【熟読希望】地球のルールが変わります。

今地球は劇的な波動上昇を続けています。

波動上昇によって多くの人々の心に変化が生まれ、さらにその変化によって地球は波動上昇を続けています。

すると、今までの地球のルールとの変容が生まれます。

今まで影に隠れていたルールが表に出てきます。

今日はこのことについてお伝えしますね。

大事なことなので、熟読してもらえたらとっても嬉しいです。

地球は8月8日を境に、我欲の高い者が生きずらい世界に変化しています。

今年の8月8日を境に、地球のメインとなる波動領域帯が変わりました。

上にリンクを張ったメッセージでは、

我欲の高い者が世界のメインストリームに介入できることは少なくなると伝えられました。

それから1ヶ月半ほどして、政界に大きな変化が起こりました。

 

民進党が突然無くなりました。そして、我欲の高い者同士が言い争い戦う混乱が始まりました。

詳しくはこちらの記事をお読みください↓

8月8日頂いたメッセージ通り、我欲の高い者たちの振り分けが目の前で行われています。

戦後の日本、そして地球は我欲が強い者たちによって創られていた世界だからこそ運営できるルールがありました。

まずはそれを説明しますね。

 

我欲の高い者が牛耳る世界は、宇宙の結びつきが希薄になります。

人間は宇宙からのエネルギーをもらって生活していますが、我欲指数が高くなり波動が粗くなればなるほど、そのエネルギーをもらうことはできません。

今回の政界事変で、多くの政治家の我欲が如何に高い位置にあるのか気がついた人も多いでしょう。

こういう人たちは、宇宙からのエネルギーをもらえておりません。

また、宇宙からのエネルギーをもらえず、宇宙と乖離した状態にいるため、宇宙にあるルールが適用されにくくなります。

檻に入れられた閉鎖された社会こそが、真実だと思って誰もが歩み、その檻から誰も抜け出そうとしない。

その檻は人の想念によって生まれたものであり、本来は存在しない檻であり壁なのだ。

風穴を開けても、それを真実と思う想念によって、その檻はなかなか壊れることをしなかった。

だけど、2011年の3月に日本で起きた大きな災害によって、どうにもこうにも壊せなかった閉鎖された社会の檻に大きな穴が開いた。

【必要な方へ】宇宙からメッセージより

8月8日に頂いたメッセージでは、今までの地球は宇宙のルールが介入できないような檻のようなシールドが張られていたと言われました。

この檻は、我欲が強く、宇宙と乖離した人々がこの世界を牛耳っていたからこそ、作られていたものです。

ですが、波動上昇を続けていくことによって、この乖離するために存在していたシールドが壊れました。

そして、宇宙の影響を強く受けれる状態に地球が変化していくと、否が応でも地球に宇宙のルールが強く表れるようになります。

 

波動上昇によってもっとも強く表れる真理(法則)は?

出したものが返ってくる、因果応報

の法則が強く現われるようになります。

この真理の上で宇宙は成り立っており、元々の地球もこの真理の上で成り立っていました。

しかしながら、あまりに波動が荒く低くなってしまった地球は、先ほどお伝えした通り、宇宙の影響を感じない世界が成り立ってしまいました。

そして「出したものが返ってくる、因果応報」の法則の影響を受けにくい環境ができてしまいました。

だからこそ、他の人のことを顧みず、自己中心的な人が頂点に立つことが許されてきたのです。

そして、自己中心的な人は、必ず人を自分のルールで縛ろうとします。自由を生み出しません。

そして、そのような人たちにコントロールされた人々の心は、往々にして波動低下を引き起こし、我欲の共依存が始まります。

結果、宇宙がより介入しずらい環境が作り出され、人々はそれこそが真実であると勘違いする空間が生まれてしまいました。

それが私たちが生活してきた戦後の日本社会の実態であり、地球のほとんどの国が長い間営んできた歴史です。

参考記事↓

 

全てをまずは受け止めることから始めてください。

戦後から一貫して日本の波動は荒れ続けていました。

古くから大切にしてきた「お天道様が見ている」などの言葉は、宇宙真理を理解していたからこそ、波動が高い国だからこそ、顕現され続けてきた法則だったはずです。

だから、日本人の多くは、当たり前にそのルールを活かし守って生活をしてきたのだと思います。

しかし、戦後の日本は、敗戦によって国体をずたずたに切り裂かれ、波動の低い西欧のルールが敷かれました。さらに、共産党や社民党などの波動の低い者たちが国家運営の中枢に入るようになってしまいました。

財務省に入省している人のほとんどは、東大法学部出身ですが、この東大法学部こそが共産党イデオロギーの巣窟になっています。子供に教育を施す先生たちによって組織されている日教組は共産党フロント団体です。

また、GHQが朝鮮人を自分たちの傀儡として扱ったがために、波動の低い朝鮮人たちまでもが国家の中枢に入り込むようになりました。

だから、何千年も穏やかで波動が高い暮らしをしてきた日本人たちの波動が荒れてしまい、道理も何もかもが分からなくなってしまったのです。

しかし、その時代も終わりを告げました。逆に戦後思想のままで生き続けようとすればするほど、今目の前で政治家たちが繰り広げているような阿鼻地獄に落ちることになります。

ですからまずは

「出したものが返ってくる、因果応報」を意識してください。

全ては自分の責任で起きていることをしっかりと受け止めてください。

自分に無関係なことは一つもありません。何年も前のこと、何十年も前のことが一気に戻ってくることもあります。場合によっては、前世の因果が戻ってくることもあります。

波動が低くて作られてしまったシールドによって戻せなかったものが一気に帰ってきてしまうんです。だから誰もが覚悟が必要だと思います。

もちろん良いことばかりではありません。多くは苦難に感じることばかりが続くことになるはずです。

どんなことも人のせいにしてはいけません。社会のせいにしてはいけません。時代のせいにしてもいけません。

全て自分が創り出したこと、それを実感して受け止めさえすれば、全ては終わります。

そして、受け止めることによって、更なる波動上昇が生まれます。

とにかく逃げることなく、真正面から受け止めるようにしてください。

 

正直さで気を付けるべきこと。

出したものが返ってくる、因果応報の世界では、正直であることが求められます。

自分が心地よく生きるためには、正直にならざるを得ない環境にどんどんなっていきます。

だから、自分の素直な気持ちにまずは気が付いてください。

ただし、その素直な気持ちが我欲によって支配されていると、今目の前で政治家たちが繰り広げているような阿鼻地獄に落ちることになりますので気を付けてください。

 

「認められたい」、「愛されたい」、「お金持ちになりたい」などの欲求はご法度です。

認められたいのなら、周りを認めることから始めてください。

既に認められていることに気が付いてください。

愛されたいのなら、周りを愛することから始めてください。

既に愛されていることに気が付いてください。

お金のことは手放してください。真摯に生きることによって、必ずお金はあなたの所に巡ってきます。

 

「正義」は手放してください。

正義は我欲を必ず刺激します。だから手放してください。

※この点に関しては、別途詳細記事を書きますね。

 

多くの人は、正直さと我欲が結びつきやすい思考回路が形成されており、その思考回路によって、今後はより苦しむことになります。

出したものが返って来るということは

認められたい→認められる現実が返ってくるのではなく

認められたい→認められない現実が返ってくることになります。

つまり認められたいという気持ちは、認められていない現実の裏返しなんです。宇宙のルールは主語が分からず、そのまま言ったことを返してくるので、だから気を付けてほしいのです。

ちなみに宇宙は主語がないので、人の悪口をいうと、その悪口がそのまんま自分に返ってくるようになります。

今回安倍さんや自民党は野党批判はせずに、政策論議だけをすると言ってました。さすがだなと思いました。安倍さんや安倍さんの周りにいる人たちは、いつも肌感覚的に波動の変化と地球の変化を読み取って行動されています。

新しいルールに慣れるのは大変かもしれませんが、新しいルールのコツさえ押さえて使えるようになれば、必ず今まで以上に誰もが幸せを体感できるようになるはずです。

どうか注意事項に気をつけて、この新しいルールの波に乗ってくださいね♪