【見よ】これがレリゴーブスたちの攻撃力だ!

昨日、【心屋教】自業自得が分からなくなる恐ろしさという記事を書きました。

ちなみにアメブロは、ワードプレスで更新されたことが分かるようにタイトルと導入部分の言葉だけ書き添えて記事を毎回置いておきます。

で……そっちの方(アメブロ)のコメント欄が今燃えてまして(笑)

ただ、このことで心屋さんに集う方の気持ちがよく理解できたので、記事にします。

 

 

たまには思いっきりキレてみるものですね。

昨日アメブロの方に心屋信者の方がコメントをしてくださったのです。

↓どんなコメントだったかは、こちらで確認を!↓

頂いたコメントの内容をざっくり説明すると、「心屋教信者の気持ちも分かってほしい」です。

言葉自体はまぁ丁寧だったので、どう対応しようか迷ったのですが、せっかくだから敢えてキレてみました。

普段使わないような言葉も多用して、キレてみました。

そしたら、案の定炎上しました。

コメント頂いた方には申し訳ありませんが、心地良い限りです。

おかげさまで、心屋さんの元に集うレリゴーブスの思考回路と行動パターンが掴めました。

その分析ふまえて記事を書きますね。

 

心屋信者さんたちが生き辛い理由

私は今回自身のブログのコメント欄が荒れたことで、心屋信者さんたちがなぜ生き辛さを感じているのかざっくり分かりました。

そのポイントとなる部分をまめていきます。

①相手の領域と自分の領域の区別ができていない

最初にコメントをしてくださった心屋教信者さまの時から、既に思っていたのですが、皆さんは相手の領域と自分の領域の区別がついていないと私は思いました。

ブログというのは、単なる掲示板では無いですよ。持ち主がいる誰かの場所にお邪魔しているのです。

共感するかしないかに関わらず、良識ある方は、挨拶なり自己紹介なりを必ずされてから、自分の意見を述べてくださいます。

自分がよく見られたいとかそういうことではなく、それが人としての礼儀だということを皆さんきちんとわきまえておられるからです。

それが大人です。

そして、そういった方とのコメントは意見が真っ向から違う人であっても、やり取りはとても楽しいものです。

それが、信者の方はどうでしょう。

割って入ってくるやいきなりの自己弁論大会を始めます。

さらには自分たちの意見を一方的に押しつけてくるようにしか受け取れない言動をされます。

たとえ違う意見をお持ちの方であっても、人としての礼儀を当たり前にわきまえる事ができる方は、私の考えの中にあるものを考えてくれた上でコメントをしてくれている事が分かりますが、皆さんにはそれがありませんよね。

それがあるかないかは大きな違いです。

つまり

②相手の気持ちを考えずに、一方的に自分の気持ちだけを分かってもらおうとする

行為が横行しているということです。

 

ちなみに、アンチの人にありがちなのが「三行コメント」と私が揶揄ってるものなのですが、今回も私が敢えてキレてみたら、どっさり三行コメントが届きました。

掲載しますね♪

1,そんな言い方しかできないゆりさんも、批判してるブロガーさんと同じだと思う。

2,私もそう思う。ゆりさんも気づいてないだけ、自分に。他の人と同じだってことに。なんかがっかり。その怒りはどこからくるのか?

3,どうして彼女より辛い試練を乗り越えたって言い切れちゃうわけ?苦しみなんて比べられるわけないじゃん。それも傲慢だよ。

4,怒りって結局、相手に対してじゃなく、自分に怒ってるんだよね。その異常な怒り方は、あなたの中にも闇があるのでは?

5,言葉が大事って書かれていた気がするんですけど、ゆりさんのその乱暴な言葉もどうかと思いますけど。

6,まったく同じことを言われて、深く傷つく人もいれば気にしない人もいる。みんながみんな、あなたのように同じように乗り越えていけるわけじゃない。時間も方法もそれぞれなんじゃない?

