【眞子内親王殿下】ご婚約延期と波動上昇の影響

昨日とてもびっくりするニュースが飛び込んできました。

眞子内親王殿下におかれましては、大変お辛い気持ちと戦っていると思われますので、記事にしようか迷いましたが……。

これは、波動上昇の影響であるだろうとどうしても私は思ってしまうところがあるので、この件を取り上げ、波動解説をします。

 

波動上昇が起きると現実世界の出会いと別れが加速します。

眞子内親王殿下のご婚約延期についてお話させて頂く前に、波動上昇とそれに伴い起きることについて確認しておきましょう。

波動上昇が断続的に進むと、波動が高い人と波動が低い人の間に、どんどん溝が生まれていきます。

この図の詳細【朝鮮有事を無害化させる波動の使い方【図解式】

今まで私たちが住んでいた世界というのは、波動が高い人も低い人もごちゃまぜで、波動の低い人たちは、波動の高い人たちの鋭気やエネルギーを吸い取り、我が物顔でこの国の中枢に上り詰め、思想全体が我欲の好物になるように彩られ続けました。

しかし21世紀に入ってからの地球は、星の並びなどの影響を受けて、徐々に粗い波動から、本来あるべきクリアな波動に変化してきました。

そして、2012年の地球の大改革となる星の並びを受けてから、徐々にクリアな波動の影響力が強くなっています。

ただし、どちらの波動を選択するのかは一人一人の意志にかかっているため、今まで通りの我欲の強い世界を選択するのか、それとも分かち合いを軸とした大我と繋がる世界を選択するのかは本人次第です。

その大きな選択となる年は、実は2017年(去年)でした。

無自覚にせよ、自覚があるにせよ、誰もが自分に従った心の選択を既に終えています。現在は、その波動選択によって、それぞれの世界にあった現実が顕在化されているに過ぎません。

下記の図のように↓

→こちらの記事の詳細【☆ざっくり説明☆波動に関するQ&A編【図解式】

波動がクリアな世界を選択した人は、日に日に自分の置かれている日常が穏やかな世界であると実感していきます。

一方

今まで通りの波動が粗い世界を選択した人は、日に日に自分の置かれている日常が殺伐かしていき、地球滅亡を含めたこの世の恐怖に怯えるようになります。

しかも、今までの世界は波動同期と言って、波動の高い人も低い人もごっちゃまぜの世界でしたから、波動の低い人たちは高い人たちからエネルギーを吸い取ってなんとか普通の人のように生きられることができました。

→こちらの記事の詳細【☆ざっくり説明☆波動に関するQ&A編【図解式】

しかし、波動上昇が断続的に起こって行くと、波動の高低の差違が大きくなるため、高い人から低い人へエネルギーが流れなくなります。これを波動乖離と私は呼んでいます。

ですから、今後の世の中は、それぞれの心根に沿って、クリアな波動を選択しその波動に合わせて生きていこうとする人は、日に日に幸福感が増す日常が積み重ねられ、

一方で、

粗い波動の世界を選択した人は、日に日に荒々しく激しい我欲の世界で奪い合う喜びを糧に生きていくことになるでしょう。しかし、既にクリアな波動の人たちからは奪えなくなっていますから、低い物同士でエネルギーを奪い合う無残な光景が創られていくに違いありません。

 

波動の高低に差があると別れが生まれます。

眞子内親王殿下にはお幸せになって頂きたい思っていると国民の一人として、お祝いの言葉を以前記事で書かせて頂いたことがあります。

眞子内親王殿下おめでとうざいます♪

このような記事を書かせて頂いてはおりましたが、既にこの時からネット界や私の知人界隈では小室さんの黒い噂は飛び交っていました。

とはいえ皇室は日本の象徴であるがゆえに、それを利用したい輩はごまんといます。黒い思惑を用いた人がなんとかその中に入ろうと試行錯誤するのはある種理に叶う行為とも言えます。

そして、日本全体の波動が低ければ低いほど、そういった輩の餌食になりやすい環境が生まれます。

この件に関する詳細はこの記事で確認ください。↓

だから、小室さんとご結婚するのは、心配だなとは思っていましたが、このような選択になられたのであれば、国民の一人としてお祝いするしかないなと腹を決めていました。

 

しかし、今回眞子内親王殿下の婚約の延期は、白紙化と呼んで良い物です。

ちなみに、「ご結婚が延期された」と思っている方も多いと思いますが、違いますよ。まだお二人はご婚約も正式にされておりませんので、結婚延期ではなく婚約延期が正しい解釈です。

どれくらい白紙化なのかは、竹田先生にご説明して頂きましょう。

眞子内親王殿下のお話は「26分50秒から」です。

 

つまり、お二人はお別れにならざるを得ない環境になったということ。

しかも眞子内親王殿下の意志ではない中で、引き裂かれる結果になったということ。

眞子内親王殿下のお気持ちを考えると大変辛うございますが、1月の終わりから2月3日の節分までに起きた波動上昇の結果がここに顕われたのだろうと私は思います。

 

敗戦を機に弱められてしまっていた日本の神々の力が、波動上昇の影響によって息を吹き返してきているのです。

敗戦から皇室は何度も弱体化を強いられ、皇室に相応しくない人々の出入りが盛んになりました。しかし、波動がクリアになり、見えない世界での日本の神々の影響力が強くなれば、それを神の力で阻止することができます。

それが起こっているのだなと、私はリアルに感じました。

 

是非この機会に、女性宮家と女性天皇、女系天皇のことについて学んで頂けたらなと思うので、次の記事では、このことについて参考になる情報をリンクしておきますね。

 

今日のリンクまとめ

朝鮮有事を無害化させる波動の使い方【図解式】

☆ざっくり説明☆波動に関するQ&A編【図解式】

眞子内親王殿下おめでとうざいます♪

 

眞子内親王殿下のお話は「26分50秒から」です。