある日、ある事をきっかけに覚醒してしまった私は、見えない意識たちから頼まれた「自身の波動を高くする」というミッションを達成するためだけに生き直すようになった結果、どうにもこうにもこれが事実だとしか思えません。

なぜなら、現代社会が全てだと思っていた私も、ミッション過程で、自分という存在を勘違いし、虚像で作られた世の中を真実だと勘違いしていたことに気が付くようになってしまったのです。

そして、人と言うのは特別なものではなく、地球においては細胞レベルのミジンコみたいな存在であることに気が付くようになってしまったのです。

そして、人間は自然と別個に存在する稀有で特別な存在ではなく、単に自然の一部に属する存在であるという理解を深めていくようになってしまいました。

さらに、「自分」という言葉の意味は「自然の一分」であることを体現している言葉なのだと実感を帯びるようになりました。

そして、この解釈を元に「自信」を紐解けば、「自然の一分であることを信じる」ことに繋がり

「自由」というものは、「自然の一分である理由」ということに繋がっていくのだなと思うようになりました。

自分も自信も自由も、現代に馴染む考え方の上で言葉を発すれば発するほど、自己を窮屈に苦しめる言葉になっていくけれど、

自分とはそもそも「自然の一分」であることを前提にした上で、言葉の解釈を再考してみると、「自信」は安定を生み出し、「自由」は真の解放を与える魔法の言葉となるのだなと、実直に理解するようになっていきました。

 

自然の一部である私たちは、何故自然を敵視するのだろうか。

災害にあわれた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

ここからお話する話は、メディアを主体とする世論の論調に異議申し立てるものであり、皆さんに対してそう思ってるのではないということを理解してお読み進めて頂ければと思います。

ここの所当たり前のように、毎日日本は災害です。

そうしてもたらされる災害は、この間起きたことよりも、どんどんひどくなっているように思います。

7月に起きた豪雨も大変痛ましいことでしたが、さらに一昨日の台風、今日の地震と、間髪置かずに起きる災害の規模はどんどん大きくなっています。

テレビはその度に、如何に災害が深刻なものだったのか、視聴率ありきの報道を繰り返します。自然災害が起きている理由は物理的事由によって起きているものとして話を進めていきます。

このような災害が起きた視点において、「人の心に理由にある」なんていう論調や視点は皆無です。

人が人を特別であると勘違いした代償によってこのような災害が起きているとは、もちろん伝えません。

 

伝えることは

「怖かった」こと

「不便」であること

など、

主に自然に対する不満です。

自分たちの思い通りに自然が動かなかったことへの不満です。

そして、自然によってもたらされた今後への不安です。

 

古に生きていた人であれば、このような災害が起こった際には、当たり前に自己の反省に繋がり、今までの生き方を反省することに繋がっていたことでしょう。

しかしながら、物理や化学が発達した昨今は、それとこれとは無縁な作用であると割り切り、自分たちの意識が引き起こしている自覚を不在化させていきます。

 

私たちは、どこまで行っても自然の一分です。

その自然の一分である私たちが、自然に不満を伝えたところで、物事は解決するはずもありません。

自分が自然の一分である自覚を持ち直し、自然の一分として生き直すということを誰しもが肝に銘じる必要があると、私は思います。

 

それを忘れてしまっているからこそ、人間と自然を別個に考えることが主流になっているからこそ、世の中はより不可解な方向に流されて、不安に怯える事態になっているように思います。

 

自然に対して不満を述べる前にするべきことは、誰もが反省をすることだろうと私は思います。

私たちの驕った考えが、今の状況を作り出してしまったのだと、私は思います。

そして、日本はいち早く、宇宙の波動に同期してしまったからこそ、どこよりも強く激しい宇宙真理の法則を受ける宿命にあると思います。

やはり、誰もが「自然の一分」である自覚に、立ち返るべき時なのだと思います。

しかし、エゴが心を支配していると、どうにもこうにもそれが難しく恐怖に身もだえます。

次の記事では、現実を直視できない人たちが、明後日の情報に転がされていく現況についてお伝えできればと思います。

 

どうか、人間を特別に思わないでください。

私たちは、単に自然の一分だけなのです。

人間だけの都合で地球をコントロールすることなど土台無理な話だったのです。

その事実に気が付き、この事実を、多くの人が腑に落とせますように。

 

お知らせ☆電子書籍発売開始しました。

【縦書き】

【横書き】

本の内容一部を公開してます。

【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

 

本の紹介ページはこちら↓

【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

今日のリンク集