【混乱の要因】何でも間を取ろうとすると陥るドツボ

↓一日限りの無料講座開催します☆↓

↑是非来てね♪(事前予約制)↑

 

↓先ほど書いた記事↓の補足です。

 

 

全てを和で捉えると陥るドツボ

情報社会や国際社会の上で、日本人が最も気をつけなくてはならないのは、和を重んじる心です。

全ての人と分かり合おうとする和の心は本当に素晴らしいものですが、そんな民族性を持ち合わせているのは地球で日本くらいのものです。

日本人は他の国の人もついうっかり自分たちのような穏やかな民族性を持ち合わせていると考えてしまいがちですが、そういう民族性を持ち合わせた上で先進国入りできたことの方が世界的に見れば奇跡であり、逆に言えば「とんでもない民族」なのです(笑)

日本人のお人好しさは時に仇になり、武器でもあります。

結果、国際的にはこのお人好しさは功を奏すこととなり、明治維新の開国後150年間の時を経て、敗戦国であり続けながらも国際社会を引っ張っていけるブランド力を獲得しています。

世界の国々から、日本は信頼できる国、嘘をつかない国、正直な国という評価を頂いているのも、日本人の和を重んじるお人よしさあってのことでしょう。

また、他国がお得意のプロパガンダの流布や情報戦略にはめっぽう弱い日本人ですが、日本のアニメやゲームが世界的に人気を博してしまった結果、国家的なプロパガンダ活動は全然していないのにも関わらず、他国が羨む程のもの凄い数の親日外国人を誕生させてしまいました。

大局で見れば、ついつい和を重んじてしまう日本人のお人好しさは、善い結果を生んでいます。

ただ、気をつけなくてはならないのは、国内の問題です。

現在の日本は、少数の人々の意見の声も聞き入れようとし続けた結果、どうしようもなく無責任な振る舞いをする人たちに国の中枢に入り込まれ、不利益極まりないことを強いられる環境を作り上げています。

どうしてこうなってしまったかと言えば、「全てを和」で捉えてしまったからだと私は考えます。

物事の中には、和で捉えるべきことと和で捉えたら駄目なことがあるのですが、何でも分かり合おうとしてしまった結果、様々なことに矛盾が生まれてしまって、ルールも滅茶苦茶になってきているんですね。

結局これが私たちの日常を最も苦しめていることでもあるんです。

なので、この記事では、折り合いをつけるべきこととそうでないことをお伝えしたいなって思います。

 

絶対に歩み寄れないイデオロギーとは……

イデオロギーというと、一般的には政治思想を指します。細かく言えば正義思想の中での右左のどちらに属するかなどを定義する時に使われます。

右左どちらの意見にも耳を傾けることはとても大切なことなのですが、こと日本国内においては、このイデオロギーというものに気をつけなくてはなりません。

なぜなら、先ほどの記事でも指摘しましたが、日本の野党やメディアの主張は、右左というイデオロギーを飛び越えて、単なる人治主義の主張だからです

つまり土俵が違うんです。

次元が違う話を右左というイデオロギーの中でしているんですよ。

もう国内政治における会話は右左ではなくなっています。

単に民主主義と人治主義の言い争いみたいなものになっています。

こういう中でお得意の「和」を我々民主主義者が発揮してしまうと、発揮してしまった側が怪我をします。

なぜなら、人治を少しでも受け入れた瞬間から法治(民主主義)は崩壊するからです。

たとえば、人治主義的な野党の言い分を受け入れて半分歩み寄ったとしましょう。つまり、民主主義と人治主義の間を取るということですね。

すると定義上は、半分は法のルールにのっとって、半分は感情任せってことになりますね(笑)

このルールの上でも人治は成立できますが、法治は完全に崩壊することになります。

だって法治というのは、ルールを守ってこそ意味があるんです。それを時によって守っても良いし守らなくてもいいってなったら、それは既に民主主義じゃないんですよ。

オール人治主義なんですよね。

だから、彼らに「和」を発揮しちゃいけないんです。「和せず、同せず」でなければなりません。

人治主義と民主主義は次元の違う考え方で、人治で行うと不幸が多いから、よりましな統治方法として民主主義があるのです。

民主主義は完璧でもないし、穴も沢山ある主義ではありますが、人治主義と比べたら億万倍ましな統治方法なんです。

以前有事シリーズで半島メンタルの主張は一ミリたりとも受け入れてはいけないって言っていたのはこういうことでもあるんですね。

ほんの少しその要求を受け入れた時点で、次元低下するほどの変化が起きてしまうのです。

だから和を発揮してはいけないんです。

そもそも彼らの主張は左なイデオロギーではなく、人治主義という別次元のイデオロギーであることを心得ましょう。

 

男女平等にすればするほど世の中はおかしくなる。

後もう一つ伝えておきたいことが男女のこと。ジェンダー問題。

 

最近の野党はジェンダー問題に躍起ですよね。

LGBTだの性的マイノリティを利権化するために奔走したり、男女平等と言いながらフェミニズムのごり押しを繰り返したりと……。

見ているこちらが辟易するような矛盾を繰り返しています。

先に言っておきますが、野党の人々がこの問題に積極的なのは、心底ここに問題を感じているからではありません。

単なるビジネスです。

隙間産業的に様々な分野のマイノリティを対象に、新たな被害者ビジネスの利権化を図っているだけなんですね。

彼らはビジネスのために、特別不平等など感じていなかった私たちの日常に不平等を植え付け差別を感じさせます。

つまり、問題は彼ら自身が作っているんですね。

↓関連記事↓

 

男女平等言うけれど、元々性機能も役目も興味も違うのが男女です。

これこそ日本の古くからの言葉「和して、同せず」の言葉まんまに、互いの違いを認めって仲良く暮らすことが大事です。

しかし、人知主義で単なる利権ビジネスがしたいだけの野党の人々(主に社民出身者と共産党)は、男女の同一化こそが平等だという絶対に実現不可能な理想を追求することで様々な場所にトラブルを引き起こし、そのトラブルをビジネスの糧としています。

人治主義と民主主義の間をとってみたように、男女の間をとってみましょうか。

男女の間を取るということは、一人の人が半分男で半分女って言うのが理想ってことになりますよね。

つまりはジェンダーレスってことです。

男と女しかいないこの世で、男でも女でもないという事を創り出そうとしているのが、男女平等です。

本来ある性の違いに存在する互いの良さすら彼らは消そうとしています。

私たちはどんなにあがいでも、男か女かに生まれてきます。

そこを平等化する必要はないんです。どこまで言っても男女の興味は違います。求めるものも違います。

追及すればするほど、互いの違いが浮き彫りとなり問題が大きくなって気が付くと「和せず、同せず」の気持ちを作り上げてしまうはずです。

平等なんて言葉は必要なくて、ただただ互いを尊重するだけで良いのです。

平等になろうとする方法を考えるのではなく、どうやったらみんなが仲良くできるかだけで充分です。

 

日本ではついうっかり彼らのような自己利益しか考えない人治主義者が政治の世界に沢山いることによって、問題にする必要のない問題を社会問題化させていたり、彼らの言い分をついつい聞き入れることによって、民主主義が知らず知らずのうちに崩壊させられています。

だから彼らとは「和せず、同せず」が必要なんです。

 

誰とでも仲良くすることはもちろん良いことですが、

時には「和せず、同せず」が必要であることを見極める癖をつけていきましょう。

今が正念場です。

 

今日のリンク集

↓一日限りの無料講座開催します☆↓

↑是非来てね♪(事前予約制)↑