【世界共通】みんなKoreaはdirtyと感じるんだね。

2018年7月17日

韓国が絡む国際試合は、もれなく気分が悪くなるという事象を常々巻き起こし続けてくれています。

「Korea dirty」の言葉の浸透で、ここに感じる気分の悪さは世界共通であると、改めて感じました。

 

Twitterで増加中の「Korea dirty」

日本に住んでると、朝鮮半島の悪口って何があっても言ってはいけない雰囲気がつい数年前までもの凄い厚い壁のように存在していました。

昨今においてはだいぶ言い易くなったものの、事実を言えば、こちらが「ヘイト」と差別者扱いを受けたりして、面倒臭いことに巻き込まれ易い環境は未だ存在し続けております。

だけどさ、やっぱりさ、あの国の感覚ってさ、世界基準で見てやっぱりおかしいんだよ。

サッカーが全くサッカーじゃないもんね。

儒教的な考えが悪い方に浸透しちゃって、勝ちさえすれば何でも良い文化。

悪質なプレーの横行、あんなプレーを横行させたら見てる方だって気分悪くなるというものなのにね。

しかも、韓国とプレーしなきゃいけない側は、互いの力を出し合って良いゲームをするという本来の目的以上に、「如何に怪我をしないか」という別の目標を持たざるを得なくなる。

だって、ラフプレーのレベルが異常ですもの。

選手生命がこのプレー一つで壊される可能性が充分にあるような嫌がらせを平気でやる。

以前に女子サッカーでも、試合中に韓国の選手が日本の選手の顔面をボコボコにした事件があったでしょ?

韓国サッカーのラフプレーのひどさは、今日始まったことではなく、2002年の日韓ワールドカップの時だって、ラフプレーやりまくりの上に審判買収して、韓国に有利になるように便宜を図りまくって、そりゃもうひどいものだったけれども、

16年前と今回で世の中が大きく違ってきている部分は、世界中の人々が思ったことが瞬時に共有できる環境があるかないかっていうこと。

あの頃から韓国はおかしいって言われていたけれども、それはサッカーファンのみの会話で終結してしまうような情報流通に限られてしまう面があったし、テレビが韓国擁護に動けばそれに流されてしまいがちだったけれども、誰もが即時につぶやける環境さえあれば、我々が常々感じている朝鮮半島の異常性は、日本人だけが感じるものではなく、世界共通なんだよねって思えてホッとしますよ。

 

世界が呟く「Korea dirty」に反日活動家はどう対応するのだろう。

国内で張り切って活動している反日家の皆さんの特徴というのは、単に反日なだけでなく、もれなく韓国や北朝鮮、中国という特亜三カ国を擁護する姿勢が強いと思う。

日本のことも嫌いだけれども、韓国、北朝鮮、中国も嫌いという人を活動家の中では見かけたことがない気がする。

だから、彼らの言動パターンというのは、常に日本=悪、特亜三国=善というものが成り立ち、半島に関する事実を言うと言論封殺されるパターンが横行しているように思う。

今回このワールドカップで起きてしまった「Korea dirty」という言葉の浸透に対して、国内の反日活動家さんたちはどのように対応するのか見守っていきたいと思ってる。

多分ある程度の予想はもうついているのだけれども、それでも一応見守っていきたいと思ってる。

反日活動家さんたちは、思想云々があって主張しているのではなく、基本は工作活動のために反日活動を行っていると思う。

だから、世界中で「Korea dirty」と言われることになっても、工作活動には多分関係ないから、敢えてスルーするのだろうと思う。

もしくは別の被害者ネタを作って、日本を悪にするような活動に没頭すると思う。

結局、こういう部分に自分たちの矛盾が潜んでいることを気がつかず、自分の目的ばかりを無理強いに強行させる言動を繰り返すから、より一層嫌われるんだよね。

 

そー言えば、この間のメキシコ戦であんなにもひどい戦い方をした韓国なのに、「審判の誤審だ!」と審判を訴え始めたよ!

自分たちがしてきたことはいつも棚上げして、被害者きどり。

この情報がもっと世界各地で浸透して、半島人の面倒臭さが世界中に知れ渡ってほしいなって思う。

 

そして、日本人は国内にのさばるこのようなタイプな人と対峙しなくてはならない事が横行しているから、本当に大変なことになっているという実情を世界各地の人に知って頂きたいですわ。

 

本当に、明治の人たちが韓国を併合しなければなぁと思う時があるよ。

伊藤博文が暗殺されなかったらなぁと思う時があるよ。

 

でも起きたことは仕方ないから、粛々とみんなで処理していこう。

 

 

お知らせ☆電子書籍発売開始しました。

【縦書き】

【横書き】

本の内容一部を公開してます。

【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

 

本の紹介ページはこちら↓

【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

今日のリンク集