【分かった!】スピリチュアルって、結局これだったのか!

かれこれ6年、

スピリチュアルの定義に納得の着地点が見つからず、右往左往していましたが、

ようやく腑に落ちる答えに出会いました。

今日はその事について書きますね。

ずっとモヤモヤしていた「スピリチュアル」って言葉

日本で使われているスピリチュアルって言葉ほど、言葉が指し示す範囲の領域が広く、更に波動の高低も構わずしっちゃかめっちゃかになっている言葉ってないよなって思います。

しかも、日本人は一神教の価値観で生活したことはないのにも関わらず、さらに一神教の価値観が理解できぬまま、西洋発信のスピリチュアルを流入させるので、勘違いも横行しがち。

例えば、スピリチュアルな文献やブログ記事で多用されちゃう「自由意志」って言葉。

これは一神教の価値観がある人だからこそ使える言葉であって、多神教国家である日本人が発動させると、単なる排他主義になるの。

日本人はそもそも圧倒的に希有な価値観の中で国家が作られているので、西欧人の言葉そのままに情報を受け入れたら間違った方向に走って行きやすくなるの。

私相当このスピリチュアルな人が使いたがる「自由意志」って言葉が大嫌いだったみたいで、やたらその危険性についてブログに書きまくってるわ(笑)良かったら読んでね(笑)↓

スピリチュアルにはまって不幸せになる理由

アセンションが大袈裟になる根本的な理由

ここが違う!一神教と多神教の「神の思し召し」

 

もちろん、スピリチュアルっていう世界は否定しないんだけど、いろんな情報を掻い摘まんで、ごっちゃにして、自分の都合の良い話にすり替えてしまう人も多すぎるから、

なんだかこの

「スピリチュアル」って言葉こそが

厄介に思えてきて。

 

結局私のしていることだって、世の中的にはスピリチュアルだけど、そことは一緒にしないでって思いが増えてきてですね(笑)

 

なんとかしたいけど……

結局この言葉の着地点って日本語で言ったらどこに収まるのかさっぱり分からないまま随分長い時間が過ぎ去ったのですが、

ようやく分かりました!

 

「スピリチュアル」=「神道」です。

おとな塾でビリーブリセット講座の講師をさせてもらうようになって、

波動というものを理解してもらうために、メディアの情報の嘘を見抜く情報リテラシーを高めてもらったり、日本の歴史や敗戦後の影響についてこの半年講義をしていました。

そのおかげで、私自身のモヤモヤとしていた部分も随分明確になるようになって、波動が分かるっていうことは、特別なことでもなんでもなく、日本人なら当たり前のことで、さらに波動が分かった方が、日本人らしく生きやすくなる物差しの一つだなと思えるようになりました。

そして、ある時、更に自分の中で理解が深まって、ピンときたんです。

「あぁそうか、スピリチュアルって、結局神道じゃん!」って。

そして、一昨日都内の神社に参拝した時に書かれていた「今月の言葉」でそれが正解だよと神様からお導きを頂いたように思いました。

井上正鐡
天地(あめつち)の御恩(ごおん) 日夜に忘れぬは
神道のはじめと奉存候(ぞんじたてまつりそうろう)
井上正鐡著「唯一問答書」の一節。
私共を生かしてくださっている天地のお働きを忘れず、そのお恵みのお陰で生きていることを感謝することこそ神道のはじめの大切な一歩です。
井上正鐡 (いのうえ まさかね)
寛政二年(一七九○)〜嘉永二年(一八四九)。
幕末の神道家、禊教教祖。山形藩主の秋元侯家臣、安藤真鐡の次男として生まれ、諸国を遍歴して修行。神祇伯白川家に入門して現在の梅田神明宮の神主に就任。民衆を救済・教化するも、幕府の嫌疑を受けて三宅島に遠島され、現地で逝去。

神道は、天地のしくみとそれを活かして生きる方法の哲学であり、神社などはそれを顕現するための設備であると思います。

スピリチュアルという西洋様式な言葉だから、理解や解釈がしっちゃかめっちゃかになっているけれど、

そもそも西洋が言うスピリチュアルとは、日本人らしい生き方の元となっている神道の考え方そのもので、

それを2677年以上に渡り実践してきた環境と歴史が宿り続けるのが我国日本であり、日本人であります。

敢えて西洋に頼らざるとも、日本の歴史と先人たちの生き方を学び直し、また戦後封印されてしまった日本人のアインディティを取り戻す作業さえすれば、大方誰もが真っ当なスピリチュアルな道に入れるし、まぁスピリチュアルっていう既に汚された言葉を多用せずとも、

「神道」

一括りで全てを言い表せれるじゃんってやっと気がつきました。

ただ、ようやく気がついたところで……

「神道」=「神社」

だけに限定された考えだと思う人も多い世の中だと思うので、それはそれで伝えるのは大変だなぁと思いますが、

まぁまずは私自身がここに気がつけたことで、随分いろんなことが綺麗さっぱりとシンプルな感覚にはなりました。

 

ただ所謂スピリチュアルにはまってる人っていうのは、この神道とかのことでも……なんか変な方向に走って行っちゃうんだよなぁぁぁぁ(ポツリ……)

古事記とかで出てくる神様とかの多くを俗物的な擬人化しちゃって、ファンタジーな妄想したがるんだけど、全然違うんだよな。

はっきり言って、そういう人は動物霊にほだされて狂喜乱舞しているようにしか見えないしね。

 

 

だから、ファンタージー的な妄想とかそうじゃなくて、

「神道の心根」が結局「スピリチュアル」だってこと。

そうか!

「神道」=「スピリチュアル」

じゃなくて

「神道の心根」=「スピリチュアル」

「日本人の本当の心根」=「スピリチュアル」

って言い換えればいいや。

 

単に幸せとかを目的にするのではなくて、

日本人が真摯に日本と向き合い日本人としての教養を育めば、自然と本来持つ心根が顕現するようになって、結局これこそが西洋の人たちがいう「スピリチュアル」他ならないって思うんだ。

だから、スピリチュアルを西洋的概念と日本的概念の違いが分からずにゴチャゴチャさせるのもうやめて、

単純に日本人が日本人としての教養に目覚めればいいだけじゃんって、ものすごくシンプルな考えに落ち着いたんだ。

 

おとな塾ビリーブリセット講座を始めたから分かったこと。

このシンプルな考えに落ち着けたのは、やっぱり高山先生の影響が大きい。

今年の5月に高山先生が突然、「おとな塾を一緒にやらないか」って誘ってくれて、そして自分のやりたいことも盛り込ませてもらいながら右往左往しながら続けてきてみた結果、

ようやく見えてきた答え。

波動一側面で語ろうとするから、私にも無理があって。

それを先生と一緒に日本人としての大人の教養の一つの中に組み込んでみたら、どんどん話がシンプルになってきていることに気がついたんだ。

日本人ほど日本人がなんたるかが分かってなくて、右往左往の挙げ句どつぼにはまっちゃう人も多いけれど、

逆に

日本人が日本人を理解すれば、これほど強いものはないなって思うんだ。

だから、来年は今年以上にパワフルにこの塾を頑張りたいなって思ってます♪♪♪

日本人は地球の中で希有!そして大事な民族ってことを知識として得て、さらに体感してもらうためにね!

 

今日のリンクまとめ

スピリチュアルにはまって不幸せになる理由

アセンションが大袈裟になる根本的な理由

ここが違う!一神教と多神教の「神の思し召し」