【波動上昇】自分軸を持つということ

今 世の中の波動がとてもとても荒れております。

とにかく大変です。

軸が定まってないと、あっという間に暗闇の中に自分がすっぽり収まってしまうような事が起こっています。

どんな事が起こってるのか、そして今何が必要なのかお伝えしますね。

 

今の波動上昇は、ある意味壮絶な波動分離

この間のあっこちゃんとの熱田ミーツで最近の波動上昇は質が違うねっていう話になりました。

その時に2人で導き出した分析が、今までは混ざり合うことなかった陰陽がぐるぐる一緒に動いてるのではないかというもの。

こんな風に↓(図はあっこちゃん)

この図の詳細はあっこちゃんの記事を見てね↓

 

まるで今の波動環境は、激しい嵐の中にいるような感じです。

嵐の中で、嵐に巻き込まれないようにするためには、建物でも植物でも軸がしっかりしてることが必要。

 

 

だから、結局このグワングワンした波動状況で自分を保つ為には、自分軸が必要なのだけれども、

結局その自分軸を揺らがないようにするために何が必要かと言えば、建物で言えば基礎。植物で言えば根っこが何より必要です。

 

軸を保つ為に必要なのが、根っこ。

私が20代の頃から、ずっと尊敬し、そして指導してくださっている高山先生は、口癖のようにずっと仰っている言葉があります。

「人の根っことなるものは、教養だ。日本人としての教養だ」

「小手先のテクニックをどんなに学んだところで、日本人が日本人としてあるべき器がなければなんともならない」

先生がなぜこんなことを仰るかと言えば、

戦後の日本人ほど、日本が分からないという残念な事が起こっているからです。

 

つまり、先の大戦に敗れてしまったことによって、多くの日本人はこの根っこがグラグラです。

だから、先生は根っこを作らなければならないという信念の元に、20年前から根っこネットワークというNPO法人を立ち上げ、日本人らしいたくましさを身につけた人を育てる活動をずっと続けておられます。

私は仕事の関係でたまたまお会いした先生が可愛がってくださり、そしてなぜだか私のメンターを買って出てくださるようになり、そのおかげでたくましい人へと成長させてもらうことができました。

 

 

根っこを育てる方法

高山先生が仰るには、根っこを育てるために必要なことが大きく二つあります。

①現実から逃げないこと、現実を把握しきちんと受け止め、前に進むこと

良ければこちらのブログを参考にしてください。

②日本人とは何たるか、体感を用いた教養を身に着けること。

 

 

実は日本を知らない日本人

多くの人は、自分が日本を知らないなどと、思っていません。

たとえば流行りのスポット、お洒落なブランド、人気アーティストやタレントの事はよく知っています。

もちろん日本語も話せます。

国籍だって日本人です。

 

でも、一歩海外に出てみると日本人の多くはこう思います。

「全然日本のことを知らない」

 

たとえば、外国人に着物着せてと頼まれた時…………困ったと思う人のが多いのではないでしょうか。(ぶっちゃけ私は去年の今頃だったらすっごい困りました)

他にも、こんな質問をされたらあなたはどう答えますか?

なぜ、天皇はいるの?天皇ってどういう存在?

なんで天皇は男性じゃないとダメなの?

神社とお寺の違いって何?どうしてどっちでも七五三とか似たような行事をやるの?

神社って結局なに?仏教やキリスト教と何が違うの?

なんで日本人はお寺も神社も教会にも行くの?なんで沢山神様がいるの?

日露戦争では勝てたのに、どうして日本はアメリカに負けたの?

どうして日本の治安はいいの?

どうして日本人は自分の国の事を悪く言うの?

日本って建国何年?

なんで日本のアニメはこんなに面白いの?

 

あなたは幾つ答えられるでしょうか。

私たちは、小中高と12年もの時間をかけて学校教育で様々な事を学ばされているのに、知ってて当たり前であってほしい根本の教育を敗戦の影響で奪い取られてしまっているため、多くの大人がこういったことが分からなくなってしまいました。

日本人の根本が、日本の根本が分からないということは、つまり自分という根を失っているんです。

ただし、現実と常に向き合い、自分を正すことを常にしている方は、たとえ上記の事が今現在分からなくても、自分で育てた根っこがあるからなんとかできます。

 

