【たった3ヶ月半で】やらかしすぎてもはや手に負えない韓国

いやーもうやらかしすぎもここまで来ると逆に清々しさを覚えたりするものですな。

 

いわゆる徴用工判決が「お別れのきっかけ」になると言ってたけれど……

かれこれ3ヶ月半前にこんな記事を書きました。

その時からこの判決を機に、日韓の波動乖離を大きくなるはずだと思っていました。

その理由はこんな風に書かせて頂いております。

なんで、この徴用工判決が波動乖離を引き起こすかというと、この判決は、「怒り・反発・むかつく・恐怖」などの感情を軽々超えるものだからなのですね。

多くの日本人は、今回の事によって、「もう韓国とはまともに付き合うことは一切できない」という諦めを感じると供に、彼らの常軌を逸した行動に「呆れ」や「哀れ」を感じていると思います。

このような感情が生まれると、相手を変えようとせず、はっきりとした距離を取るようになります。

そして、感情交流が行えない環境が整えば整うほど、波動が乖離していくため、現実的な交流もなくなっていきます。

波動というと「得体のしれない何か」と思われるかもしれませんが、波動の高低というのは私たちの思いに常に現われるものなので、感情という部分を注視していけば、ある程度波動の動向も読み取れます。

そして、感情の中でも「怒り」というものは、低波動と高波動と同期させてしまう感情なので、要注意の感情なのですが、その感情が沸き上がらなくなると、低波動と高波動を同期させる術がなくなっていくので、低波動はますます低波動になっていきます。

そして、低波動がますます低波動になっていくと、高波動をなんとかして怒らせようとするような行動が頻発していきます。

本人たちは無自覚に行っているでしょうが、高波動を怒らせることが唯一の波動同期の術となっていくから、無鉄砲な行動が増えていくのです。

 

あの判決からの韓国の行動はある種すごい!

とりあえずあの判決があった10月からの韓国の行動をみていきましょう。

10月 海自入港拒否       (軍) 
    徴用工判決          (司法) 
11月 原爆少年団          (民間) 
12月 レーダー照射       (軍) 
01月 戦犯企業不買       (地方行政) 
02月 大使館前で告別式 (民間) 
    天皇謝罪要求       (立法) 
    日本の嫌韓を批判 (行政)

【話題】韓国 ここ最近のやらかし一覧(・∀・) より

すっかり忘れてたけれど、10月には旭日旗問題もあったんですよね。その後のネタがいろいろあり過ぎて忘れそうなのがすごいです。

そして、判決後はBTSの問題に始まり、レーダー照射、慰安婦問題棚上げの上に天皇謝罪要求と……嫌がらせのレベルが上がっているとしか言いようがないですね。

戦後70年間韓国が使ってきた日本の攻撃は、「如何に日本に謝らせるか」というものしかありませんでした。

これ(高波動に謝らせて自分の支配下に置く)も低波動が高波動に行う攻撃方法の一つですが、レーダー照射問題によって多くのノンポリにまで「韓国の嘘つき体質が一般常識化」してしまった今、日本はその嘘にはもう媚びないですよ。

日本が謝るのは、その情報が事実であるか事実であると信じている時に限ります。

嘘だと分かった瞬間の日本人の手のひら返しは凄まじいのです。

それが嘘が嘘で塗り固められていくあの国では分からないでしょうね。

 

だからこそ、もっともっと大きなことをこれから言い出すに違いないと思います。

後半年後になれば、今目の前にあるニュースも随分昔のことに感じるくらいネタを提供してくると思いますよ。

それが更なる日本人の「呆れ」を作りだし、波動乖離は益々大きくなっていくことと思います。

 

次はどんなネタを提供してくるのか、生暖かい目で見守りたいと思います。

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本