【金の切れ目が縁の切れ目】韓国慰安婦団体が内ゲバ!

腐の塊と言っても過言でない、韓国慰安婦団体の初期設定が狂うことが起きてます。

 

年に一度の無料セミナー。募集開始しました

自宅からでも参加できます。年に一度ですから、是非ご参加ください☆

 

慰安婦名物ばあちゃん「私は慰安婦ではない」「騙された」宣言!

日本の左派が事実無根の情報を作り出し韓国に焚き付けて、日本を苦しめてきた慰安婦問題ですが、どうやら韓国内で内部分裂が起きている模様です。

なんと慰安婦団体の名物ばあちゃんが「私は慰安婦ではない」とか「30年にわたりだまされるだけだまされ、利用されるだけ利用された」とか言い始めました。

そもそも韓国の慰安婦問題こそが捏造話ですから、この発言こそが正しいのですが、慰安婦ばあちゃんたちの証言だけで成り立ってきたと言えるこの問題、ばあちゃんがこんなこと言いだしたら初期設定から崩れ落ちちゃいますね。

しかも批判を始めたこのおばあちゃん(李容洙イ・ヨンス)こそが、慰安婦問題の中心人物なんです。

なんてったって、トランプ大統領の晩餐会にも呼ばれた人ですからね。

【念タメ情報】あの慰安婦ばあさんの真実

2017年11月9日

慰安婦と言えば、李容洙(イ・ヨンス)と言っても良いくらいの中心人物です。

その人が批判を始めちゃうなんて、どれだけの大ごとか分かりますよね。

また今回の批判によって、李容洙(イ・ヨンス)さんは痴呆症だとか言われているようですが、この人の証言昔からコロコロ変わってましたよ。

↓参考に↓

すごいでしょ??

こんなに滅茶苦茶なのに、今まで韓国はその設定ミスを指摘したことなんてないんですよ。

逆に設定がどんなに滅茶苦茶でも、自分たちに都合の良い話は「信じろ!」って言い張ってきたのが韓国。にもかかわらず批判が始まれば「痴呆症」って本当にひどい話ですよね。

 

金の切れ目が縁の切れ目ですよね♪

また、こういう状況になってるのは、もちろん慰安婦ビジネスにお金が入ってこなくなったからでしょう。

つまり、日韓断交の影がこういう場所にも及び始めたということでしょう。

彼等の行動は金が常に絡んでおり、金が入らなければやる必要はなくなります。

湯水のように流れていた蛇口をストップすることには、やはり意味がありますね。

 

トランプ大統領と李容洙(イ・ヨンス)がハグをしていた2017年の頃は、まだまだ慰安婦ネタでガンガン脅されていたけれど…

謝罪せず、お金を払わず、「慰安婦問題は韓国の嘘」と証明し続ければ、いずれ問題は下火になるのだなと、実感しております。

【これぞ韓国】期待の斜め上が満載のたった1日の記録

2017年11月8日

 

とはいえそもそもこの問題は、日本の朝日新聞と福島瑞穂などの人権弁護士が、ディスカウントジャパンビジネスのために作り出したものです。

日本人が日本人を貶めて、それをプロパガンダとして韓国が利用していたものであり、韓国人も日本の一部の人に騙されたのです。

是非この事実だけは忘れないようにしましょう。

問題は日本にあり。

私たちでここを整えていきましょう♪

 

 

 

年に一度の無料セミナー。募集開始しました

自宅からでも参加できます。年に一度ですから、是非ご参加ください☆

本を発売しています。

変化が大きい今の時代にオススメの一冊です☆

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

 

 

 

2 件のコメント

  • こんにちは。
    ついに内輪揉めですね∑(゚Д゚)

    年齢に関してなんですが、韓国の歌手がテレビで年齢を聞かれた時に「日本と韓国は年齢の数え方が違う」と言っていたので、もしかしたら年齢の違いは数え方の違いかもしれないです。
    韓国はおそらく数え年なんでしょうね。

    証言内容はもちろん虚偽でしょうが…(・_・;)

    このまま慰安婦問題は捏造だと広く知られるようになってほしいですね〜。
    日本を悪く言われるのはこりごりです。

    • おはようございます。
      只今、武漢ウイルスを抑え込んだとしてホルホルしている韓国ですが、経済環境に未来がないのは誰もが分かってしまうレベルなので、これから金の奪い合いや毟り取る行為が常軌を逸したレベルで行われるものと推察されます。

      慰安婦問題で最も悪いのは福島瑞穂と朝日新聞だと思います。ここをしっかり罰せれる日本に早くなってほしいと思っています。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください