【笑いが止まらない!】馬鹿が馬鹿の網にひっかかる!

毎日世の中の情勢が大きく変化してますね(笑)

昨日は、日米首脳会談の事よりも財務省のセクハラとか、新潟県知事の買春とかばっかりで、

一体この国はどこに向かう気なんだ!と

イライラマックスでしたが、今日になって想像以上に美味しい展開が始まってる事に気がついてしまいました(^_^)

 

馬鹿が馬鹿の作った特大の網にひっかかかっています!

以前より何度もお伝えしておりますが、波動乖離がはっきりしてしまえば、低波動の人たちが向かう矛先は低波動にしかなく、結論低波動どうしが揉め合い自爆していくとお伝えしております。

ちなみに、波動領域が変化し低波動同士が戦う仕組みは去年の夏頃から既に始まっています。

所謂低波動の縮図となっている既得権益側の人たちというのは、オールドメディアや野党を筆頭に世の中を牛耳る権力を持ち合わせているがゆえに、責任感がない上に往生際の悪い醜態を毎日見せられる事となり、否が応でも触れあうだけでイライラを感じさせられる事が続いておりました。

ですがね……今日改めて、財務省のセクハラとか、新潟県知事の買春問題とかのことをきちんと見直していたら、馬鹿が馬鹿が作った特大の網に自らひっかかるっていうことが起きているということがどんどん理解できていて、飯ウマ、酒ウマですよ(^_^)

ざっくりどことどこがどんな風に揉めてるのか見ていけば、きっとあなたも飯ウマ、酒ウマになるはず!!!!

ってことでお伝えしちゃいますね♪♪♪

 

Me tooでいきり立つ馬鹿な女たちばかりを抱えるパヨクの闇

セクハラ問題で辞任となった財務省事務次官のお相手はテレ朝記者であることが突如分かりました。

昨夜未明にテレ朝は記者会見を開いて、今さら財務省に喧嘩を売るという芳ばしい流れが始まっております。

そして、今朝のテレビではその記者さんと財務省事務次官との会話の流れが全公開されたようでwwwwww

是非皆さんに読んで頂きたいのですが、

はっきり言うと、これのどこがセクハラっつー話なんですよね(笑)

私から言えば。

っていうか、左派は無駄にセクハラっつーことを重大な問題に掲げているからこそ、内部にいる方とかも男子と女子の違いをわざわざ肌に感じなきゃいけない無駄なことをしていると思います。

だけれども、この会話の行間をしっかり読めば、事務次官は常にエロいことを言って会話をはぐらかしているに過ぎないんですよ。

つまりね「お前にやる情報は無いよ!帰れよ!」って遠回しに言われているに過ぎないですよ。

しかもですね、セクハラだ!セクハラだ!けしからん!って世の中言いまくりますけれどね、こういうのって若い女の特権でもあるんですよ。

私は若い頃、おじさんたちに心底可愛がられたからよく分かります。

女って、楽だな!ってあの頃心底思いましたよ。

なぜって、若い男が権力持ってるおじさんと飲みに行こうとしたって、誰もそんな誘いに乗ってくりゃしないのですよ。

でも、若い女が「飲みに行きましょ!」って言えば、おじさんはすぐにスケジュールを空けてくれます。

しかも、良い店連れて行ってもらって、ご馳走してくれます。さらに、仕事で分からないことを聞けば、みんな親切に教えてくれます。

接待であれば、権力者の横に座れるのは一番若い女です。

私は本当にあの頃、これほど有難いことはないよなって心底思いました。

女は実力などなくても、愛嬌さえあれば権力者に可愛がられるのですよ。

一方で、男子は接待の場であればあるほど、どんな実力者であっても、男性の上下関係に応じて小間使いになります。若い女子には簡単に教えてくれる情報も、男子には絶対教えません。

