【やっぱりね。】土を忘れた民は滅ぶ

さっきの記事も、この間借りてきた本の事について書いたのだけれども……。

この間借りてきた本の中で、最も感銘を受けた本は、児童書でした。

 

「森は生きている」読んだことありますか?

あの日、「腐敗と循環」をテーマに、選んできた本の内容は多岐に渡りました。

そして、人間として生きるということを軸に置いた時に、一番腑に落ちる答えが書いてあったのは、児童書であるこの本でした。

1981年に子供が興味を持つことで大人にも読んでもらえるのではないかとして期待されて生まれた本は、2012年東日本大震災があった翌年にリバイバルして発売されることになりました。

幼い頃に、この本を読んだ記憶は全くなく、今回初めて手にとりましたが、普遍的な内容が書かれた本は、いつの時代に読んでも色褪せる事がありません。

この本を読み進める度に、なぜか大粒の涙が頬を覆いました。

私たちは、やっぱり大事な事を忘れているから、彷徨っているんだなとしか思えませんでした。

 

土を忘れた民は、滅ぶ。

この本を読んでいる時、少し前に書いた自分の記事の事が頭に浮かびました。

この時、私は土、水、木があって、初めて人間の生きる土台が作られるということを書きました。

富田さんの本では、その循環機能大役を果たすのが、森であると書かれていました。

森こそが、土と水と木が融合して、生きる土台を作る装置であると書かれていました。

 

そして、それを忘れれば、水は当たり前に反乱すると、書かれていました。

 

 

土の上に置かれたエネルギー装置。

私の中では太陽光発電は、失敗だったという思いに囚われるしかない日々を送っているのですが、

不思議なことに、太陽光発電システムは増えています。

新幹線や高速を使って出かける度に、増えている実感が増しています。

土と水と木があって、初めて生きることができる人間なのに、

土と水と木があって、初めて生きることができるからこそ、先人たちがこの国土を緑豊かな土地にしてくださったのに、

一体私たちは何をしているのでしょう。

土と水と木を忘れて、金だけに目がくらんで……

一体私たちは何をしているのでしょう。

 

木が沢山生えている土地が水を吸収してくれるから、水害が起こらずに済むのに、一体私たちは、私たちだけの豊かな生活を引き替えに、どれほどまでにバランスを崩してしまったのでしょう。

 

やっぱり今起きていることは、私たちが犯した自業自得な産物なのだと、この本を読んで、つくづく私は思いました。

 

木を見て森を見ずではなく、土や根っこを見たい。

つい先日、読者様から、「(私のしていることは)木を見て森を見ずではないのか?」という指摘を受けました。

これは、「神道ということがスピリチュアルに最も相応しい概念だ」という私の解釈に異議申し立てるもので、そこだけに囚われることに対する異議を伝える内容でした。

読者様の仰る言葉の背景もありありと想像できましたし、そのご指摘には一理あると思いました。

ただ、私の中では「私は、木を見て森を見ずではない」という思いがありつつも、それを上手く言葉にできないもどかしさを抱えたまま、返信をしたのですが、ようやくそこにわだかまりを持った気持ちが分かりました。

私は、木ではなく、土を見たいのです。

土の中にある根っこをしっかり整えることが大事だと思うのです。

私はかれこれ15年ほど、高山先生に育ててもらったおかげか、先生の言葉はこっぴどく私の言動にへばりついています。

小手先のテクニックをどんなに学んだところで、日本人が日本人としてあるべき器がなければなんともならない

結局、これが私の生きる指針になっています。

↓先生のことを書いた記事↓

その為に私は、「日本人」という希有な民族と希有な特性に特化したことを書き、そこを意識してもらう必要性を終始訴えているのであって、

木を見て森を見ずなのではなく、

木の下にあるものはなにか、

どんな土のどんな種として自分たちが生まれたのか、それに気がついてほしいのだと思います。

 

コメントをくださった読者様、本当にありがとうございます。

あなたのコメントのおかげで、私の指針は何だったのか、どうしてこうも日本という希有な土地の希有な民族の特性を書き連ねているのか分かりました。

 

その答えは、この本にありました。

私たちは、土がなければ生きられない。

私たちは、水がなければ生きられない。

私たちは、木がなければ生きられない。

そこにあるのは森でした。

 

新刊発売しました!

【紙書籍】

【電子書籍:縦書き】

【電子書籍:横書き】

書籍紹介ページへ↓

【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

今日のリンク集