【調子に乗るって怖いww】大切な友人の為に紙書籍にするって言ったけど(笑)

今私は、POD出版に夢中です(^_^)

そして、今日また判明してしまった事について書きます♪

 

ムゲンブックスさんのアプリは簡単に本が作れる!

昨日のブログで、既に電子書籍で発売させて頂いている【だから、あなたの「幸せ」は苦しい。】を紙書籍化することをお伝えしました。

数日前に発売した本は、ネクストパブリッシングさんというPOD出版社から発売させて頂いていて、PDF入稿という形で書籍を作ったのですが、それは結構私レベルには大変な作業の目白押しだったんですね(笑)

だから、本を作るのはちょっとお腹いっぱいみたいな感じだったのですが、ムゲンブックスさんという別会社は、本を作るための専用アプリがあって、そこに文字入稿するだけで本が作れる感じだったので、簡単そうだったから試したかったのもあったし、これなら今すぐにでも作っていいかも?って思いがすごくあったので、作ることにしたんです。

既に原稿を持ってることもあって、ぶっちゃけ、こんなにも簡単に編集作業終わるの?本出来ちゃうの?ってくらい、作業が楽でした。

だから、調子に乗っちゃったんですね~私。。。。。。。。

前から持ってる原稿、このアプリ使って全部本にしちゃおうかなぁっていう気持ちになってしまったのですね……。

 

4年前に書いた原稿を読みたいと言い続けている友人

私、4年前に「親のことが好きになれない!」っていう原稿を書いたことがあって、それをエブリスタという電子書籍サイトで有料販売しているのです。

↓当時記事にもなりました↓

まぁ、エブリスタを知っている人なら分かると思いますが、こういう文章をエブリスタを読みにきている人は全く求めていないし、読みたいなと思っている人はエブリスタの使い方が分からないから、ほぼほぼ誰にも読まれていないし、買われてもいない文章なのですが、このタイトルにもの凄く私の友人が食いついてしまったのですね。

私の友人がこの記事を見つけた時から今日まで、「あの本はいつ書籍になるの?」とずっと聞かれていて、

もちろん私は「いやぁ……」としか答えることしか出来なくて(笑)「エブリスタで読めるよ」と言っていたのですが、

「それじゃぁ読めない!読みたいから、本にしてよ!」って、ひたすらこの4年会う度に言われてたのですね。

っつーか、今書いてて思ったのですが、それほどまでに友達が読みたいと思ってるなら、原稿渡せば良かったのに、なぜ、私はそれをしなかったのでしょうか。

う~ん……。単なる人でなしですね……としか言いようがないのですが、なぜか原稿を渡すという選択肢が、今この瞬間まで全く私に現れなかったのです……。人の想像力って情けないですね。

という、私の残念な想像力はさておき、ようやく自己負担なく紙書籍が作れる方法を知って、しかも、ムゲンブックスさんを利用させて頂けば、あっという間に本の編集すら終わるということが分かって、私は調子に乗ってしまいました。

だから、今日友人に「クリスマスまでにはあれを本にするからね!」と約束してしまいました。

が、今日さらに、色々作業進めて分かった事が沢山あって……、クリスマスまでに本を届ける為には、ムゲンブックさんのアプリを使わずに、自分でPDF入稿して本にするしかないじゃん!って気がついちゃったんですね。:゚(。ノω\。)゚・。 ウワァーン

やっちまった。

まだ、今日の段階ではPDF入稿がお腹いっぱいだから、やっちまった感が否めないっす。

でも、言い切ってしまったからにはやらないと(iДi)

っていうか、この後は、政治のルールに関するガイドブックを書こうと思っていて、それも本にすることを読者さんとのコメントでのやり取りで約束してしまっているのです。

私、最低(iДi)仕事完結してない合間に、なんか、一人でどんどん仕事増やしてる(iДi)

とりあえず、今秋から始まるはずだった古巣関係の仕事が全然前に進まなくて時間余ってるから、そういうことだったのかなって思った方のが手っ取り早いのかもしれないけれど、なんかついついあまりに簡単に編集が終わるアプリの存在に、調子に乗った自分を戒めたいです。

っていうか、何でそんなに簡単なアプリを使っているのに、クリスマスまでに本を出せないかという理由は、次の記事に譲ることにします。

 

新刊発売しました!

【紙書籍】

【電子書籍:縦書き】

【電子書籍:横書き】

書籍紹介ページへ↓

【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本