【連絡】黒澤全さんは佐藤想一郎さんに戻られました。

数日前に挙げた記事に関して、

いや記事を挙げたことで、大きな変化がありましたので、改めて記事を書きます。

 

水に流すことにしました。

私が一昨日あの記事を上げたのは、記事の最後に書かせて頂いている通り、黒澤さんの弁護人の方に今まで起きた私から見た事実を伝えるものでした。

ただ、ブログに上げるということは不特定多数の人の目に入ることになります。

ですから、その後に起きたことも改めて記事にしておいた方が良いと思いましたので、書きます。

 

結論から申し上げると、

黒沢全さんは、本名である佐藤想一郞さんとしてやり直すことにされました。

私と黒澤さんの揉め事の根幹にあったのは、「佐藤想一郞」というお名前の扱いです。

この名前が表に出る事に対して、もしくは黒澤全の名でネガティブな情報が表に出ることに対して、運営側は非常に危惧されておりました。

実際私は思いもしない角度から、この騒動に巻き込まれることになったのですが、彼らの危惧する思いによって、様々な場所で似たようなトラブルはあったものと思われます。

先の記事でまとめさせて頂きましたが、私の方にはサーバー会社や法律事務所を経由して、威圧としか受け取ることができない行動が繰り返されました。

ですが、昨日の夕方法律事務所の方から削除要請を取り下げる連絡が入り、夜にはこちらのブログに黒澤さん本人からもコメントを頂きました。

 

彼は元々の揉め事の種であった「佐藤想一郞で活動し直す」という事なので、私と彼の間に、今はもう争点となるものはありません。

ですから、私は今までのことを水に流すことにしました。

 

そして、このことを前の記事を読んだ人にもお伝えしたく、改めて記事に致しました。

 

彼がどうしてあれほどまでに頑なになってしまったのか、正直私は分からなくはないです。

特に精神分野に足を突っ込んでしまった上で成功を掴んだ人ほど、頑なになりやすい理由は、自ずから増えていくはずです。

そして、そこから逃れられない気持ちだけが増大していくものです。

このような状況下においてやり直すということは、特段の勇気がいる決断だっと思います。

ですから、私は今までの事を水に流します。

黒澤さん改め佐藤さんの今後が言葉通りかどうかは今は分かりません。しかし、今の段階で否定するものではないなと思っています。

ですから、今の所の私は、今までの事を水に流し、これからを温かく見守りたいと思います。

 

この揉め事において、最初にやり取りをした高橋さんもブログを更新されていました。

高橋さんの今後も応援しています。

 

今日は今から、幼馴染みと花見に行ってきます♪

 

それでは皆さんも良い一日を♪