7,なにもさ、あかの他人にそこまで言わなくてもいいだろ?気分が悪くなるし愛だなんて思えんわ。

8,誰もがゆりさんと同じようにできるってことじゃないってことでしょ?その人それぞれの精神状態もあるわけだし。それなのにその人のことを決めつけないでほしい。

9,各ブロガーさんへの批判はわかりますが、信者さんへの言い方はどうかと思います。誰だって、何であんなことにのめりこんだのだろう?って、後になって気づくことだって人生の中にはたくさんあるはず。

これ、掲示板じゃなくて、私のブログコメントですから(笑)

先ほども言いましたけれど、心屋教にはまらなきゃいけない状況は、こういう事を平気でできる節操のなさから起きていることに気がつかれた方が良いと私は思いました。

私には私の意見があり、あなたにはあなたの意見があるのは当然ですが、皆さんお気づきではないと思うのですが、

皆さんは、自分が共感できない意見をシャットアウトする行動しかしておりませんよ。

そして、自分たちの意見を私に認めさせようと必死です。

その上、礼儀もなく、人のブログを掲示板だと見間違う図々しさ

 

人の行動は一事が万事だと、いつも私は思っています。

普段から相手のことを思いやる気持ちを持ち合わせている人は、どこからが自分の領域でどこからが相手の領域なのかということを当たり前に気にされて行動します。

一方で、私のブログをまるで5chの掲示板であるかのように勘違いされてコメントを残される方は、どこからが相手の領域なのかが推し量ることができない人だと私は思います。

しかも、三行コメント全てがリンク先のないコメントです。

アメブロを利用している人ならよく分かると思うのですが、アメブロコメントの場合はブロガーさん同士がコメントすることが多いのでリンク先がついていることが多いと思います。それが、こんなにもコメントが来てるのに三行コメントについてはリンク先が一切無いのです。

自分の立場素性を明かさず、自分の言いたいことをだけ言って気分が良くなってるかもしれませんが、そういう卑怯な行いは実生活に必ず反映されているものだろうと思います。

また、何人かが似たようなコメントをした後から、自分たちの形勢になってきたと感じたのか、一気にコメントが増えていきました。

この行動様式から

③一人では行動できない、正々堂々と戦うこともできない

人たちなんだなぁとも思いました。

こういうの「連れションブス」って言うんだなぁと思いました。

 

この3つの行動パターンを直すだけでも、随分あなたの生活は良くなると思いますよ。

だって、たとえばですよ。

人の家に勝手に押しかけてきて、自己紹介もなく素性も明かさずさらにはこちらの状況も鑑みることなく、自分だけの意見を突然言う。そして、「それは違うと思う」と家主が言ったのなら、今度は「私の気持ちを分かってよ、分からないあなたは変よ」と叫びのたまう人がいたら、あなたはどう思いますか?

分かり合うことなんてできませんよね。

家主側は分かり合えなくて結構と扉を閉じるでしょう。

 

多分、今回コメントくださった方の多くは、日常生活もこの繰り返しなのだろうと私は想像しています。

だから、行く場所が無い、だから、心屋さんにすがるしかないということになっているのではないのですか?

 

人間関係が良好な人は、常に相手の立場や思いを慮ることができます。また、常につるむ必要性も感じてないので、一人で行動できます。

たったそれだけの事ができないからこそ、あなたは苦しみ続けているだけだと私は思いますよ。

 

私の方が辛い経験をしているだろうと言い切った理由

最初にコメントしてくれた人に対して私はこんな事を書きました。

あんたがどんな人生を送ってきたかは私は知らないけれど、私は少なくともあなたよりは辛い試練は乗り越えてきたと思います。

見ず知らずの人よりも、私の方が乗り越えてきたと言い切ったことが心屋信者さんたちの癇に触れたようで、怒濤の三行コメントラッシュが始まった訳ですが(笑)

やっぱり、私の方が辛い経験をして乗り越えているだろうと思います。

その理由は、だいたい会社でも「忙しいと言ってる奴ほど仕事をしていない」という法則と同じです。

仕事の出来ない人とイタイスピ系の共通点① より

①口癖は「忙しい」

大概、会社で「忙しい」が口癖の人って、たいした仕事してないことが多くないですか?そんなに忙しいならと手伝おうと中身を確認してみたら、「え?まさか、仕事ってそれだけ(°Д°;≡°Д°;)」ってビビったことないですか?

