【地味に気になる】Happyさんのブログが最後に一般アカウントになった謎。

2019年1月4日

たまたま前に書いた記事で邪推した内容と符合する事が起きているので、気になってしまっています。

 

アメブロ辞める理由はオフィシャルから外れるから?

今日でHappyちゃんこと前田紗智さんで、竹腰紗智さんがアメブロを辞めるということで、この1年ついうっかり彼女を追うことになってしまった私としても多少の感傷深さみたいなのがありましたよ。

っていうか、本当にアメブロ辞めるのかなっていうのはまだあるのだけれど……本日をもってアカウントは削除されるようで……

でね、いつ消えるのかなって思って見に行ったら、

なんか今日の午前中から一般アカウントになったようなんですよね。。。。。

 

ちなみに私、彼女からアメブロ卒業宣言が出た時にこんなこと書いてたんですよ。

そう言えば、今日Happyさんもブログ引退宣言しましたね。

イベント集客のためのフックという声も多いようですが、どうなんでしょう。

とりあえず、どうなるかを温かく見守りたいと思います。

もし、本当にやめたのなら、私は本人の意志ではなく、アメーバの意志なのだろうと今の所思ってます。

彼女の性格上、自分の意志でそんなことはしないはずだと、この一年観察してきた私は思っています。

ですから、当日になって止めない宣言であれば、集客フック。

当日本当に消えたのなら、アメーバからオフィシャルブログ脱退の勧告があったのだろうなと、私はみてます。

どっちでも私はいいです。

どっちかになった時に、どっちかの答えを私の中で持つだけです。

年末の楽しみが少し増えた気がします☆Happyさんありがとう♪

【スピ系】ポジティブゴリラに見せかけて、本当はネガティブゴリラより

 

私は彼女が辞めるとするのならば、アメブロの方からオフィシャルから外れるなどの何らかの勧告があったのではなかろうかってずっと思ってたのです。

そしたら、今日なぜだか最後の最後でオフィシャルから外れて一般状態になるというミラクルが起きてたので気になったんですよね。

 

周囲のオフィシャルブロガーとか芸能事務所とかで働いている友達に聞いてみたのですが、とりあえず全員「聞いたことがない」という前代未聞の事態のようで……。

っていうか、一回オフィシャルブロガーになるとよっぽどそこから外れることないし、タレント側も便利だから使わなくても消さないしっていうことで、みんなオフィシャルブロガーになってアカウントを消すという作業をしていないということもあるのだけれど……。

オフィシャルブロガーになったのにアカウント削除作業の前に一般ブロガーに戻るっていう事あるんだっけ?

それがみんなに聞いてもよく分からなかったので、地味に気になってます。

 

個人的には、そもそも今日のこの光景を見る前から、辞める理由はオフィシャルから外されるってことなんだろうなっていう風に思ってた部分もあったので、

私の邪推、当たってたんじゃないの?って言う気持ちもあって、地味にめっちゃ気になってます。

 

ということで、アメブロオフィシャルブロガーがアカウント削除作業する工程をご存じの方がいたら教えて欲しいなと思って記事にしました。

 

わざわざ削除前に一般アカウントに戻す工程って、滅茶苦茶不必要な気がするんですよね。

でも、アメブロの作業工程的にはどうしても必要な作業だったりするのかなとか思ったりして……。

地味に気になってるんですよね。

 

オフィシャルブロガーがアカウント削除する時の手続きが分かれば、これがレギュラーかイレギュラーかが分かるので、知っている方がいたら教えてほしいなと思ってます。

 

宜しくお願い致します。

 

↓情報提供を頂き、訂正記事を書きました!確認宜しくお願い致します↓

 

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本