【ダメ!絶対!】人のせいに平気でできる人を、人の上に立たせてはいけない。

先日も石破さんのネタを書かせて頂きましたが、

先ほど、自民党総裁選所見発表演説会をyoutubeで確認させて頂き、ほんとこの人ダメだな。と心底思ったので、どうしてダメだと思うのか、書きます。

 

まさかのノープランを延々と口にする石破さん

ついさっき昨日行われていた演説会の動画をチェックさせて頂きました。

前々から識者たちがこぞって「石破はノープラン」と仰ってくださっていたこともあったので、石破さんが出された本を読むこと無く、さらに、選挙戦にあたって作られたビラを見るだけでも、ガチでこの人ノープランなんだなって思っていたので、もうそういう認識で十分だと思っていました。

ちなみに石破さんのノープラン炸裂なビラがこちら。

ちなみにこの略歴でも、離党実績はきっちり削除されております。

 

一応安倍総理のも見ておきましょうか。

政治家に求めるのは、理想を語ることではなく、理想の上にある現実的な道のりです。

安倍さんにそれはあるけれど、石破さんにはそれがありません。

それだけでなく、動画を見て驚いたのですが、石破さんが認識されている経済は、まさに間違いの典型ですよ。

景気が上向いているのに賃金が上がらないという事をネタにお話されていましたが、雇用が無かった状況から雇用が増えるようになれば、一時的に全体の平均賃金は下がって当然です。

誰だって新入社員の時は、雇用される金額が低いのですから。それに雇用されていない間は、収入0の方の賃金は計算されないのですから、不景気の時の方が平均賃金が上がり、雇用の拡大が生まれれば全体として下がって当然で、これは一般常識と言っても過言ではない話だと思うのですが、石破さんはメディアが視聴者を誤解するような言い回しで伝えているフェイクニュースをまんま事実として取り扱って、政治運用する気なんですね。

勘弁してください!

それに、語った全ての政策は事実誤認甚だしい現状把握と暗い未来の理想を語るだけで、やっぱりノープラン(笑)

地方活性化の話になった時、結論が「地方で考えろ」だったのはもう……。ダメだこの人。としか思えなかったです。

しかも、何もかも話の内容が暗くて、日本には未来がない気分になってくるわ。

それにこないだの記事でもこれはヤバいだろっつってたこの言葉

国にとって不都合な情報でもすべて開示することを政府に義務付けます。会議はすべて傍聴可能なオープンな場での議論とし、議事録も即時公開。

どうどうとこの動画でも発言してたよ。

怖いわ、この人。って思うけれど、日本の政治家の8割は、実はこんな感じだよね。

安倍総理を支持している自民党の国会議員でも、流れに乗って安倍総理応援しているだけで、中身確認したら「石破だった」って言う人結構な比率でいそうな気がする。

 

自分の責任にできない人は、ヤバい

今回の所見とは別に、この記事↓を見た時に、やっぱり石破さんは絶対にないなと思いました。

この記事の中にある石破さんのこの言葉。

「私は権力闘争でも何でもなく、当時、党で決めたことを党が守ろうとしなかったので、離党せざるを得なくなった。そもそも自民党が下野したのは何でなんですか? 麻生さん(太郎・財務相)が総裁の時に下野したのも、党のイメージが国民から嫌われちゃったからでしょうよ。なぜ下野したのかきちんと検証もしないまま、裏切り者だの何だの言っていると、結局、改革をやる気なんてなくなっちゃいますよ」

↓関連記事↓

 

離党したことは、人のせいですか。

人の上に立つということは、全ての責任を自分で背負う覚悟がある人でなければできないことです。

たかだか離党ごときのことで、人のせいにしてしまう人が、この国を背負うなんてことできないでしょう。

しかも、プロフィールにはちゃっかりその事実は丸々削除。

総裁選に出れるようなお人柄だとはとても思えません。

もしなったとしたら、見当違いの事実認識の上に、理想を掲げて、ノープランの丸投げをして、最後は自分は悪くないと言い出すに違いないでしょうね。

勘弁してください!

 

自分の身の上に起きたことすら、自分の責任として受け入れられない人が、一億二千万人の分の責任を引き受けることなんて到底無理でしょう。

ですが、こういうタイプは厚顔無恥なので、自己アピールは一生懸命です。

有本香さんが虎ノ門ニュースで「石破さんの主語はいつだって『私』だ」と仰っていました。

一方で、安倍総理は「私たち」や「国民」という言葉が多く出てくると言っていました。

視野の広さの違いを如実に表す、言葉選びの違いですね。

 

私の事しか考えられないような人ほど、人の上に立ちたがります。

それは責任感の欠如が無自覚に発生しているからだと思います。

上に立つ人は責任を伴います。その責任の重さが分かっている人ほど、上に立つのを嫌がります。

しかし、それをせねばならないと強く思うタイミングが来た時は、自分を鼓舞して、無理してでも人の上に立ち、そして、全ての責任を受け入れる覚悟で、前を歩むのです。

 

そんな当たり前の事ができずに、理想を語る人が、この国の政治家には沢山います。

彼らがどんな言葉を選び、使い、そして結論をどこに持ち合わせているのか、国民はきちんと吟味し選ぶ必要があります。

それは私たちの権利では無く、義務です。

 

良い国会議員を選び、良い国家運営が可能になるように、国民も協力していきましょう。

 

お知らせ☆電子書籍発売開始しました。

【縦書き】

【横書き】

本の内容一部を公開してます。

【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

 

本の紹介ページはこちら↓

【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

今日のリンク集