【教養さえあれば】は?で?で終わる話ばかり

学識ではなく教養が試される時代が始まってるって、切に思うよね。

きょうよう【教養】
学問・知識を(一定の文化理想のもとに)しっかり身につけることによって養われる、心の豊かさ。 「―のある人」

 

ローラの辺野古問題……教養さえあれば……。

ローラやりゅうちぇる、そしてウーマン村本君など、どうも教養がなさそうな芸能人たちが今更辺野古の問題に担ぎ出されたようで話題になってる。

相も変わらず「自然破壊」が会話の中心となっており、彼らがこれ以外の論点で会話ができる部分がなく、また偽善的な感情論にほだされる人がターゲットなのがよく分かる。

日本のメディアは辺野古を反対している人たちを「正義の守り神」のような見立てでしか報道しないし、沖縄の事実を報道するとBPO指導が入って全て虚偽と決めつけるような日常が横行している。

だからこそ、こういった綺麗事で並べられた署名運動についほだされる人がいるのだろうけれど、こういう教養のなさが恥になる時代がようやくやってきたなぁという目で私はこのニュースを見ている。

辺野古を反対する人たちは、すぐに自然や平和という事を言いたがるが、自然と言うのなら那覇空港はどうなるのだろう。そこに何かを言う人は見当たらない。

さらに辺野古を反対する人たちは、中国の脅威に関しては絶対に目を向けず、同盟国である米国との離間ばかりに熱心だ。

危ないのは米国よりも中国だ。

それから、ウィグルなどで起きている中国の侵略と人権侵害にも無頓着だ。

辺野古の建設を反対して美味しい思いをするのは隣国であって、日本人ではないことに全く気が付いていないまま、自然と平和を愛する偽善的な言葉に酔いしれている。

さらにこの反対運動には外国人の活動家が積極的に関与しているのだが、ここについては触れられない。

どんなに日本で親韓を煽った所で、韓国は日本を敵国として見ている。

個人の感情は度外視した上で、私たちは隣国3ヶ国が日本を敵視した上で行動していることを現実として認識した上で行動せざるを得ない。

 

それに私たちに必要な教養は、たったこれだけ。

①隣国が日本を敵視し侵略を目論んでいる

②そのための情報工作を地上波のメディアや新聞各紙で行われている。

③その上で情報を取り扱う

根本として必要な視点はこの3つだけ。

 

だが、この3つがあるかないかで会話の次元はすこぶる違う。

問題なのは政治的発言云々ではなく、教養のなさが問題なのだ。

 

メディアは自分たちのしている事の本質に入られないようにするために、いつも通り会話のロジックを変えてくる。

その土俵の上に上がらず、別角度から指摘することが大事だなと思う。

 

っていうか、この国の情報工作は特亜三ヶ国のやりたい放題になっているので、ぶっちゃけこの3つの視点さえあれば

①隣国が日本を敵視し侵略を目論んでいる

②そのための情報工作を地上波のメディアや新聞各紙で行われている。

③その上で情報を取り扱う

 

は? で? で終わる話で、賛同も何も「そんなことするの日本人として恥ずかしいよ」って事になると思う。

自然を訴えるにしても欠落している視点があるし、

何よりも日本の安全保障を揺るがして他国の侵略を自ら進める行動になっていることで、日本人の視点としておかしなことになっている。

それが教養のなさというものなのだと思う。

 

教養というものは、母国への愛国心がない限り育まれるものではない。

そこがこれから問われることになっていくのだろうなぁって思う。

 

「最低でも県外」からこじれまくって早10年。

それでも、だいぶ日本人はまともになってきているように思う。

後もうちょっと!頑張ってこう。

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