後、自分の仕事をいちいち凄そうに言いたがる人も詳細詳しく聞いてみたら、「え?それって、、、、、( ̄ー ̄;」って思うような、仕事実績だった事ってないですか?

私は自分の経験値から、「忙しい」が口癖の人と、自分の仕事の大変さをアピールしてくる人に関しては警戒するようにしています(笑)

だいたいパターンとして、実績上げてる人のがしれっとしてるんです。「え?だから?」みたいな感じで。
「凄いですよね。」ってこっちが言っても、「どうだろ?」みたいな感じで、しれっとしてて、自分が特別な事をしている感覚がない。

後、めっちゃスケジュールが立て込んでる人の方が、みんな無理してでも時間作ろうとしてくれるんですよね。多分「忙しい」ばかり言ってる人って、なんとか仕事を入れさせないように防御しているんでしょうね。

今回コメントしてくださった方は、他の共通点もお持ちのように見えますから、気が向いたら読んでくださいね。

 

 

人生って不思議だなぁと思うのが、必ずその人の器に合わせた試練しか与えないものなんですよ。

申し訳無いですが、皆さんの器の小ささは先に示した通りですから、本人が思うほど大きな試練では無いことを試練だと思い込んで、精神的に追い詰められているだけだと私は思ってます。

 

心屋の言葉は現実逃避にはうってつけ

最後にこちらのブログにコメントをしてくださった方の内容を掲載しますね。

こんばんは。
今日も素敵な記事をありがとうございます。
昨日のコメントも拝読させていただいて、そうか、自分が心屋にハマっていた時は完全に自分が楽になりたい一心で、相手の立場に立って物事を考える思いやりの精神が完全に欠落していたんだなぁと痛感しました。
というか、未だに視点が自分の時が多々あり。本当に気をつけます。気がつけて良かったです。

自分のこと肯定してほしくて、自分のこと大切にしてほしくて、、、って何でもかんでも自分自分自分!!!そこに「そのままでいいんだよ。」って自分がもっとも言って欲しかった魔法の言葉をかけてくれる教祖様が現れたら後は何も考えず、問題の根っこを解決させないでズブズブと自分を肯定してくれるその人に付いて行くだけ。あー、、、いい大人が痛い痛い。デラシネ。デラ死ぬ。爆

ただ、ひとつだけ自己弁護させて下さいm(._.)m
心屋にハマる人は主婦が多いと仰っていますが、当方兼業主婦でして、仕事をして子育てをしているとやはり余裕がなくなります。何より疲れる。実家や夫の実家も遠いため両親の助けもあまり受けられず、、、となると、ぶっちゃけおかしくもなります(-.-;)藁にも縋りたい気持ちで縋る藁を間違えました。笑
そんな感じで心屋の言葉は現実逃避にはうってつけでした。

ですが現実に戻るきっかけを作って下さり、竹久さんには本当に感謝しております。
仕事と子育ての両立も、とにかく逃げ出したくて仕方なくて、自分の視点しか持ち合わせていなかったあの時はデラ死にたいくらい毎日辛かったのですが、今を生き、自然の一部であることを意識しながら取り組んでいる最近は、なんだか同じことやってても不思議と満たされる感覚と、感謝したいことが増えました。仕事においても子育てにおいても。
まだまだ実践勉強中ですがこれからもお世話になりますm(__)mいつもありがとうございます。

特に見逃してほしくない部分は太字&赤字にしておきました。

現代に生きる以上、誰もが辛いと思います。

でも心がけ一つで、その苦しみは過去のものになるだろうと思ってます。

それでは皆さんの明るい未来を願って、この記事を終わりにします。

 

 

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本