私にはこんなに簡単に教えてもらえる情報が、男子には教えてもらえないって、本当に世の中は理不尽だなと思いましたが、これは生物学的に仕方の無いことだとも思います。

おじさんは、若い可愛い女子にはどうも緩むんですよ。しかも、おじさんたちは若い女子によく思われようとしていつも頑張ってくれるから、どんどん情報をくれるんですよ。

私は権力者の横に座りながら、「男子って大変!女子って美味しい!」っていっつも思ってました。

だからでしょうよ、ジャーナリスト業界で女子がそういう場に送り込まれるのは。

セクハラだ!セクハラだ!とか世の中騒いでいると、そういう情報は枕営業的なことしないともらえないから、女子は体はって情報取りに言ってるって思われるかも知れないけれど、本質的な情報を取りに行ける女子は、絶対に服なんて脱がないですよ(笑)

だって、可愛がられてるだけで、教えてもらえる範囲のギリギリの情報なんて、確実に落ちてくるもん。

そのギリギリの情報はいつも男子には絶対落ちてこないけれど、若い女子には何故か落ちるんだよね(笑)

それにね、権力あるおじさんには立場ってものがあるので、どんなに下ネタ全開で挑んでこられても、ギリギリのところでちゃんとみんなブレーキかかりますよ。だから逆に権力者のおじさんとは、いっつも気持ち良く、私は飲みに行けましたよ♪♪♪

そういうのが、テレ朝記者さんには分からなかったのかな?

相手がテレ朝記者さんなら、財務省のおじさんたちは必ずギリギリブレーキで遊ぶ感じ分からなかったのかな???

 

で、さっきのやり取りに戻りますよ。

これはね、この子が確実にこの事務次官から嫌われているレベルでからかわれているって私は思うのですよ。

で、良いのか悪いのか分からないけれど、事務次官は「記者ならこのレベルなら言っても怒られないはず」っていうレベルで情報を迂回するために、エロネタ押し込んでいるんだけに私には見えるんですよね。

だからね、エロネタ真に受けてんじゃねぇよ!って話だと私は思います。

暗に「お前には情報はやらないよ」と相手にそっぽ向かれているという事に気がついてもいいんじゃないでしょうか(笑)

そういうコミュニケーションのいろはも分からず、さらにエロいことを言われたら全てセクハラっていう左派業界ならではのイミフな心労もあるからこそ、これは今大問題になっているだけだと私は思いますよ。

さらに面白いことにですね、Me too活動でも張り切っている東京新聞望月イソコがですね、案の定これに噛みついてるわけですよ。

笑う~!

女だからこそ美味しい場所にいられる有り難みを噛みしめることなく、すっかりそれを忘れて、それがセクハラですか(笑)

笑う~!

花の命は結構短いぞ!すぐにおばさんになって、権力者の横になんてぬけぬけと座れなくなる時代にすぐなるんだぞ!

本当に花の命が短い一瞬だからできる美味しい展開だったって、BBAになって初めて気がつくことができるんだぞ!っていうか、既にイソコはBBAなんだぞ!!!!気がつけよ(笑)

そこを女性記者が否定しちゃいますか(笑)

しかも、これをセクハラだなんて言われたら、もう省庁からの特ダネだなんて女性だからなんて理由で降りてくることなくなっちゃうのに(笑)自らその芽を摘みに言ったね(笑)

セクハラだのパワハラだの、世の中に無駄に広めて、そしてそのおかげで仕事しにくくなった人も多くなったのに、結果それを広めた左派が自分で自分の首を絞めてて、超楽しい!

しかも敵対関係になってるのが、テレ朝VS財務省ですよ。

これまたどっちが転んだって美味しいじゃん!

さらに今後の展開として予測されるのが、左派の女たちが、無駄にMetooにいきり立つだろうっていうこと。

しかも、その相手は今回のテレ朝VS財務省に象徴されるように、既得権益VS既得権益だったり、左派vs左派だったり、クズvsクズになると思われます。

本来自分たちの陣営を自分たちで潰しにかかるだけになるだろうと予測されるのですよ(笑)こんなに面白い展開ってないですよね(笑)

テレビはいちいち、世の中のセクハラが~だの、日本の男尊女卑が~だの、深刻そうに伝えてくるでしょうが、全部右から左へ聞き流しましょうね。

セクハラだの、パワハラだの、問題を作り問題を大きくしてきたのは、単純に彼らなのです。

そして、今彼らが自ら作った問題にむきになり、憤り、そしてその網にはまって地獄を体感しているだけなのです。

もうコントだなと思って笑いましょうよ(笑)

最高ですね!