この時期、一番ヤバいのは、どっぷりスピリチュアルな理想主義者とパヨク活動家

ヤバいのは、辛い現実から逃げて、スピリチュアルな情報に依存気味になっていたり、日本の事が分からないからこそ、変な活動に躍起になっている方々です。

特に日本の国体が「君民一体」だという事実に気が付かず、権力悪の図式で世界を捉えている人は重々注意された方が良いと思います。

悪いのは安倍だ~ってつい思っていたり

この国を救うのは枝野しかいない!って思っていたり

現在の状況でも、北朝鮮とは話し合いで解決できると思ってたり

沖縄米軍がいるから戦争が起こると思ってたり、

国境があるから差別が起こるんだ!地球平和のためには国境などいらないと思ってたり

する人は、

ガチで今回の波動上昇は試練だと思うので、この先しっかり読んでほしいです。

 

 

スピリチュアルにはまられる方は、結構な具合でフリーメーソン系の陰謀論に嵌ります。すると考え方が、圧倒的に権力悪に傾き、元々君民一体である日本というお国柄をすっ飛ばして、打倒権力に突っ走ります。

もしくは、世の中の全体像(国際政治の根本や状況)が分からずに、地球平和を声高らかに叫んでしまいます。憲法9条を固辞しよう!とか、差別のない社会を作ろうなど、現実と向き合わない理想の主張に恍惚感を覚えるようになります。

これは地球における日本の特徴や必要性が分からないからこそ出来てしまう行為であり、逆に言えば、なぜあれほどまでに日本は海外と戦い続けたのかが分からないから言えることでもあると思います。

そして、そもそもの問題は、日本のことを分からないまま大人になってしまえる環境にあると言えますが、だからと言って天はこのような環境に置かれたからと言って、現代日本人を甘く判断してくれるわけもなく、誰もが因果応報、道理に沿った現実が与えられることになります。だから気を付けてほしいです。

またスピリチュアルに嵌っている人は、学校教育における洗脳の上に新たに同じ傾向の洗脳を重ねていくために、西洋的な宗教イデオロギーががんがん詰まったスピリチュアル情報にのめり込んでいきやすく、ここに行動が伴うといよいよ手が付けられなくなります。例えば集団お祈りなど、同じ思想で集まって行動しようという行為によって、思想のカルト化が始まり、必ずヤバい方向に進んでいきます。スピリチュアルという言葉に踊らされて綺麗なことをしてるつもりだけど、やってることは、辺野古で平和を叫ぶパヨク活動家と変わらないと思います。

つまり、この人たちが理想郷に続くと思って歩んでいる道は、実は地獄街道です。

大事なのはみんなで一緒に祈ることより、今日の自分がどう生きるのか。どう考えるのか。どう前に進むのかだけです。

 

この時期、とにかく現実だけと向き合いましょう。

今求められているのは、今日一日あなたがどう過ごすかだけ。

今日一日を明るく平穏に過ごすことだけに集中しましょう。

できれば自分の周りを明るく照らす灯りになることに集中して一日を過ごしましょう。

それはそんなに難しいことではありません。

挨拶を大きな声でしてみる。知らない人にも挨拶してみる。

いただきますを大きな声で言う。

食物の味をしっかり楽しみ、食物に感謝をする。

寝床に感謝する。

自分の周りに感謝する。

 

地球を良くするのも、悪くするのも、実はほんのささいな私たちの小さな心がけ次第なのです。

遠くの大きな理想なんていらないんです。

今日も明日もコツコツと一日を明るく過ごすことが、実は大きな理想の一歩に繋がります。

本当にそれだけなんです。本当はそれだけなんです。

特に波動が荒れてる時ほど、こういった目の前にある現実の些細なことに集中し、些細なことを怠らず向き合うことが大事です。

そして、理想を語る人ほど、現実と向き合っていないことが多々あります。どうか自分に厳しくして、目の前にあることをじっと捉えてください。

 

まずは

①現実から逃げないこと、現実を把握しきちんと受け止め、前に進むこと

を意識して

そして余裕があれば

②日本人とは何たるか、体感を用いた教養を身に着けること。

を学んでください。

 

特に日本の教育は、古代史と近現代史を省く傾向があります。

スピリチュアルな人たちは割と古代史だけが好きで後はどっぷり全部外れてることが多いので、ぜひ幕末から明治以降の近現代日本について本を読み学んでみてください。

そして余裕があれば、奈良、平安、室町、戦国、安土、江戸時代も一つずつ学びなおしてください。

大人になって学びなおすと、学生時代とは違う発見が沢山見つかると思います。

 

とにかく今一番大事なのは

①現実から逃げないこと、現実を把握しきちんと受け止め、前に進むこと

高山先生の言葉を参考にして、この時期是非乗り切ってください!

 

 

おまけ

なぜかあっこちゃんが根っこネットワークという絵を描いていた件!

信頼しあうとすごく通ずるようになるのかな??

共同作業を始めてから、シンクロ率が異常なまでに高まってて驚きの毎日です(笑)