【宗教と詐欺】騙されたとは思わない人々

テキシアジャパンの詐欺事件の報道を見ていると、スピ系と同様のものを感じます。

 

投資は返さなくていいお金を持つことが必須の作業

先週くらいから、話題になっているテキシアジャパンの巨額詐欺事件。

ぶっちゃけ私自身が誘われた経験があることから、結構気にしてこの事件の報道はチェックしています。

当時から「そんなうまい話はない」と思って断った案件ではあったのですが、誘ってくれた知人については今も昔も特段嫌な部分を感じた事はないからこそ、「本当だったらいいのにね」くらいに思ってましたが……、今回事件が明るみになって「やっぱり嘘だったか……」と思うに至るに至ってます。

特に先日、猫組長の本を読み終えたこともあり、どのように投資マネーは循環しているのかという事が大枠理解できるようになった瞬間から、テキシアジャパンの「100万で、毎月3万返ってくる」という儲け話のカラクリが手に取るように分かるようになってしまった上での報道だったので、「やっぱり!」と思うと同時にやたらと気になるんですよね。

投資という事業は、如何にすぐに返さなくても良いお金を多額に集められるかが大事な商売なんだそうです。毎月3万円ということは、原本の返金までには3年以上の時間があります。この時間稼ぎで荒稼ぎできるか否かということが、投資ビジネスというものなんだなぁということが、私は猫組長の本を読むことで理解するようになりました。

そして、こういうタイミングでの報道であったこともあり、珍しくフジのバイキングとかもちゃんと見ちゃいましたよ(^^;)

 

詐欺にあっても、騙されたとは思わない人たち。

だいたいこのような投資系詐欺事件が勃発した場合というのは、被害者と呼ばれる人たちの怒号が飛び交うものだというイメージがあるのですが、今回の事件の場合は少し様相が違うように感じました。

事件発覚後も、自称KINGこと銅子正人容疑者を崇拝する信者(出資者)が多数おられる様子が伺えるVTR作りが盛んのように見受けられます。

敢えてそのようなVTR作りをしているという事も考えられますが、一般的な投資詐欺事件と比べて圧倒的にこのようなタイプ(詐欺にあっているのに、騙されたとは思っていない人たち)が多いのだろうと私は推測しています。

なぜなら、たまたま一度だけテキシアの食事会に誘われた時にも、テレビで感じる同様の空気は私も直に感じていたからです。

テレビの報道の方たちが感じる異質な空気感、いわゆる宗教組織のような空気感が「詐欺にあっているのに、騙されたとは思っていない人たち」を生み出していると思われます。

そして、このような人を見ていると、Happyさんや子宮系や心屋さんに嵌まっている人たちと同質の心持ちをどうしようもなく感じてしまうのですよね。

 

より狭い仮想空間を欲しがる人たち

今回の事件が明るみになってもなお「騙されたとは思っていない人たち」というのは、洗脳されたと言っても申し分のない状況になっているなと思うのですが、その洗脳というのはどういう形で行われていくのかというと、見ている限り自ら望んでその洗脳に嵌まっていっているなぁという感じがしました。

「何をしても報われない」と感じている不遇感を、共感できる仲間の中に入ることで拭いたいという気持ちがどうにもこうにも感じられました。

そして、その仲間に入ることによって、個人的な感情においては「救われた」という感覚が体をひしめくようになるのだと感じました。

とはいえ、「仲間になること」これは単に、今の世の中の枠組みよりも狭い範囲の中における仮想現実をリーダーや教祖さまたちが作りだした過ぎないのですが、

その幻想空間と呼ばれるもので心を繋ぎ止めなければどうにもならない人たちが沢山いるという事の現われなんだなとも思いました。

そして、その幻想空間というのは、今ある社会の空間よりもより狭い幅の中にあるものなのに、その幻想空間の中で広さを多くの人は感じてしまうのだなぁと思いました。

そして、そこで幻想空間にある種の恍惚を覚えてしまった人たちは、騙されたとは到底思えない心情にかられていくのだなぁとも思いました。

 

一つのことを信じたら、それはもう宗教なのかも

テキシアジャパンの詐欺事件は、宗教とは真逆の投資詐欺ではあるのですが、出資者となった被害者の心持ちにあるものを紐解いていくと、それは宗教のお布施に近いものを感じました。

どうして私がそう感じたかと言えば、出資者の方々の言葉の節々に「信じる」という曖昧な言葉がやたらと踊っていたからです。

信じるか信じないかは、個人の主観によるものです。

本人次第のものです。

その本人次第の心持ちがやたらと優位になり、そこしか見えなくなっていくと、もはやそれはなんであっても宗教なんだなぁという事が今回の事件によって私は理解できましたが、どれだけ日本人の心が荒んでいるのかなぁと改めて思うきっかけともなり、非常に切なくなりました。

追記

テキシアジャパンのことについては、レリゴーブスの言葉の発明者である山野本さんのブログを見て頂くと良いと思います。

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本