【一番大事な事】沖縄をウィグルのようにさせないこと

ウィグルの人の事を思うと、こんなタイトルをつけたこと自体が忍びないことなのだけれども、それでもこういうタイトルにしました。

 

日本人は領土に無関心過ぎる。

日本人は領土に無関心過ぎる。

ぶっちゃけこれは、私自身もほんの数年前まで理解できていなかったのだから、偉そうなこと言える身ではないのだけれども、日本人は領土に無関心過ぎる。

 

もしも、自分の家に突然他人が上がりこんできてそれを取られたのなら、当然怒り出すはずなのに、

それが少し広い世界となる日本国の領土の話となると途端に、危機感を失う不思議な体質を持ち合わせている。

 

それは、日本人がこの地球上で最も悪どいと思い込んでいる節があるからこそなせる業なのだと思う。

どうしてそうなるかと言えば、戦後社会に蔓延る自虐史観があるからだ。

 

日本人がこの地球上で最も残酷で最も悪い民族だと思っているから、自分たち以上に悪い人などいないはずだと、心のどこかでみんな思っているんじゃないかなと思う。

それが、他国に対する敵対心のなさなのだと思う。

自分が相手に合わせれば、相手も自分も理解してくれるというお人好しがなせる業なのだと思う。

 

残念ながら、日本人ほどお人好しで温厚な民族など、他にはなかったっぽい。

あるにはあったが、意地悪な人たちによってその民族性は大概の所封殺されたり、目立たない場所で静かにその心持で生きるしかないような状態にさせられている。

先進国と呼ばれる中で、日本人ほどお人好しで温厚な民族など、他にはないっぽい。

 

 

中国に対する危機感の無さが怖い

日本は敗戦国となって、アメリカを中心とした戦勝国の意向に沿わなければ生きていけない事態になって、それによって骨の髄から精神性を歪まされてしまったけれど、

今目の前にある脅威はどこにあるかと言えば、横暴この上なしの中国だ。

目の前の問題を解決せずに、真の精神復興など土台無理だなと思うのだけれども、今回の辺野古問題を中心に世の中を改めて見てみると、

やっぱり中国に対する危機感って全く醸成されていないんだなと愕然とした。

 

数日前、首里城で世にも奇妙なお祈り儀式をした教祖様は、「龍柱に怯えていたなんてバカみたい!龍柱可愛いよね!恐怖って向き合えばたいしたことないよね!(要約)」的なお花畑を絵に描いたようなブログを2016年2月にあげていた。

彼のブログの内容は、いつも通りのことながら全く的を得ていなかった。(ちなみに上記リンクは的を得たお話を書いてくれた産経新聞のリンクです)

 

多くの人が辺野古及びその周辺の事情に危機感を持ち合わせているのは、ほんの少しの油断がウィグルやチベットの悲劇を生み出すからだ。

 

そういう残虐な民族性を持ち合わせる人たちがすぐ近くにいるのに、彼らはその事実には目も触れず、「祈ればみんなで仲良くなる」とか……そんな訳ないじゃん。

自然を愛せば、平和になるとか……そんな訳ないじゃん。

武力を放棄すれば、平和になるとか……そんな訳ないじゃん。

 

油断したら、すぐ乗っ取られるんだよ。

っていうか、国境近くの離島は、私たちが無意識でお花畑で生きている間に結構な具合でもう乗っ取られちゃったんだよ。

 

 

しかも辺野古は、カンナマ系のコンクリートが使われないことが騒動の要因の一つになっているのではないかとも言われてる。(須田のオジキの話を自分なりに曲解)

自然を愛する気持ちを前面に出した結果、他国の利益誘導に繋がった挙句自分で自分の首を絞めることになってるって本当に情けないよね。

 

私たち日本人は、私たちの素直な善意を利用した利益誘導が行われていることに過敏になる必要性がもっとあると思う。

こういう無駄な方向性をシャットダウンしていけば、無駄なストレスとなっている事態は少しずつ減るはずなのに、無垢な善意を持ち合わせている人ほど、こういう社会の裏の側面を見ようせずに利用されて、無駄な問題を増やしているんだよね。

そこに気が付いてほしいなって思ってる。

 

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

今日のリンク集