【注意喚起】滝沢泰平が推してる画家は危険

2018年6月2日

今日はちょっと珍しく偽スピ関係の話が続きます。

 

頼まれたからと言って、何でもかんでも記事にするわけではありません。

私のブログを長らく読まれている方は、生粋のアンチ滝沢泰平だという事を充分にご存じでしょう。

スピリチュアルな世界に引きずり込まれてから早々、彼のことや船井のことに関しては、結構な具合で記事にし続けています。

関連記事一覧

中丸薫と船井幸雄と天下泰平の共通点。その1 依存と自立

中丸薫と船井幸雄と天下泰平の共通点。その2 アセンションビジネスとどう付き合うか

無自覚でカルトに向かう

自分探しが辞められないスピ系君

船井幸雄氏が最後に残した本音。

スピリチュアルが危険な理由。

スピ系で商売する人の前世がいけてなかったとしたら?

【偽スピ報告書④】書籍から見える世界:出版社別書籍数

【ペテン師】天下泰平☆滝沢泰平の正体

【偽スピ報告書⑨】書籍から見える世界:著者別分析:滝沢泰平、望月俊孝、鳴海周平

 

これだけ書いているのですから、もうこれ以上書く必要がないと個人的には思っています。

ただ、今回情報をお寄せ頂いた方の内容は、事実として被害者が多数生まれており、その事についてだけ、注意喚起を促してほしいという内容でした。

しかも、それが嘘ではなく事実であると確信できる程、被害にあわれた方たちとのやり取り情報をスクショで大量に頂きました。

ですので、多くの人がこれ以上被害にあわないようにするために記事にしておこうと思いました。

 

滝沢さんがプロモーションしている新月紫紺大さんは危険

ここ最近滝沢さんが積極的にプロモーションしていて、先日モンゴルにまで一緒に行かれた新月紫紺大(本名:矢作大輔氏)さんから、セクハラ被害、パワハラ被害、金銭的な被害に合われた方たちの大量のスクショを頂きました。

「新月の元でバイトをしながら、画家としての心得を学びませんか?」という投稿を滝沢氏がしたことにより、多くの何も知らない人々が新月に近づいてしまった。(投稿者談原文ママ)

結果、セクハラ被害、パワハラ被害、金銭的な被害に合われてしまった滝沢さんの読者さんが沢山いるそうです。

頂いたスクショの一部を公開しますね。

 

私にスクショを送ってくださった方は、以前より滝沢さんに直接注意喚起をされておりました。

ちなみにその方が、新月さんの危険性を知ったのは、そもそも滝沢さんからだったと言うことなので、スクショを送ってくださった方よりも、よっぽど滝沢さんの方が、新月さんの闇の部分をご存じなはずです。

しかし、滝沢さんはブログなどで新月さんをプロモーションして絵を売るだけでなく、八ヶ岳の彼のアトリエに読者を引き入れることに一生懸命です。

実際、滝沢さんが紹介しているからという理由で、八ヶ岳に足を踏み入れて、新月さんからパワハラやセクハラの被害にあったという人もいるのに、本当に責任感のない人ですよね。

 

被害者が出ているのは当然彼も知っているはずですが、彼は聞く耳を持たず、ビジネスに一生懸命です。

だから、困りかねてその人は、私に相談してきたのです。

私に大量のスクショが送られてきてしまったのは、滝沢さんがなんらこの問題に対して手立てをしてくれないからでしょう。

 

 

ちなみに、私にスクショを送ってくださった方が、滝沢さんとのやりとりで、他にがっかりされたことの一つとして「ビジネスマンでありたい」と彼が言ったことと仰っていましたが、ぶっちゃけ「そうでしょうね」としか言いようがないですね。

私は彼を知った直後から今日まで、彼はスピリチュアルを媒介にしたヒルズ族を目指している人にしか見えません。

始めて知った日から今日まで一貫して、いい人気取りで責任感のないビジネスマンにしか見えないです。

自分の商売(金回り)さえ上手く行けば、後はどうでも良い人だと思います。

前にも記事にしましたが、人の名前で勝手に本を出しておいて、その人がはっきりと被害の事実を訴えても、謝りもしないですからね。

【ペテン師】天下泰平☆滝沢泰平の正体

自分の読者が八ヶ岳のアトリエに行って、何が起ころうとしったこっちゃないのでしょう。

滝沢さんのせいで傷ついている人がいることに何も感じない鈍感さがあるから、積極的なプロモーションができるのでしょうね。

それよりも彼にとって大事なことは、高額な画家の絵を売ることなのでしょう。鬼畜ですね。

 

 

ということで、ただ今滝沢さんが絶賛プロモーション中の新月紫紺大(本名:矢作大輔氏)には気をつけてください。

特にアトリエの中に入り込むなど、直にお会いしたりすることは危険ですので、止めておきましょう。

 

追記

滝沢君って知れば知るほど、イケハヤっぽいよね。

そして、イケハヤ君ところの管轄でも同じようなセクハラ被害が出たけれど、彼も知らんぷりだよね。

そういうところもそっくりだよね。

↓詳細はこの記事で↓

 

追記2:

こちらのコメント欄に滝沢泰平さんご本人からコメントを頂戴致しました。