【半分、青い。】無謀な精神論に染まってく礎は既に十年前には。

半分、青い。見てますか?

見てる人にしか分からないネタのオンパレードになること承知で、書きます。

 

何を隠そう、朝ドラ結構好きです。

NHKは解体すれば良いと思ってますが、受信料払ってて唯一楽しめると思っている朝ドラは結構好きで見てます。

最初に朝ドラにはまったきっかけは東日本大震災の直後でした。

震災から1ヶ月は過ぎていると思われるのに、朝テレビをつけると、必ず流されていた津波の映像。

本当にそれが嫌になっちゃったんですよね。

テレビをつけて重苦しい映像を見なくてはならない日常を何か変えたかったんですよね。

当時の私は、目覚めると同時にテレビをつけることが習慣だったので、テレビをつけずに生活することは考えられず、テレビをつけた上で津波の映像を見なくてもすむ方法はないかとザッピングしていたら、そこにあったのが朝ドラ。

丁度その頃は、井上真央ちゃん主演のおひさまがやっていて、

津波の映像を見なくていいこと。そしてドラマによって、今日一日頑張ろうって気持ちにさせてもらえたこと。

朝ドラという存在があって、とにかくとても有難かったです。

そして、そこから私の朝ドラライフが始まるようになり、相当つまらないなと思ったドラマ「純と愛」、「べっぴんさん」、「わろてんか」以外は、全話見てます。

そして、もちろん今回の「半分、青い。」も全話見てます。

この話は、所謂ロスジェネ世代と呼ばれる団塊ジュニアたちの世相を取り扱ったドラマです。

展開が早くて落ち着かないと思う人も多いようですが、同じ世代の一人として、これが私たちの時代だなぁとしみじみ思います。

この落ち着きのない、どうも地に足が着かないのが、私たちの時代を象徴するものだと思います。

そして、ドラマになって客観的に自分たちの生きてきた足取りを振り返ることで、私たちの世代の多くが、意味不明なスピリチュアルとか言うものにドはまりしておかしなことになっているのも、「何か分かる」って気持ちになったというか、そういう不安定な足取りの中生きざるを得なかったのかもなぁと、少々感傷深げに思ったりしております。

 

企業勤めの不満と不況とお一人さまメーカー

1971年設定から始まったドラマは今2010年頃を描いています。

2010年、今から8年前。東日本大震災から一年前。

当時の世の中は、慌てていたと思います。

頑張っても頑張っても結果の出ない不況の中で、みんな一生懸命数字を作ることに拘って、でも上手くいかなくて、でも、ネット環境だけがどんどん進化していくから、世の中のスピードが加速度的に上がっていく感覚があって……慌てていたと思います。

誰もが地に足の着かない感覚の中で一生懸命生きていたのではないかなって、ドラマを見ていて私は改めて思いました。

 

特に、そんな思いを強烈にさせたのは、小西真奈美さん演じるグリーングリーングリーンの社長「加藤恵子」の存在。

緑が好きな彼女が始めたメーカーは、自分の好きなグリーンな物を売る仕事。

自分の好きな事をやって仕事にしたいという、この世代に蔓延りやすい欲求を形にしたような存在です。

グリーンちゃんの行動パターンを見ていると、世代的に蔓延る精神論が垣間見れます。

そして、ドラマの中の、この一言↓がうちら世代の全てを物語っていると感じました。

「グリーンパンは絶対成功する」

無謀なことでも言い聞かせれば実現するとかいう、所謂スピ系の象徴的な言動がこのシーンには存在してました。

所謂うちら世代に蔓延る、明後日の方向に走り続けていくスピメソッドは、今始まったものではなく、1990年~2000年代の所謂「失われた20年」の中で青年期を迎えてしまった若者たちの迷走が正体なのかもなぁって思いました。

何をしても上手くいかない感覚が抜けきらず、その上で抱えてしまう「認められていない」感覚と「認められたい」欲求。

さらには、他者と差別化した上で自己を確立したい欲求。

そんな思いがこの一言、「グリーンパンは絶対に成功する」に秘められているように思うのです。

 

そして、「グリーンパンは絶対に成功する」の中に秘められた世相が、私たち世代の落ち着かない人生を象徴していると思いました。

 

この感覚から抜け出せれるのか、抜け出せられないのかでは、日々に与えられる幸せの感じ方が違うだろうなぁと思います。

また、抜けれない人が沢山いるからこそ、どんどんおかしなスピリチュアルメソッドが開発されているんだろうなぁとも思いました。

 

お知らせ☆電子書籍発売開始しました。

【縦書き】

【横書き】

本の内容一部を公開してます。

【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

 

本の紹介ページはこちら↓

【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中