【知っとこ】嘘つきたちの情報戦の常套手段

レーダー照射問題。いつも通りおかしな方向に話が向かっている印象を受けますよね。

さて、それはどうしてなのでしょうか。

 

嘘を突き通すことに意味があると思う人たち。

レーダー照射問題っていうのは、日本には何も落ち度が無く、一方的に韓国がおかしな行動を繰り広げているだけの問題です。

↓おさらい画像↓

↓おさらい用関連記事↓

【波動予測】2018年中に「ごめんなさい」できなかった人たちのこれから

【初笑】レーダー照射で韓国が日本への謝罪を要求するってよ。

【失笑】やっぱり韓国とは友達になれない

 

しかし、韓国の気質上、日本に謝るなんてもっての他!

文大統領は「日本はもう少し謙虚に」 とか言いだして、なぜか「悪いのは日本」のオンパレード(笑)

さらに、日本の地上波でも半島工作員おぼしき人たちが韓国の主張を無意味に繰り返し、論点ずらしを張り切ります。

 

とにかく論点をずらしまくり、問題を解決させない方向に舵を切るのが彼らの常套手段です。

その上で、「どっちもどっちも論」と同時に、「日本が謝った方が合理的(韓国は謝るつもりはないから、問題が解決しないよ)」という方向性に促します。

そして、この手法であらゆることが既成事実化してしまいました。

だから、日本は無意味なお金を支払わされたり、国際的立ち位置が低下するという苦渋を味わう事態が続いていました。

 

これ以上こういうことを続けてはいけないので、民間レベルで彼らの情報工作に対しての対応方法をそれぞれが身につけておくべきだと思います。

 

 

嘘でも突き通した者が勝ち組になれる国の人たち

韓国の人たちが、どうして嘘を突き通して謝らないかと言えば、それは根本的な民族性の違いもあるだろうと私は思ってます。

韓国や中国などの大陸の人たちは、「強い者が勝つ」という弱肉強食の世界で生きてきましたから、分かり合うとか協調とかの概念がかなり欠落されているように思います。

また、どんな嘘でも言い切ったもん勝ち、大きな声で相手を制した方が勝ちという考えも染みついてます。

ですから、黙ったらダメなんです。

どんなに支離滅裂な主張でも言い続けている間は負けてなくて、黙った時点で負けを認めることになるから、彼らは言い続けるんです。

しかも、相手は憎き日本です。日本に謝ると言うことは死に値するレベルのことです。

ですから、絶対に日本には謝りません、謝れません。

 

 

一方で、日本は「分かり合いましょう」の穏やかな文化です。

ですから「話し合おう」「分かり合おう」と言えば、日本人は話し合おうという姿勢になると彼らは思っているし、自分たちの主張を続けていくうちに日本が譲歩すると思っているから、こうなってるんです。

支離滅裂な嘘であっても、そのうち日本が譲歩すると舐められているんです。

 

 

しかも、相手は日本に対して謝ることを知らない国です。

最初から「話し合おう」「分かり合おう」も成立する国ではないということを、今一度私たちはしっかり認識するべきだと思っています。

 

 

嘘は、話し合う必要がないことです。

日本人は、「分かり合おう」「話し合おう」という気質がとても強いですが、世の中には話し合わなくても良いことがあります。

それは、「嘘」についてです。

嘘を分かり合った所で、何の意味もないのです。

実際日本は、何十年も半島や中国の嘘と付き合い、そして嘘をつく民族性やどうして彼らが嘘をつくのか分かり合おうとしました。

でも、分かり合えないものは分かり合えないのです。

そして、分かり合おうとした結果、日本が得たものなど何もなかったのです。

だから、嘘を軸にした話など付き合う必要も、分かり合う必要もないです。

それを改めて私たちは認識するべきなのではないのかなと思ってます。

 

そして、論議が長期化すると、日本人は今ある論点に視点が向きがちなのですが、そこも彼らは分かっていて、話を長期化させて、どんどん論点をずらされる工作をされている事実にも気がついた方が良いです。

どんなに彼らがゴールポストを動かしても、「そういうのいいから」って気持ちで見守り、元々の問題から目を逸らさないように気をつけましょう。

本当の問題は「お前んとこの船がウチに火器ロックオンしてきたんだけど?」です。

つまり、「なんでレーダー照射してきたの?」って言う質問に対して、答えてさえくれれば、そもそもこの問題にもならず終わっていた話なんです。

向こうがそれに答えなくて話をずらし続けるのに、「分かり合おう」も「話し合おう」もできるはずもないでしょう。

それだけのことなのに、地上波こぞって話が韓国有利な方向に持ち込もうと試行錯誤しているから、受け手も混乱させられやすいですが、世論がなびかなければ彼らの工作は上手くいくはずもありません。

ですから、韓国側との問題は常に入り口を見誤らないようにこちらも注視しましょう。

 

また日常生活においても、嘘つきは同様の手法を使うタイプが多いですから、この点を頭に入れて、日常生活に活かしていきましょう。

分かり合うことを目的にせず、彼らが嘘つきであることを周囲に知ってもらうことを目的に行動すれば、こちらが不利になることは減ると思います。

 

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。(∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)生きやす
さを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】生きやす
さを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

今日のリンク集

【波動予測】2018年中に「ごめんなさい」できなかった人たちのこれから

【初笑】レーダー照射で韓国が日本への謝罪を要求するってよ。

【失笑】やっぱり韓国とは友達になれない