【美談化危険】オウムと北朝鮮

先々週、オウム事件の死刑執行がされました。

やっぱりとしか思えなかったメディアの動きについて書き残しておきます。

 

死刑は人権侵害?

国家転覆を狙ったテロを実行した彼らのことをこれまた一生懸命擁護する人たちが現れました。

現れたというか、いつものメンバーとメディア。

人権侵害だの、有田ヨシフさんは「ジェノサイド(その共同社会や民族を滅ぼすほどの大量殺害)」とまでミヤネ屋で言い放ったそうですが、ジェノサイドをしかけていたのはオウムであって、ジェノサイドがしかけられていたのは国民なのです。

そして、彼らを処刑することによって、国民の安心と安全が守られることになるだけのことです。

昨日も書きましたが、所謂人権派とそれを擁護するメディアの論調を信じて苦しめられるのはいつだって国民です。

日本には、自分たちだけのために他人の幸せを奪うことになんら良心の一つも痛めない人たちがいます。もちろんその方たちも同じ日本人ですが、どこでどう心を失ったのか分かりませんが、そうなってしまった人たちがいます。

 

そして、こういう人たちはいつだって過去の歴史を振り返らず、今自分にとって都合の良いことを広めようと躍起になります。

オウムと言えばTBSの間違ったジャーナリズムと誤報というイメージが色濃く残っている人も多いかと思いますが、すっかりTBSさんは過去を反省するどころか、記憶喪失状態のようです。

そして、既に舞い上がっている人権無視やジェノサイドと同様、オウム事件を美談化させる動きもあるはずなので、視聴者はこの動きに気をつけていった方が良いと思います。

 

またメディアでは忘れられたかのように触れられませんが、オウムはロシアと北朝鮮に強いパイプがある宗教であると言われてました。

どこかの政党のコネクションと似ていますが、なぜだかこの国では北朝鮮との強いパイプがある人たちがどうも擁護される傾向があるように思います。

結局、そこが完全に北朝鮮の息のかかった状態になっているという事の現れなのでしょうか。

 

メディアでは上記説明させて頂いた通り、世論をまたもやおかしな方向に導くために画策されると思うので、私は山村明義先生の情報に当たられることをオススメします。

先生がFacebookに乗せられている情報は多分どなたも見れると思うので、是非こちらで情報確認してみてください。

山村明義FB

それから少しオウムのお話をしている動画もチェックしておくと良いと思います。

冒頭半分くらいは財務省人事を扱ってまして、その後オウムの話に変わります。

お知らせ☆電子書籍発売開始しました。

【縦書き】

【横書き】

本の内容一部を公開してます。

【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

 

本の紹介ページはこちら↓

【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

今日のリンク集

山村明義FB