【希望】それは、川に魚が帰ってきたこと。

私が幼少期だった頃、テレビCMで河川汚染の問題が流れていたことがあった。

ちなみに、北方領土のことも日本の領土であるとCMで流れていたこともあった。

 

幼少期、川の多くは汚れていた

幼い頃、「川を綺麗にしよう」という合い言葉は至る所で見かけた。

綺麗な川とはどんなものか、高度成長期を経た日本の工業地帯に生まれた子供にはピンとこないものもあった。

なぜ、汚れたのか、汚したのか、そして綺麗にしなくてはならない理由はなにか、

その根本たる理由が分かるまでには、20年以上の歳月が充分に必要だった。

そして、私が根本たる理由が分かる頃になると、川は随分綺麗になっていた。

川に魚が戻ってくるようになっていた。

ようやくその頃になって私は、綺麗な川というものはこういものなのかと理解できるようになって、川が綺麗である理由の効能と必要性と必然性にようやく気がついた。

 

そして、あれからまた二十年の月日を隔てて気がつくことがある。

本来ある形に戻す努力さえすれば、自然は当たり前に復活するということ。

それは、テレビ番組鉄腕ダッシュのダッシュ海岸の変化で十分理解できた。

私たちの社会も同じようなものではなかろうかと、今改めて思うんだ。

 

それぞれが不自然な心持ちから脱却できたのなら

今私たちの国家は様々な問題を抱えている。

それを問題とせず、問題となるべきはずの事が常識化されてしまった。しかも、その常識に合わせようとすればするから、多くの人の心は苦しんでいる。

その苦しみから多くの人は脱却したいと考えているはず。

だが、昨今のスピリチュアルな人々たちが繰り広げている珍道中を見ればあからさまのように、より不自然な方向に人の気持ちは駆り立てられているようにも見える。

結局この症状がどこから来ているかと言えば、

「川が汚れている」

ということを直視せずに、綺麗な川だと思い込んで、上乗せした綺麗ごとを述べているようなもので、

「自分の心が歪んでいる」

ということを直視できない人たちの妄想に次ぐ妄想がそうさせているとしか言いようがない。

 

多くの人にとって、「自分の心が歪んでいる」と、認め受け入れることは許しがたいことかもしれない。

でもそれは、「現代を生きる私たちならば、誰もが歪んで仕方が無い」と思える程の認識がもたらされた時に変化は生じるのではないかと、私は期待している。

そして、それぞれが自身の中にある歪みを努力で戻した時に、ダッシュ海岸のような変化が私たちの社会環境にももたらされるものであるという未来を信じてみたい。

 

多くの問題を今の感情の中で、解決しようとするから、多くはトラブルだらけなのだ。

それは、「川が汚れている」という現状把握が失われた中で、試行錯誤した結果と同じだと思える。

 

それぞれが何かする必要はなく、それぞれが持ち合わせる心の歪みが解消されれば、当たり前に奇跡は起こるのではないかと、思えて仕方が無いんだ。

 

まずは、誰かの為、人の為なんていう、偽善は捨てて、自分の心の歪みをきちんと直視することがやっぱり大事なんだよなって思うんだよね。

 

新刊発売しました!

【紙書籍】

【電子書籍:縦書き】

【電子書籍:横書き】

書籍紹介ページへ↓

【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

 

 

 

自然の摂理に合わせた土壌を作れば、

人の心も自然の摂理に合わせた気持ちに戻れば、

多くの問題は消滅するのではなかろうか。