【2019アセンション】宇宙の力?地球の意志?それとも……。

これからどうなるかは分からないけれど、とりあえず褒め合ってもいいんじゃないかなって思うんだよね。

 

今回の波動上昇は、次元変化。

ついこないだ、この一連の世の中の動きの変動は、波動上昇であり、波動領域帯の変化だったと気がつきました。

波動領域帯が変わるということは、個人においても人生のルールが変わるということを意味します。ですから、波動上昇を続けて、波動領域帯の変化を体感した人たちは、誰しも「次元の変化」と呼ぶべきものを体感することになると思います。

今まで私は、個人の範疇の中で、この波動領域帯の変化……言い換えれば次元変化的なものは体感し続けてきましたが、こんなに大きく社会の様相が変わる変化を見たことはありません。

ですから、今回の変化は私にとっても驚きです。

つまり今回は、個人的範囲内に収まりきらない波動領域帯の変化が起きたわけで、ということは、社会全体が大きな波動領域帯の変化を味合わざるを得ない環境に変化したわけで、すなわちそれは、やはり世の中的に言う「アセンション」=「次元上昇」を達成したと言えるのではないのかなと思います。

 

大きな波動上昇や、次元上昇を体感すると起きること。

今、良くも悪くもフワフワした慣れない感覚や、とてつもない気持ち悪い感覚や、途方もないほど不安な気持ちに戸惑っている人が多いんじゃないかなって思います。

これは波動上昇の影響によるものなのであって仕方のないことなので、ここについてはあまり深く考えない方が良いかなと思います。

中には、この次元上昇の変化を受けて、身体が一斉に膿み出しを始めたことによって、心が一気に闇に引っ張られて、日常生活すらおぼつかない感覚に囚われる人もいると思いますが、その闇も、フワフワした感覚も一時的なことです。

長く見てもピークと言える時期は2週間くらいで終わるので、慌てることなく、静かに淡々とした気持ちで時を過ごしましょう。

↓波動上昇における注意点を書いた記事↓

 

今回の次元上昇は、宇宙の影響ではありません。

ちなみに、今回の次元上昇は、宇宙の一方的な影響を受けて起きたことではないですよ。

っていうか、既に地球は宇宙と波動同期を済ませています。

 

ですから、宇宙の一方的な介入によって、起きた波動上昇ではありません。

地球の方が宇宙の波動と同期していく過程によって起きたことであるのですが、地球の波動を大きく司っているのは人間です。ですから、地球と人類の意志の総意によってこの波動上昇は成し遂げられたという言い方ができると思います。

そういう意味で、宇宙の影響ではありません。

今回は、結構な具合で人間の努力で成し遂げられた波動上昇であり、次元上昇だと思うので、そういう意味で、褒め合っていいんじゃないの?って私は思ってます。

1人1人の些細な小さな努力があって、世の中の波動が生まれます。そしてその波動がそこそこ高いベースを確保できていなければ、もちろんこのアセンションは実行されず、ディセンションになっていた可能性だってあるのです。

それを人間1人1人の微力ながらも大きな力によって成し遂げられたのだから、褒め合って良いんじゃないかなって私は思ってます。

 

変化は一つずつ小さなものです。

今回のこれが「アセンション?」って思う人もきっと沢山いるでしょう。

 

なぜならアセンション的な情報は、常に西洋のチャネリング情報からもたらせるものなので、思っていたものと違うと感じている人もいると思います。

それは西洋主観が基本になっている情報を鵜呑みにしているからそう思うだけで、本当は違います。

特に地球の中でも日本人に与えられる命題は、そもそも西洋人とは真逆と言えるものであり感覚なので、そこを基点に考えたら、真逆の方向に引っ張られるだけになって、真のアセンションを妨害するものにしかなりません。

もちろん、自分自身がアセンションを体感することなど皆無でしょう。

 

↓西洋人と日本人のアセンションが違うことを書いた記事↓

 

だから、この変化がアセンションだと捉えられない人も多数いるでしょうが、どんなことも基点となる変化は常に些細なものだということを思い出してください。

また、アセンションを半人半霊的なものと捉えている人は、「こんなものがアセンションのはずはない!」と思うはずでしょうが、ここはどこまで言っても物質的世界です。明日急に霊界のような変容を遂げるはずもないでしょう。そう思い込んでしまいやすいのは、単に西洋主観に囚われているだけで、また、ディズニーアニメの見過ぎなだけです。

物質世界は、そんな風に変わることはありません。

植物の成長のような地道で些細な変化の連続の上に、私たちは生きています。

少なくとも、私たちが生きている世界は、今まで「嘘が強い影響力をもたらす世界」でした。それが徐々に反転し、今回の次元上昇によって、「嘘が影響力を持たない世界」に変わったのです。

これは本当に大きなことです。

今まで私たちが生活していたフィクションの世界が本気で終わるのです。

そのためフィクションの中で生きていた人たちは、まさにサファリパークからサバイバルな空間に追い出されて、右往左往せざるを得ないことになります。

それはそれで大変でしょうが……仕方ないですよね。

だって、人間は道理の上でしか生きることのできない生命体に過ぎないのですから。

 

まぁ、フィクションの世界を真実だとして生きていた人たちが、この地球上では大多数のため、これから数年、もっと激しい動乱が起きることは間違いないでしょうが、極力右往左往する必要のない、本質を見極めた生き方を実行して、穏やかに生きていきたいものですね。

また、その穏やかさが、世の中をソフトランディングさせるためのエッセンスになりますから、世の中の動乱であっても、そのトレンドに惑わされず、しっかりと今の自分を生き、根を生やしましょう。これこそが、意志を持つ地球への最大なる貢献だと私は思っています。

ではまたね♪

 

紙書籍を発売しました!

大変お待たせしました。

紙書籍が発売されました。ご興味ある方はこちらからご購入ください。

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

 

今日のリンク集