【異なる価値観】ケチャップが気になる日本人と盗んだエビを振る舞う韓国人

今回トランプ大統領へのおもてなしの対応で、国民性ってあからさまにでるんだなぁと思いました。

そして、日本と韓国の価値観はここまで大きく違うんだなぁとひしひしと感じています。

ついつい日本人は、私たちの価値観や考えの基盤を他国の国民も持ち合わせているものと考えてしまいます。

しかしながら、私たちの失敗はいつも「ここ」にあります。

地球上で最も稀有な価値観を有する日本人が、他国と自分たちが同じ考えだと思い込んでしまう事。

ここに多くの誤りの出発点があります。

日本と他国の価値観はどう違うのか、今日は韓国との比較で勉強してみましょう。

 

トランプさんに提供する食事で日本人が気になること

 

この一週間の報道で、トランプさんが大のケチャップ好きというのは多くの人が知ることになったのではないでしょうか。

お肉は常にウェルダンでケチャップを沢山かけて食べるのが大好きなトランプさん。

「そんなトランプさんに日本の食事は合うのだろうか??」

やっぱり全部にケチャップかけちゃうのかな。

できればかけないで味わってほしいな。

美味しいと思ってくれるかな。

どうかな?

日本人の気質は、常に相手がどう思うかって所に向けられるわけで……。

 

だからこそ、テレビではいちいちトランプさんがケチャップかけたかかけなかったかがみんな気になるわけで、

「ケチャップかけずにトリュフソースで頂いたそうです!」

と報道が出ると、

なんでか知らないけれど

「良かった」

と胸を撫でおろす。

これが日本の国民性だと思うのです。

 

自分のしたことが、相手を喜ばせることになっているのかどうなのか、それが気になります。

 

一方の韓国ではどうなるでしょう。

 

トランプさんに提供する食事で韓国人が気になること

 

これまた気になるのは日本なんですよ。。。

本当に大統領としたら大迷惑ですよね。

独島つーのは日本の島根県の竹島であって、日本の領地です。それを独島と呼び、そこで収穫したエビを振る舞うって。

盗んだエビを国賓に出してるんじゃねぇよって話ですよ。

しかも美味しいの?っていうと、既に見た目そうでもなさそう。家庭料理のレベルですよね????

さらに360年前の醤油ですよwwwwww

これも日本に勝ちたい一心なんでしょうね。

醤油は日本発祥の調味料ですが、韓国お得意の起源主張をしたい気満々じゃないですか。

つーか、韓国にはそもそも200年続いている企業がないんですよ。

そんな韓国で360年前の醤油って怪しいじゃないですか。

この360年前の醤油って誰が管理していて、今提供されてるの?

これって美味しいの?多分美味しくないでしょ?って話なんですよ。

エビも醤油も、美味しいとか度外視で、まさにライバル日本を敵視した献立作り。

目の前にいるトランプさんがすっ飛んでますよね(;^_^A

これが韓国だと思うんです。

目の前にいる相手の気持ちよりも、まずは自分の主張。

自分が大きく見えることが大事なのだと思います。

 

こういった民族性の違いや国民性の根幹にある違いをきちんと理解した上で、物事眺めるようになると感情が荒がることが減りますよ。

自分とは違う価値観や行動パターンが存在して、それにより起こっていることが分かることってとっても大事だと思います♪