【検証】あの女性議員はどうなった?

2017年10月4日

政治の、いや野党のカオス具合が凄すぎて、

おまいらどこに向かってんの?マジでσ(^_^;)

みたいな感じで。

敵ながらガチで心配になるレベルの気持ちになってる人も多いんじゃないでしょうか。

私は昨日ユアタイムをLIVEで見てましたけれど、前原さんの言ってることが滅茶苦茶過ぎてコントにしか思えなくて、突っ込みどころ満載でしたが、深刻な心の病気をお持ちなのかしらとさえ思ってしましましたよ(^_^;)

もちろんそんな人に国を預ける訳には行きませんが……

さてさて、以前私は【女の敵は女】と称して嫌いな女性議員を列挙させて頂きました。

今日は、今現在における彼女たちの選挙動向を確認していきたいと思います。

ほぼ全員瀕死の状態になっている!

ついこないだ、国連でトランプさんが日本の拉致問題を取り上げてスピーチしてくれたことを受けてこんな記事を書きました。

この記事を書いている最中に勝手にヒートアップしてしまった私は、自分の嫌いな女性議員を列挙して、国会議員にならないといいなぁと祈っていたのですが、

怖いっす(°Д°;≡°Д°;)

ほぼ全員瀕死の状態。

ということで、列挙した女性議員と現状を確認してみましょう。

私が今回の衆議院選挙を見据えて列挙した「この人だけは嫌」な女性議員はこちら

①山尾志桜里(元民進)

②辻元清美(民進)

③塩村あやか(民進・新人、元都議会議員)

④上西小百合(元維新)

⑤池内さおり(共産)

⑥野田聖子(自民)

 

さぁ見ていきましょう。

①山尾志桜里(元民進)→爆死状態

幹事長内定→不倫スクープ→離党→連合拒否

転げ落ちるような展開の連続が続いている。山尾さん。民進党からは温情で刺客を建てずに無所属立候補ということになってますが、頼みの綱の連合から見放されているので当選することは難しいでしょう。無所属なので比例復活はあり得ません。

家族、お金、権力、肩書き、全てを一気に失うことになるでしょう。

②辻元清美(民進)→希望の党にも入れなさそう。当選確率ほぼなし

民進党が事実上の解党宣言。前原さんは全員で希望の党と仰ってますが、希望の党は「そんな話はしていない」と否定しまくっています。

小池さんは嗅覚だけはよく、民意に迎合するポピュリズム(迎合主義)な言葉を羅列する傾向があるので、そこを考えても辻元さんが希望の党に入れる可能性はまずないんでしょうか。

逆に辻元さんまで希望の党に入党することになれば、希望の党ごと吹っ飛ぶ威力を持ってるので、それはそれで楽しみです。

社民に出戻りするという可能性はなきにしもあらずですが、社民党に戻って選挙戦えるんでしょうか?無理でしょうね。

③塩村あやか(民進・新人、元都議会議員)→出馬すらできなさそう。

昨年の夏、国税進出の準備のため都議会議員選挙に出馬しなかった塩村さんですが、その選択が裏目にでましたね。

今の民進党のごった煮状態から察するに、新人議員に対するお膳立てなんて皆無だと思いますよ。

無所属で自分のお金で出るのなら別ですけれど、そんなお金もないからこそ民進党にぶら下がっているのだと思います。ご愁傷様です。

 

④上西小百合(元維新)→不出馬確定

あんなに自分を売り込んで頑張ってたけれど、どこの政党からも声がかからなかった事が露呈しましたね(笑)

本人はタレント気取りで、杉村太蔵ばりに政治タレントとして活躍する気持ち満々のようですが、年末まで持たないと思いますよ。

杉村太蔵にあって、上西小百合にないのは「好感度」

一時期大ブレイクした日本エレキテル連合の旬が異常なまでに短かったとの同じで、

キワモノポジションの使い捨ての役割がギリでしょうね。

年内にはほぼ消えると思います。普通の女の子に戻って、普通の主婦になって幸せな毎日になることを祈ってます。

⑤池内さおり(共産)→内部のもめ事に巻き込まれてる。当選確率不明

民進党の迷走によって、確実に変な打撃を受けている共産党。本来の目的は安倍つぶしといいながらも、今の共産党は完全に「民進党憎し」ということになっています。

内ゲバ、静粛という、仲間内でのもめ事が絶えず、そこに最もエネルギーを注ぐ思想をもった集まりが共産党。

「民進党憎し」が党是になりそうなので(笑)、選挙戦略がそこに集中して普段とは違うおかしな選挙展開をしそうな勢いです。

ここ数年、野党の衰退で台頭してきていた共産党ですが、「民進党憎し」で周りが見えなくなった時に、上手く組織票を振り分けて当選できるような形を作れるかと言えば作れないと思います。

すると、こないだの都議選で候補者を一つにまとめられなくて落選させてしまった自民党のように、「惜しくも落選」っていうことが多発するんじゃないかなと思ってみています。

元々小選挙区では勝ったことがなく比例復活当選の人なので、当選確率は不明ですが……。

⑥野田聖子(自民)→文春砲は受けたが、よく分からない。

記事を書いたときは、野田聖子さんに文春砲が飛ぶことは想定してなかったので、文春砲が飛んだことだけでも私はスッキリしてます。

ただこれで落選できるかというと、彼女の場合は厳しそう。

誰もがだんまりで、このスクープにすら気がついていない国民が多すぎる。

ただ、選挙が終われば、閣僚はまた一新することになると思うので、とりあえず大臣に選ばれない可能性は高いんじゃないでしょうか……。

どうかな?野田聖子は闇が深すぎてまだよく分かりません。

 

とりあえず、全員瀕死の状態になっててビックリです(^_^;)

波動とか分かると、ちょっとした予言者みたいになるのかもね( ´艸`)