情報リテラシー, すっげぇ日本, 歴史, マスメディア

昨日本題に入らず終わってしまった記事の続きです。

【いだてんに見る】非常識とは何か?①

 

いだてんの視聴率がついてこない理由

いだてんの視聴率が悪くて、早々に「打ちきりか?」なんてことを囁 ...

すっげぇ日本, 歴史

空気が人を支配するのか、それとも一部の人が作り出した空気に人は支配されるのか。

 

その空気の正体は、波動です。

昨日も紹介した「「空気」の研究 」を読んでいるうちに、20世紀という時代がなんだったのか ...

すっげぇ日本, 歴史, 日本人の特性

昔の日本人はこぞってみんなきつねに騙されてたのに、どうして騙されなくなったのでしょうか。

そして、最近は龍神ブームでありますが、どうして龍神は人間の言うことを聞いてくれるのでしょうか?

素朴な疑問です。 ...

すっげぇ日本, 歴史

お金が重要視される世界だと忘れられがちですが、日本ほど人間が豊かに生活していくための資源がある国はないと思ってます。

 

日本は資源がない国?冗談じゃない。

地球が産業優先の世界となってかれこれ200年 ...

すっげぇ日本, 歴史

スピリチュアルにどっぷり嵌まっている人たちの最近の傾向は、どうやら「自分を神」と思う所にあるように思います。

この思考性は、一歩間違えると人生が泥沼化すると思います。

 

日本人はみんな生まれつ ...

すっげぇ日本, 歴史, 日本人の特性

去年の秋から、アダチル本執筆に取りかかった私は、改めて思想とは何かということを考えながらこの数ヶ月過ごしていました。

そして、分かったことがあります。

 

思想は人に希望を与えるものだが……。

すっげぇ日本, 歴史, 日本人の特性

ようやく百田さんの書かれた日本国紀を読み終えました。

その上で改めて思うことを書きます。

 

通史で読むことで見えてくる日本人の流れ

何年か前に、松下幸之助さんが昭和

すっげぇ日本, 歴史

先週、頂いたこのコメントのお返事を記事にします。

戦国時代や、沖縄がもともと一つの国だったのが日本にされてしまったという話しにはどうお考えなのか聞きたいです。どうぞ宜しくお願いします。

 

戦後 ...

すっげぇ日本, 歴史

私たちは、いつも加害者だと思い込まされている。

そのお人好しな思い込みを良いことに、隣国や隣国の息がかかった工作員おぼしき人たちは、私たちを加害者に仕立て上げ、差別主義者だと罵り、自分たちの論ずることだけが正義だと、日本人 ...

すっげぇ日本, 歴史

1979年(昭和54年)に発売されて1999年(平成11年)に、新装されて発売された「日本人に謝りたい―あるユダヤ人の懴悔」

絶版で古書も高額でなかなか手に入れにくいため、この本に書かれた情報が広く伝わりにくいけれど、憲法 ...